ピクシブ百科事典

ザリュース・シャシャ

ざりゅーすしゃしゃ

ザリュース・シャシャとは、『オーバーロード』に登場するキャラクター。

CV:東地宏樹

概要

蜥蜴人(リザードマン)の五部族の一つである「緑爪(グリーン・クロー)」出身の旅人の青年。族長のシャースーリュー・シャシャの弟。
旅人として外界に赴き、そこで魚の養殖についての知識を持ち帰り、養殖に成功させている。だが、旅人ゆえに部族では部外者扱いを受けている。
蜥蜴人の中でも指折りの戦士として知られ、数年前の部族紛争で、敵対していた「鋭剣(シャープ・エッジ)」の族長を倒したことで、蜥蜴人四至宝の1つである剣「凍牙の苦痛(フロスト・ペイン)」の所有を認められている。
旅の途中でロロロという4本頭の多頭水蛇(ヒュドラ)を拾い、ペットとして飼っている。

ナザリックの侵攻を受けた際、他の四部族と手を結んで迎え撃つ連合策を提案し、自身はロロロを連れて交流がない「朱の瞳(レッド・アイ)」とかつて滅ぼした部族の生き残りがいる「竜牙(ドラゴン・タスク)」の交渉へと向かう。「朱の瞳」の集落に訪れた際、そこで出会った族長代理のクルシュ・ルールーに一目惚れし、求愛して恋仲となる。その後、クルシュとともに「竜牙」の集落に訪れて族長のゼンベル・ググーとの一騎打ちに勝利し、連合を締結することに成功する。

最初の戦いでは、クルシュとゼンベルとともに真打ちの別動隊として待機し、敵の指揮官のイグヴァが現れると出撃し、ロロロの決死の突撃とクルシュとゼンベルと助力の末、イグヴァを討ち取ることに成功する。

だが、後日現れたアインズたちを目の当たりして勝ち目が無いと悟ると、最後の戦い前の会議で、「我々が死んだ後のまとめ役が必要」という名目で、クルシュを戦いから外すことを提案する。クルシュから頑なに反対を受けると、説得した末にクルシュから「(ザリュースとの子を)孕みたい」と懇願されて、彼女と交わることとなる。

コキュートスとの戦いでは、シャースーリューを除くゼンベルや他の蜥蜴人たちが次々と殺されるが、最後はシャースーリューと連携してコキュートスに刃を届かせることに成功するもシャースーリューとともに討ち取られて死亡する。だが、のちにアインズの復活魔法の実験のために蘇生される。
自身を容易に蘇生させた能力を持つアインズを神に匹敵する存在と認識して彼に平伏する。ナザリックの侵攻後は、ゼンベル達とナザリック地下大墳墓に赴いてハムスケや他の蜥蜴人に戦士としての技術を教えている。

関連タグ

オーバーロード(アニメ) 蜥蜴人

シャースーリュー・シャシャ:「緑爪」の族長にして兄。
クルシュ・ルールー:一目惚れしたメスであり、のちの嫁。
ゼンベルー・ググー:「竜牙」の族長にして戦友。
ロロロ(オーバーロード):ペット。
森の賢王ハムスケ:訓練を指導。

pixivに投稿された作品 pixivで「ザリュース・シャシャ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50359

コメント