ピクシブ百科事典

ツァインドルクス=ヴァイシオン

つぁいんどるくすゔぁいしおん

ツァインドルクス=ヴァイシオンとは、丸山くがね著のライトノベル『オーバーロード』に登場するキャラクターである。WEB版と書籍版で設定が異なるが、ここでは主に書籍版の設定について表記する。
目次[非表示]

CV:山野井仁

データ

役職複数あるため、特定はできず
住居複数あるため、特定はできず
職業レベルプリミティブ・キャスターLv?、ワールド・コネクターLv?、オーバード・ドラゴンLv?、ソウル・アドラー-Lv?など
誕生日星の降る夜
趣味世界の観察
二つ名白金の竜王


概要

アーグランド評議国の永久評議員を務めるドラゴン。愛称は『ツアー』
転移後の世界において最強の種族とされるドラゴンの中でも、特に優れた力を持つ竜王(ドラゴンロード)』の一角で、普段はとある理由により魔法で空っぽの鎧を遠隔操作して活動している(メイン画像参照)。
その力から最強の竜王として畏怖されており、『白金の竜王(プラチナム・ドラゴンロード)』の異名を持っている。

彼と同格の竜王はその殆どが五百年前の八欲王との戦いで戦死して絶滅しており、ツアーを含めた現在の竜王は、戦いに参加しなかった一部の生き残りに過ぎない。

理由は不明だが、アーグランド評議国にある本拠地にて八欲王の遺したギルド武器を守護し続けており、本人が直接外に出られないのもそのため。
過去のしがらみからスレイン法国とは対立関係にある他、現在でも鎧の傀儡を外界に飛ばして各地の監視や偵察を行っており、『百年の揺り返し』なるプレイヤーの出現を警戒している。
八欲王の様な悪しき世界の理を歪める脅威を、「世界を穢す者」と呼んで危機感を抱いている。

現在は『百年の揺り返し』によるプレイヤーの降臨を感じて警戒を強めており、傀儡の鎧による巡回の強化やユグドラシルのアイテムを探し集めて、対抗手段を整えようとしている。
また、その過程で対外任務に出ていたシャルティア・ブラッドフォールンと「不幸な遭遇戦」を行ってしまい、鎧には穴を開けられてしまった。
なお、シャルティア本人は世界級(ワールド)アイテム『傾城傾国(ケイ・セケ・コゥク)』による精神操作を解除するためにアインズに一度殺されて蘇生した際、この戦いの記憶を失っていて何も覚えていない。 

人物像

性格や口調は穏やかかつ理知的で、自らの持つ強大な力や立場などに溺れる様子は微塵も見当たらない。
しかしその反面、大局を考え時には流血をも厭わない覚悟を持ち合わせており、場合によっては友好関係を築いている人物の切り捨てもやむなしと考えている。更に怜悧な面もあり、彼の言動・行動は常に損得を踏まえた上で取られている。

既に600年以上の時を生きており、六大神や八欲王、十三英雄など転移後の世界における古くからの伝説にも実際に立ち会ってきた、この世界でも屈指の偉大な存在の一人。
十三英雄時代は鎧を遠隔操作して『白銀』と名乗り、一行に加わり魔神退治の戦いで共闘した。

なおメンバーは鎧がドラゴンによって遠隔操作していたとは思っていなかった様で、その正体を明かした際は騙されたと憤慨しており、メンバーの生き残りにして旧友のリグリットは未だにその事をからかってくる。
リーダーの事は現在でも親愛の情を述べる程、その人柄を認めていた。

強さ

リグリットからは、「己に縛りさえかけてなければこの世界で最強の存在」と評される。

竜王としての絶大な力に加え、現在では失われた『始原の魔法(ワイルド・マジック)』を使いこなす事ができ、それによって巻き起こされる爆発の一撃は炎属性への完全耐性を持つシャルティアに大ダメージを与える程。
また、ドラゴン種特有の並外れた感知能力も竜王たるツアーは傑出しており、探知阻害も通用せずツアーと同格の竜王でもなければ掻い潜る事は非常に困難。
現在登場したキャラクターの中で、シャルティアとアインズの天敵に当たる存在。

ただし上述の理由によって評議国を離れられないため、基本的には空っぽの白銀の鎧を遠隔操作して活動しているが、この鎧の状態での戦闘力は本体に遠く及ばないらしい。
「最強」なのも本体の戦闘力らしく、実際の強さの程はまだ詳しく分かっていない。

関係

十三英雄

魔神を倒して世界を救った英雄達。上述の通り、ツアー自身もかつてはその一員だった。

六大神

スレイン法国の基礎となる部分を作った、600年前に降臨したとされる神。

八欲王

500年前に突如出現し、瞬く間に大陸を支配した存在。

海上都市の少女

東方にある海上都市の最下層に眠るとされる少女。現段階での正体は不明。
ツアーが世界を穢す悪しきプレイヤーに対抗すべく、協力を取り付けられる可能性のある人物として、その存在が言及されている。

竜帝

ツアーの父親にあたるドラゴン。『朽棺の竜王(エルダーコフィン・ドラゴンロード)』こと、キュアイーリム=ロスマルヴァーよりもレベルが上

外伝『亡国の吸血姫(ヴァンパイアプリンセス)』にて、『七彩の竜王(ブライトネス・ドラゴンロード)』やキュアイーリムがアインズ(悟)の事を「竜帝の汚物」と呼んでおり、どうやらユグドラシルプレイヤーの転移に深く関わっている様である。

慈母(マザー)

ツアー曰く、「間違った事をしようとしている」竜王達の中核。

関連タグ

オーバーロード(アニメ) アーグランド評議国
竜王(オーバーロード) イビルアイ(オーバーロード) リグリット・ベルスー・カウラウ



この先、ストーリーのネタバレ注意!























ここからネタバレ

書籍版14巻にて、鎧人形の状態ではあるが遂にアインズと対峙・対決した
リ・エスティーゼ王国の完全殲滅へ乗り出した、アインズ・ウール・ゴウン魔導国
その魔導国打倒を目指すアダマンタイト級冒険者アズス・アインドラの要請を受け、アズスがユグドラシル産アイテム『パワードスーツ』でエ・ナイウルに侵攻した魔導国軍を返り討ちにするという陽動の間に、単独行動中のアインズに鎧の状態でサシの勝負を仕掛ける事に成功した。
なお、初めて遭遇したアインズに対しては『リク・アガネイア』という偽名で正体を隠した(『リク』は知り合いの名前を用いているが、『アガネイア』は完全な架空の名字)。

ほぼ互角の攻防を繰り広げた結果、「(アインズの)底は見えた」と判断し撤退した。
アインズの素の実力を「指導力は脅威だが本人の戦闘力はプレイヤーとしては大したものではなく、本体で出張れば難なく打倒する事が出来る程度」と考えているが、この時交戦していたのは実際にはアインズでは無く能力でアインズに化けていたパンドラズ・アクターだった為(実際のフル装備アインズよりも二割減のスペックに加え、専用世界級アイテム『モモンガ玉』のバックアップもない状態)、アインズの実力を勘違いしている形となっている。

余談

なおツアーは、オーバーロードのスマホ用ゲーム『MASS FOR THE DEAD』にも(鎧の状態で)登場するのだが、マイページの会話の中にパンドラズ・アクターについて話す内容のものがあり、その内容が「聞けば変身が得意とか……私も騙されないように気を付けよう」という、上述の対峙を示唆するかの様なものとなっている。

関連記事

親記事

アーグランド評議国 あーぐらんどひょうぎこく

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ツァインドルクス=ヴァイシオン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ツァインドルクス=ヴァイシオン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29093

コメント