ピクシブ百科事典

目次[非表示]

※注:この項目には「」という漢字が46回も出てきます。ご注意ください。

概要

昆虫蜘蛛ムカデゲジゲジなどの節足動物(虫)を嫌悪する恐怖症の事。
なお日本では両生類爬虫類も虫扱いされていた(蜥蜴など虫偏が付く漢字で表されており、彼らを苦手、嫌っている者も多いだろう)が、面倒なのでここでは取り扱わないものとする。

なぜ大して害も無いような虫を恐れるか、一言で説明するのは難しい。
虫がそこら中にウヨウヨいる所で暮らしている、熱帯雨林サバンナなどの原住民が虫嫌いという話はあまり聞かない。虫を恐れるのは、住居に虫などの小動物が入り込むことが少ない都市部などの人々が多い。

また、子供の頃は平気だったのに、大人になると虫嫌いを発症するケースもある。
これは、子供(特に男子)は小さい頃から自然に触れる機会が多く、虫の事を近くで観察することが多いからではないかと言われる。過去に虫にまつわる恐怖体験があり、そのトラウマで…というケースもある(特に女性)。

虫嫌いの人もその度合いは大小さまざまであり、「どんな虫でも見ただけで逃げ出す」「エビカニですら無理」「特撮に出てくる昆虫怪獣ポケモンむしタイプですら死にそう」という人もいれば、「カブトムシトンボは平気だが、見るからに気色悪いゴキブリムカデは嫌」という人も、「毛虫芋虫といったウネウネ系(worm)が特に嫌」という人もいる。

所謂「不快害虫」と呼ばれるカテゴリも、根幹にあるのは虫嫌いの心理である。カマドウマやゲジゲジは人間に直接害を齎すわけではないが、見た目が怖い、なんとなく虫が好かないという理由で嫌悪される。なんとも虫のいい話である。

中でも蜘蛛恐怖症は「アラクノフォビア」という名称が別個につけられている。
自分のペンネームに「虫」なんて付けるほど虫好きの手塚治虫ですらアラクノフォビアだったという逸話がある。

ただし中にはスズメバチのように人間を死に追いやる虫(こちらからちょっかいを出さなかったら大抵は無害だが)もおり、そのような虫は虫嫌い以前に誰でもビビるのは普通というか原住民にとってもほぼ恐怖の対象であろう。
蜘蛛も「ヤバい虫」というイメージが浸透しているが、飽くまで一部の種類が危険な毒性を誇るだけで、ある程度の知識があればマイナスイメージが薄まり、遭遇しても冷静に対処できるようになるので、ある意味で虫への知識を蓄えるのも虫嫌いの改善の一つだったりもする。

虫恐怖症のキャラ

キリがないのでゴキブリや蜘蛛などの単体を怖がるキャラではなく、虫全般が無理めの人を列挙する。

キャラクター

特撮

アニメ

漫画

ゲーム


その他


実在の人物


関連イラスト

虫嫌いの山暮らし
どきどきぷりきゅあ



関連項目

恐怖症 昆虫
犬嫌い

テラフォーマーズ:どこもかしこも虫だらけの作品の為、電子書籍で「昆虫削減版」なる黒塗り版が登場した。

関連記事

親記事

動物恐怖症 どうぶつきょうふしょう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「虫嫌い」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「虫嫌い」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 184248

コメント