ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ディズニー最後の長編手書きアニメーション
誤解を恐れず述べるなら、主人公である人間の青年キナイが子グマのコーダとの出会いにより成長していく物語。日本での知名度は低いが名作として有名。

ストーリー

主人公キナイはイヌイットの青年で兄達や仲間達と暮らしていた。当時は、シャーマンであるタナナが新成人にそれぞれの人生を象徴するトーテムを与えていた。キナイの貰ったトーテムは愛を象徴する熊であり、もっとカッコイイのがよかったとキナイは納得しなかった。その後、キナイの不注意で罠の魚を奪った雌のヒグマをキナイは追跡し、怒りと苛立ちから熊を挑発してしまう。そして、キナイを助ける為に割って入った次男のデナヒとキナイを救うために長男のシトゥカが死んでしまった。その事を恨み、デナヒやタナナの静止を無視してその熊をキナイは追跡した。キナイを止めようと、デナヒは後を追う。

雌熊を追い詰めたが、自衛のために襲い掛かってくる雌熊がキナイの槍に突っ込んで、復讐はなされた。だがその瞬間、天空からグレートスピリットと共に現れたシトゥカの霊の力でキナイは熊に変えられてしまう。グレートスピリットが雌熊の死骸を持ち去り、デナヒはクマとなったキナイとキナイが熊になった際の敗れた服を見て、キナイも雌熊に殺されたと勘違いした。そして熊となったキナイを兄弟2人の仇と思い、熊に復讐することは間違ってるとキナイを止めていたデナヒも怨念が強くなりすぎてしまい、熊を殺すことを誓い追跡する。

目が覚めたキナイは、シトゥカの霊から事情を聞いていたタナナの教えでグレートスピリットの山を目指すが、勝手の分からぬ熊の生き方に途方にくれる。そして人間の罠に引っかかったところで子グマのコーダと出会い、最初は反発するものの少しずつ絆を深めていく。

そして、自分にあった熊への偏見や動物から見た人間の恐ろしさ、コーダとの因縁や、己が熊に変えられた理由を理解していく。しかし、お調子者だったはずが形相が変がるほどの憎悪に支配されたデナヒは復讐を諦めていなかった。

余談

キナイ、デナヒ、シトゥカはそれぞれアラスカの国立公園の名前である。

なお、グレイトスピリットに現れる動物の霊魂には、キツネ類やテンやイタチ類、バイソン、ビッグホーンやイワヤギやビーバー類、ラクダ類、ウマ類、マストドン、トナカイ、ワピチや鹿類、オオナマケモノ、ライオン、スミロドン(サーベルタイガー)、オオヤマネコなど昔のアラスカやカナダ北部を象徴する動物達の大半が含まれていない。

関連動画

Youtube


ニコニコ動画
日本語の曲まとめ
On My way日本語版
英語の曲まとめ
Welcomeアレンジ版

関連タグ

ディズニー ディズニー映画
キナイ コーダ
シャーマニズム アニミズム
 グレートスピリット

関連記事

親記事

ディズニー映画 でぃずにーえいが

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラザーベア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28709

コメント