ピクシブ百科事典

ラキュース・アルベイン・デイル・アインドラ

らきゅーすあるべいんでいるあいんどら

オーバーロードの登場人物
目次[非表示]

CV小清水亜美

人物像

最強のアダマンタイト級冒険者チームの一つ『蒼の薔薇』を率いるリーダー。
リ・エスティーゼ王国の貴族アインドラ家の令嬢だったが、英雄への憧れとアダマンタイト級冒険者である叔父の影響から、家名に縛られる生き方を嫌って家出し、自らも冒険者となった。
しかし、貴族としての知識や常識が無いわけではなく、公の場での立ち振る舞いは高貴な者特有の優雅さと冒険者としての威圧感に満ちた、凛々しい戦乙女と呼ぶにふさわしい態度である。
また、ラナーの提案した政策に対してダメ出しを行える程の政治に対する知識を有するなど智能面でも極めて有能な人物である。
更に19歳という若い身ながら天才的な神官戦士で、その実力も英雄級と評される。

貴族の令嬢らしくない明るく活発な性格で、行動力と勢いでチームを引っ張るため、その容赦の無さから「鬼ボス」「鬼リーダー」などとも称され、怒った時の笑顔の威圧感はかなりのもの。
しかし、チームの仲間たちとの絆は深く、リーダーとしても信頼されている。
王女ラナーとは身分を越えた良き理解者であり友人同士で、その繋がりから冒険者組合を通さずに彼女個人から依頼を請け負うことを許されている。

13英雄所縁の逸品たる四大魔剣の一つ「キリネイラム」を手に入れてからはその作用からか、厨二病な性格になってしまい、変な技名を必死で考えた挙句に叫んでみたり、意味のないアーマーリングを付け出したり、仲間に内緒で日記に何かを綴ったり、邪気眼がどうの的なことを夜な夜な呟いている。
本人は隠しているつもりだが他のメンバーには感付かれており、キリネイラムの邪念に意識を乗っ取られ掛けているのではないかと本気で心配されている。


強さ

本人の自己申告で「難度90に届かない程度」

(難度とは現地の住人がモンスターの強さを図る際の尺度であり、その数値はユグドラシル時代におけるそのモンスターのレベル×3である。因みに難度90からが英雄の領域の境目である。そのため彼女のレベルはユグドラシル換算で29レベルとの説が有力)

剣術と信仰系魔法を使いこなす遠近両用の神官戦士。
伝説級の武器である魔剣キリネイラムを使いこなす卓越した剣技に加え、第五位階の蘇生魔法を使用可能であるなど魔法詠唱者としても天性の才を持つ。
また、マジックアイテム「ネズミの速さの外套」の効果による俊敏さと瞬発力、処女しか装備できない鎧「無垢なる白雪」による物魔両面での強力な護り、「浮遊する剣群」を操って行われるオールレンジ攻撃など、攻撃から支援まで多方面に活躍できる。
切り札は魔剣キリネライムに魔力を注ぎ込むことによって引き起こされる広範囲爆破攻撃。
今の時点でも英雄級とされる実力者だが、未だに発展途上でまだ強くなれるという。

余談

このラキュースだが、pixivに投稿されたイラストの内なんと約60%がR-18指定のイラストで占められている
このパーセンテージは他のオーバーロードの女性キャラと比較しても
クレマンティーヌ 29% ソリュシャン 28% ユリ 20% ルプスレギナ 19% アルベド17%ナーベラル 16% シズ 12% シャルティア12% エントマ5% イビルアイ 4%
と圧倒的な差を付けている。

関連タグ

オーバーロード(アニメ) オーバーロード(小説)
蒼の薔薇 リ・エスティーゼ王国 厨二病

pixivに投稿された作品 pixivで「ラキュース・アルベイン・デイル・アインドラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 377468

コメント