ピクシブ百科事典

名も無きホムンクルス

なもなきほむんくるす

名も無きホムンクルスとは、丸山くがね著のライトノベル『オーバーロード』を原作としたスマートフォン専用アプリゲーム、『MASS FOR THE DEAD』の主人公である。
目次[非表示]

CV:無し

概要

創造主によって、《最古図書館(アッシュールバニパル)》に配置されていたホムンクルス『外交官補佐代理』という役職を与えられている(この表記を見る限り、どこかに『外交官』『外交官補佐』がいるという意味である筈だが…)。

転移前は《最古図書館》の蔵書を読んで知識を蓄えながら、来るべき時が来た時に至高の御方々の役に立てる様にと、日々努力していた。

特定の名前は存在せず、当記事におけるキャラクター名は初回に表示されるものである。

《ユグドラシル》ではNPCは自由意志が無い上、ナザリックの外に連れ出す事が不可能である為、『外交官』という役職はあくまで配置NPCの雰囲気作り程度の物だったが、転移後はNPC…僕達は自由意志を持つ為、『外交官』として外の世界の調査に立候補する。
外交官としてスライム子と共に外の世界に出てからは、人間の味方をしつつ情報を集める事になり、成り行きで冒険者となった際、ある思惑から人間達の戦いに巻き込まれていく。

なおこの主人公は、弐式炎雷ヘロヘロ、獣王メコン川の三人が共同で創造したNPCとなっている(正確に言うとメイン創造主が一人、他二人は副創造主。誰がメインになるかはプレイヤーの選択で決まるが、ストーリーに影響を及ぼす事は無い)。

人物像

礼儀正しく真面目な性格。基本的に敬語で話すが、後輩に当たるスライム子にはタメ口で話す。
モモンガやナザリックに対する忠誠心は疑う余地が無く、そのためなら自分の声帯を口唇蟲に食べさせる事も出来る。

また他のNPCと違って、人間に対して友好的。寧ろオーガには残酷に振る舞うなど、人間に近い心構えがある程度窺える。
しかし、飽くまでも「ナザリックのため」という基本思想が根底にあるため、人間を利用する事に対して憚らない。加えて、『漆黒の剣』の面々などナザリックの復興に不要な人間とは、敢えて関係を維持する事に努力を傾けないシビアな面も持つ。

イベントストーリー『異形夜行譚』ではアウラに、「危険な可能性を徹底的に潰そうとしたり、色々と先回りして用意周到だったり……なんだか最近の●●(プレイヤーの決めた名前)って、ーー誰かに似てきてるよねえ……」と思われている。

冷静であまり感情をあらわにしない様だが、イベントストーリー『2021正月-白餅王再誕-』では、パンドラズ・アクター自作の至高の四十一人をモチーフにしたカルタ取りにて、創造主の一人である弐式炎雷の札が取れなかった際に悔しそうな声を上げていた。

外見

ビジュアルや性別は設定されていないが、ナーベ、スライム子と共に人間と接触した際、『女二人に男一人』と言われた為、少なくとも外見は男に見える模様。

強さ

一般メイドと同じくレベルは1であるため、戦闘力は皆無に等しい。

その反面、《最古図書館》で本を読み漁り蓄えてきた知識量はかなりのもので、有事の際はその博識さを武器に階層守護者プレアデスをサポートする。
また、イベントストーリー『ナザリック再生計画-聖戦-』では、ローブル聖王国の言語を断片的にではあるが解読している。

しかしレベル1であるにも関わらず、何故か第四章では金(ゴールド)級冒険者との模擬戦で勝利している
作中で指揮が言及された事もあり、アイテムでテイマー系統の様に戦った可能性も提起されるが詳細は不明。

作中の動向

転移時の大地震は《宝物殿》を除く全階層に大打撃を与えており、主人公以外の僕は全滅、施設各所も崩壊・機能停止と悲惨な状況の中、何故主人公だけが生存できたのか、初対面の場である《玉座の間》でモモンガは、主人公と同じメイン創造主より創られた戦闘メイド達を復活させて事情を聴くが、


①同じメイン創造者が創造した戦闘メイドは、詳しい経緯を知らない。

②主人公は弐式炎雷・ヘロヘロ・獣王メコン川が関係している。副創造主によって創られた者なら、何か知っているかもしれない。


…という事情により副創造主の戦闘メイド達を復活させたが、直後に戦闘が開始したので、結局詳しい事は分かっていない。

メイン創造主が弐式炎雷であった場合ナーベラルは『戦わずして勝つのが最上の戦術だ』と聞いていた。
メイン創造主がヘロヘロであった場合ソリュシャンは『ヘロヘロ様はあまり対立を好まなかったようですので……』と感想を述べる。
メイン創造主が獣王メコン川であった場合ルプスレギナは『創造主である獣王メコン川様の深淵なる意図は、私は把握してはおりません』と言う。

序章以降の軌跡

          ↓

  • トブの大森林で《罅》を発見、活動を停止させる法を公表
          ↓
  • 銅(カッパー)級冒険者から始まり、鉄鉱山の悪魔退治など順次任務を果たし、白金(プラチナ)級に昇級
          ↓
          ↓
  • 蜥蜴人(リザードマン)との友好関係を構築。熱鉱石を手に入れる
          ↓
  • 三国会議で王国を代表して勝機を見せ、その後、混沌獣を撃退。ラナー王女の護衛で三国会議に出席。王国代表として力を見せる
          ↓
  • ガゼフ救出の条件として、魔導国を王国に公式に認めさせる
          ↓
  • エ・ランテル北方の洞窟で未知の触手モンスターを発見。混沌獣と三国同盟、そしてヤルダバオトの戦争で皇帝を救出して英雄に浮上する
          ↓
  • エ・ランテルの復興を遂げ、エ・ランテル領土守護者に任命

…といった具合に、モモンガが表立って動けない分、代わりに原作における彼の活躍を主人公がこなす形となっている。

上述の通り、転移時の謎の衝撃によりプレイヤーであるモモンガ以外のNPC・課金&ポップモンスターが全滅する中、レベル1の主人公だけが生き残っている(第一章より。ちなみに同じレベル1枠の一般メイドやエクレアは全滅している。ただし、崩壊を免れた《宝物殿》に居たパンドラズ・アクターも無事だった事が後に判明した)他、第三章では《罅》から湧き出る瘴気の影響を、何故か受け付けない事が判明している。

関連タグ

MASSFORTHEDEAD ナザリック地下大墳墓
弐式炎雷 ヘロヘロ(オーバーロード)

関連記事

親記事

MASSFORTHEDEAD ますふぉーざでっど

兄弟記事

コメント