ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

森の賢王ハムスケ

はむすけ

森の賢王ハムスケとは、丸山くがね著のライトノベル『オーバーロード』の登場キャラクターである。
目次 [非表示]

CV:渡辺明乃

データ

基本レベル推定30強ほど
役職アインズのペット?(異議ありby一部女性NPC)
住居アインズの自室?
属性中立(カルマ値:0)
種族レベルユグドラシルに同種がいないため不明
職業レベルユグドラシルに同種がいないため不明
二つ名森の賢王(名称に偽りありbyアインズ)

概要

転移後の世界において、トブの大森林の南側を縄張りとして抑えていた伝説の魔獣。性別は


愛らしい見た目をしているが、東の巨人”や“西の魔蛇と並ぶトブの大森林の三大支配者の一角“南の大魔獣”として君臨した強大(転移後の世界基準)な異形種で、既に数百年の時を生きている。


ちなみに“森の賢王”という二つ名は昔縄張りに入った人間の戦士が付けたものであり、ハムスケ自身がその名を「格好良い」と気に入ったためその戦士は生かして帰してあげたという事が、書籍版10巻で判明している。


人物像

その二つ名が示す通り、魔獣系としては珍しく非常に高い知能を持つ。古風な侍言葉で喋り、一人称は「某」。その風貌とは裏腹に武人染みた威厳のある性格をしており、戦いの場では容赦が無く力で負けて従ったアインズに対する忠誠心も高い。

また、それ故に当初はマスコット扱いされる事を嫌がっていた。


一方で獣らしく、自分の力で歯が立たない相手には本能的に怯えて戦意を喪失する臆病な面もあり、しかも本能なのでハムスケ当人にも制御出来ず一気に役立たずと化す

時折風貌通りの可愛げを見せる事もあるが、ナザリックの面々からの反応は冷たい


主人となったアインズの事は「殿」と呼び前述の通り忠誠を誓っているが、ズーラーノーンの一件で彼がアンデッドである事を知った時は大いに怯えてパニック状態に陥り(作中世界でのアンデッドは生者を恐れさせる存在として認識されているので、ハムスケが特別ビビッていたわけではない)、ナーベラルからチョップを喰らわせられた上に殺意を向けられた。


生まれてから一度もトブの大森林から出た事がなく、更に縄張りに近付く者を容赦なく排除してきた事もあり、数百年を生きた割に世情には丸っきり疎い

生存本能に従って番となってくれる同種の雄を探しているが、今まで一度もお目に掛かった事が無いらしく、それを見付けて子を成す事が最大の目標。


容姿

色鉛筆でハムスケ

『数百年の時を生き、白銀の毛皮と蛇の尻尾を持つ四足獣』と伝えられているが、縄張りに入った者が誰も帰ってこないため目撃情報はほぼ皆無だった。


そしてアインズが遭遇した実際の姿は、『蛇の尻尾を持つ巨大なジャンガリアンハムスターという何とも愛されそう…もとい肩透かしなものであった。

その風貌から前評判を聞いていたアインズを呆れさせ、彼女に騎乗している自分の姿は「メリーゴーランドに乗っているおっさんの様に人々からは見えてるだろうな」と思われていた。しかし、当地の人間達からは「その名に相応しい大魔獣」と畏敬と称賛を集めている(転移後の世界にもネズミはいるが姿が似てそうなそちらに対しては普通の動物として扱われているらしい)。


強さ

巨体に見合わぬ瞬足とパワーを有し、鋭い牙や爪で相手をズタズタに引き裂き、毛皮はモフモフそうな見た目に反して並の攻撃などを軽く弾く天然の鎧となっている。

また蛇の尾は伸縮自在でムチの様にしなるので、相手を捉えたり、叩き付けたり、槍の様に先端部で相手を貫く事も出来る他、相手の攻撃を受け止める盾代わりにもなるほど頑丈。

自身の二倍近い体格のギガントバジリスクを一方的に追い立てる事ができ、その縄張りでは他の魔物も大人しくするしかなかったため近隣にあったカルネ村は長きに渡って魔物の被害に遭う事はなかったほど。


身体の紋様は魔法陣となっており、発光させる事で第四位階クラスの魔法を幾つか行使出来るが、ハムスケ自身には魔法詠唱者(マジック・キャスター)のスキルが無いため効果は非常に低い


後に戦士の才能がある事が判明し、ザリュースを始めとする蜥蜴人リザードマン)達の指導の下で鍛練を積んだ結果、7巻でナザリック内部に侵入した帝国のワーカー、エルヤー・ウズルスとの戦闘において新たに武技《斬撃》を修得。両手の爪でエルヤーの両腕を斬り落とす活躍を見せた。


以降は鎧を着用しての訓練に突入し、始めは鎧を着るとバランスを崩して動きが鈍くなっていたが、死にものぐるいの訓練の結果、見事成長を遂げた。

しかし、現在は後述の事情もあって出番に恵まれないため、訓練の成果を活かせる時が再び来るかは分からない。


主な使用魔法・武技

  • 斬撃

斬撃系のダメージを与える。


  • 全種族魅了(チャームスピーシーズ)

第四位階。精神支配の魔法。人間種にしか効かない《人間種魅了(チャームパーソン)》の全種族版。

対象者は魔法の使用者を『信頼できる非常に親しい友人』と認識する様になる。ただし友人に言えない事、出来ない事は受け付けない。


  • 盲目化(ブラインドネス)

位階不明。相手を盲目化する。


作中の動向

冒険者としての名声を高めるのと、あわよくば森の賢王を捕らえナザリックの戦力強化に繋げる事を目論んだアインズことモモンに敗れ、その配下となってナザリック勢に加わる。その際に“ハムスケ”という名前を与えられた(その外観に当初は期待違いと思われていたので、投げやり気味に“大福”も候補に入れられていた)。


以降はモモン率いるチーム『漆黒』の一員として、モモンやナーベと共に冒険者稼業に勤しんでいる事が多い。


魔導国建国後はアインズが国王として活動する事がメインとなった関係で、ハムスケ自身は一日中馬小屋で訓練相手として付き合っていたデス・ナイトと共に食っちゃ寝するだけで過ごす様になった

その事でアインズから少し怒られたものの、同種を見つけると約束して貰った。

なお、モモンとしての活動拠点であったエ・ランテルが引き続き滞在地であり現地の住人にモモンとアインズが同一人物と知られるのは不都合であるため、ナザリック外の者達がいる前では「アインズ様」と呼ぶ様に指示されている。


MASSFORTHEDEAD

初登場は第二章から。アインズが元の名のモモンガのままで表舞台で活躍していないこの世界線では、アウラの従魔として引き取られ、ハムスケの名は主人公によって名付けられている。


トブの大森林に引き続き定住しており、現地に出現する謎の脅威である混沌獣に対抗すべく半ば外部戦力のままながら対抗戦力に加えられており、森のモンスター達や彼女等の監視兼援護として派遣されたデス・ナイトと共に日々警備して回っている。

後に、放浪の末森に流れ着いた九狐も住まわせる様になった。


関連イラスト

公助オバロログ1アインズ様とハムスケナーベとハムスケ


関連タグ

オーバーロード(アニメ)


ナザリック地下大墳墓


アインズ・ウール・ゴウン ナーベラル・ガンマ モモン(オーバーロード) ナーベ


ハムスター

関連記事

親記事

ナザリック地下大墳墓 なざりっくちかだいふんぼ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 441665

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました