ピクシブ百科事典

スライム子

すらいむこ

スライム子とは、丸山くがね著のライトノベル『オーバーロード』を原作としたスマートフォン専用アプリゲームゲーム、『MASS FOR THE DEAD』の登場人物。
目次[非表示]

CV:不明

概要

モモンガが転移後に召喚した『贖罪の粘体(リディーム・スライム)』主人公の安全を考慮したモモンガの命により、旅に同行している。
本体は帽子の形をしたスライムであり、擬態する時は身体の下の方から人間の姿をした物=擬態を出す。

MASS FOR THE DEAD



当初は名前は無かったが、「種族名だと野良スライムと混同する」という理由により自身でこの名前を考えた。しかし、名前に種族名が入っていては人間に警戒される恐れがあるため、通称『スラ子』に落ち着いた。

能力(後述を参照)を駆使し、主人公一行のサポートを行う。

人物像

性格はおっとりとした、所謂ゆるふわ系。語尾に「~なのです」と付ける事が多い。趣味は妄想とスライムジョークを考える事。

ナザリックの多くが抱く様な人間蔑視の感情は無く、友好的な態度で接する事が出来る貴重な人員。しかしどこか人の世に疎い所があり、時折天然ボケな面を見せる。
召喚主であるモモンガへの忠誠心は高く、彼の役に立つためなら命を賭ける事も厭わない。

擬態部分の方の表情を動かそうとすると、本体の方まで表情が変わってしまうため、他の人間に不審がられない様に普段は無表情を貫いている。
そのため基本的に感情豊かであるにも関わらず、メインの擬態部分の顔は常に無表情という、ちぐはぐな事になっている。

スライム子



ソリュシャン『スライム界のアイドル』領域守護者紅蓮『スライム界の英雄』として崇め、スライムトークで盛り上がるとテンションが変わる。

能力

高度な擬態能力を持ち、蝕したものの情報を蓄える能力と、情報をもとに擬態する能力という二つの能力を用いて擬態部分を作り出している。

また、擬態のみならず粘体の特性を利用して小さな隙間からヌルヌルと潜入する事も出来る他、《伝言(メッセージ)》にも似た能力により遠隔地との通信を可能とする、諜報員としての適性をも持っている。
その反面戦闘能力は高くないが、仮にも粘体。敵に向かって毒を含む粘体を飛ばす、自身の体内で相手を丸ごと溶かすなど、最低限の戦闘は可能である。

ちなみに、能力を使うと大量のエネルギーを消費するため、捕食が必要不可欠との事。

まさかのVTuberデビュー


2018年8月19日に、『MASS FOR THE DEAD』の公式YouTubeチャンネル『オバマス放送局』において、バーチャルYouTuberとしてまさかのデビュー

「異形種による異形種のための情報を伝える」のが目的で、ナザリックのとある部屋から伝えているという設定。

関連イラスト

スラ子
スラ子百面相
センシティブな作品
ツイッターろぐ



関連タグ

MASSFORTHEDEAD ナザリック地下大墳墓
モモンガ(オーバーロード) 名も無きホムンクルス
スライム

関連記事

親記事

MASSFORTHEDEAD ますふぉーざでっど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「スライム子」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「スライム子」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30232

コメント