ピクシブ百科事典

五十歩百歩

ごじっぽひゃっぽ

諺(ことわざ)の1つ。比べても大して変わらない事。
目次[非表示]

↑この場合、2人ともはいてないので大して違いません。

意味

五十歩百歩とは、どちらを比べても大差の無いこと。

由来

とある国の王が孟子に「良い政策をしてるつもりなのに国民が増えてくれない」と相談したところ、
孟子が「戦場で二人の兵士が逃げ出し、50歩逃げたところで踏みとどまった兵士が100歩逃げた兵士を嘲笑したとしたら、王はどう思われるだろうか。」と尋ねたところから。
王が「逃げたことに変わりは無いのだからそれはおかしい」と答えたら、
孟子は「その通り、そしてあなたが良い政策をしてるつもりでも他国と比べて五十歩百歩なのです」と指摘し、孟子の勧める王道を唱えていく。
上記の話は『孟子』という書物に載っている。興味があれば調べてみてはいかがだろうか。

英語では『20も19も似たようなもの』『インチだろうがマイルだろうがミスに変わりは無い』と言うらしい。

他の表現方法

うちのがでかいわ!



総統閣下と同志書記長はそれぞれ喜びを報告するようです



似ているが違うもの

  • 類は友を呼ぶ
    • 同じ考えを持つものは自然と集まるものであるということ。
潜水夏姫さん可愛いです


(※敵同士です)

pixivに投稿された作品 pixivで「五十歩百歩」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 434432

コメント