ピクシブ百科事典

ツァインドルクス=ヴァイシオン

つぁいんどるくすゔぁいしおん

「ツァインドルクス=ヴァイシオン」とは、丸山くがね著のライトノベル『オーバーロード』に登場するキャラクターである。web版と書籍版で設定が異なるが、ここでは主に書籍版の設定について表記する。
目次[非表示]

概要

CV:山野井仁

アーグランド評議国の永久評議員を務めるドラゴン。愛称は「ツアー」。
転移後の世界において最強の種族とされるドラゴンの中でも、特に優れた力を持つ「竜王(ドラゴンロード)」の一角で、普段はとある理由により魔法で空っぽの鎧を遠隔操作して活動している。
性格や口調は穏やかかつ理知的で、その力から最強の竜王として畏怖されており、「白金の竜王(プラチナムドラゴンロード)」の異名を持っている。

既に600年以上の時を生きており、六大神や八欲王、13英雄など、転移後の世界における古くからの伝説にも実際に立ち会ってきた、この世界でも屈指の偉大な存在の一人。
彼と同格の竜王はそのほとんどが500年前の八欲王との戦いで戦死して絶滅しており、ツアーを含めた現在の竜王は戦いに参加しなかった一部の生き残りに過ぎない。

理由は不明だが、アーグランド評議国にある本拠地にて八欲王の遺したギルド武器を守護し続けており、本人が直接外に出られないのもそのため。
過去のしがらみからスレイン法国とは対立関係にある他、現在でも鎧の傀儡を外界に飛ばして各地の監視や偵察を行っており、「100年の揺り返し」なるプレイヤーの出現を警戒している。
八欲王のような悪しき世界の理を歪める脅威を「世界を穢す者」と呼んで危機感を抱いている。
現在は「100年の揺り返し」によるプレイヤーの降臨を感じて警戒を強めており、傀儡の鎧による巡回の強化やユグドラシルのアイテムを探し集めて対抗手段を整えようとしている。
また、その過程で対外任務に出ていたシャルティア・ブラッドフォールンと「不幸な遭遇戦」を行ってしまい、鎧には穴を開けらてしまった。
なお、シャルティア本人は世界級アイテム「傾城傾国」による精神操作を解除するためにアインズに一度殺されて蘇生した際、この戦いの記憶を失っていて何も覚えていない。

強さ

旧友であるリグリット・ベルスー・カラカウからは、「己に縛りさえかけてなければこの世界で最強の存在」と評される。
ドラゴンロードとしての絶大な力に加え、現在では失われた「始原の魔法(ワイルド・マジック)」を使いこなすことができ、それによって巻き起こされる爆発の一撃は、炎属性への完全耐性を持つシャルティアに大ダメージを与えるほど。
また、ドラゴン種特有の並外れた感知能力も竜王たるツアーは傑出しており、探知阻害も通用せず、ツアーと同格の竜王でもなければ掻い潜ることは非常に困難。

ただし、上述の理由によって評議国を離れられないため、基本的には空っぽの白銀の鎧を遠隔操作して活動しているが、この鎧の状態での戦闘力は本体に遠く及ばないらしい。
「最強」なのも本体の戦闘力らしく、実際の強さのほどはまだ詳しく分かっていない。

関係

六大神

600年前に降臨し、異形種に追い詰められて絶滅寸前だった当時の人類を救った6人の神々。
彼らは当時世界を支配していたドラゴンロードたちとも良好な関係を築いていたとされ、その中の一人である闇の神スルシャーナとツアーは親友同士だったとされる。
現在ではほとんどが寿命でこの世を去り、最後まで残っていたスルシャーナも八欲王の攻撃を受けて放逐され、行方不明となってしまっている。

八欲王

500年前に降臨し、世界の理を歪めた8人のプレイヤー。
現在の位階魔法なども彼らが世界の理を歪めて作り出したもので、「始原の魔法」が失われる原因を作った張本人たちだが、そのギルド武器を守っている理由は不明。
当時の竜王たちがこぞって戦いを仕掛けたが、最終的に竜王側の敗北に終わる。
その後八欲王は仲間割れを引き起こしその戦いで全滅してしまった。

13英雄

200年前に降臨したプレイヤー「リーダー」を筆頭とする13人の英雄たち。
13英雄と呼ばれているが実際には13人以上おり人間以外の種族もいた。
ツアーもメンバーの一人で、鎧を遠隔操作し白銀と名乗り一行に加わり魔神退治の戦いで共闘した。
メンバーは鎧がドラゴンによって遠隔操作していたとは思っていなかったようで、その正体を明かした際は騙されたと憤慨しており、メンバーの生き残りであるリグリットは未だにそのことをからかってくる。
リーダーのことは現在でも親愛の情を述べるほど、その人柄を認めていた。
最後は神竜と呼ばれる存在と戦い、冒険を終えたとされているが、
その戦いがどうなったのか生き残った13英雄は誰も語ることがなくその真相は闇の中である。

竜王

転移後の世界における最強の存在とされる竜の中でも格上の存在。
八欲王の戦いに参加した竜王はツアーを除き皆死んでしまっており、生き残っている竜王は戦いに参加しなかった者だけである。

  • 破滅の竜王(カタストロフ・ドラゴンロード)
 その凶暴性と世界を滅ぼしかねない力故に太古に封印されたとされる伝説の竜王。スレイン法国が特にその復活を警戒しており、封印地と目したトブの大森林を調査している。

  • 吸血の竜王(ヴァンピリック・DL)、朽棺の竜王(エルダーコフィン・DL)
 過去に死亡したとされるアンデッドの竜王たち。番外席次隊長から「未知のアンデッド」について報告を受けた際に、その正体の候補として言及した。隊長は否定したが、番外席次によるとアンデッド故に本当に消滅したかは疑問符が残るということで、復活の可能性が示唆されている。

  • 聖天の竜王(ヘブンリー・ドラゴンロード)
 ツアーと同格の生き残りの竜王。島のように巨大な体を誇るが、ツアーによるとずっと空を飛び続けたまま移動しているようで、どこに居るかも判然としないらしい。

  • 常闇の竜王(ディープダークネス・ドラゴンロード)
 ツアーと同格の生き残りの竜王。独自の「始原の魔法」を行使できる強大な力の持ち主で、相性の関係で、サシならほぼ全てのナザリック階層守護者を圧倒できるらしい。300年前にプレイヤーをレベル0になるまで殺害し続け完全に消滅させた実績を持つ他、世界級アイテムの「二十」の一つを所持している。ツアーによれば、現在は地下の巨大洞窟に身を潜めているとのこと。

  • 七彩の竜王(ブライトネス・ドラゴンロード)
 ツアーと同格の生き残りの竜王。竜王たちの中で唯一人間を娶って子を成した存在で、その血を引く子孫が竜王国の女王ドラウディロン・オーリウクルス。しかし、そのために他の竜王たちから「変態ドラゴン」と敬遠され、ショックで大陸中央の山奥に一人寂しく引き篭もっている。

  • 黒鱗の竜王(ブラックスケイル・ドラゴンロード)
 竜王国の女王ドラウディロン・オーリウクルスの異名。上述の「七彩の竜王」の子孫だが、ぶっちゃけ竜王の血を1/8引いているだけの人間に過ぎず、戦闘力は皆無。そのため、「偽りの竜王」とも呼ばれている。一応「始原の魔法」で凄まじい威力を有した巨大爆発を引き起こす能力を持つが、「100万人の国民を生け贄に捧げなければならない」という発動条件がある。竜族の血を引いているため普通の人間よりも長生きで、本来は20代後半から30代前半の妙齢のスタイル抜群な美女なのだが、自国がビーストマンの侵攻により滅亡の危機に瀕してこともあり、「士気高揚にはこの方がウケがいいから」という理由でロリ少女の姿になっている。

  • 霜の竜の王(フロスト・ドラゴンロード)
 本名はオラサーダルク=ヘイリリアル。アゼルリシア山脈の「霜の竜(フロストドラゴン)」たちを束ね、ドワーフとクアゴアたちを制圧した竜王…を名乗っている普通より多少強いだけのただのオスのフロストドラゴン。ただし、単独行動の多いドラゴンにしては例外的に十数頭にも及ぶ巨大な群れを作っているため、侮れない勢力を築き上げている。また、群れはオラサーダルクが力で従えて妃としたメスのフロストドラゴン数体とその間に出来た子供を中心に構成されている。しかし、降伏勧告しに来たアインズを侮って不興を買い、何も出来ずに瞬殺された。遺された妻と子供たちはあっさりと降伏してナザリックに参加、ドラゴン航空便として働いている。

関連タグ

オーバーロード(アニメ) オーバーロード(小説)
ドラゴン イビルアイ

pixivに投稿された作品 pixivで「ツァインドルクス=ヴァイシオン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 153

コメント