ピクシブ百科事典

ラマになった王様

らまになったおうさま

『ラマになった王様』は、2001年に公開されたディズニー映画。傲慢な性格が災いして“ラマ”に変えられてしまった若き国王と、心優しい農夫の珍道中の物語。 苦難を乗り越えるうちに、傲慢だった国王は唯一持っていなかった「友情」の大切さに気づいていく。
目次[非表示]

概要

『ラマになった王様(原題:The Emperor's New Groove)』は、2001年に公開されたディズニー映画。2005年に続編『ラマになった王様2 クロンクのノリノリ大作戦』が、2006年には続編のTVシリーズ『ラマだった王様 学校へ行こう!』が制作された。
近年のディズニー作品としては珍しく、ミュージカルではなくセリフやキャラクターの動き、ギャグで雰囲気を盛り上げる。人情を持たない王族が因果応報で獣の姿にされ、元の姿に戻るまでに人の心を知るという構図は同じディズニー作品の美女と野獣(1991年)に類似しているが、そのような類似性を特に意識させることなく、単純にコメディ映画として楽しむことができる作品となっている。

ストーリー

南米のジャングルに君臨する若き国王クスコ。才能と美貌を兼ね備えた国王ではあったが、ワガママでイジワルで傲慢なその性格から民からの信望はまったくなかった。
ついには魔女からの恨みまでも買ってしまい国王は”ラマ”の姿に変えられてしまう。城からも追い出されてたクスコを助けてくれたのは、心優しい農夫のパチャだった。ラマになっても王様気取りのクスコとパチャは仲違いを繰り返しながらも城を目指して旅をするが……。

登場人物

  • クスコ(吹き替え:藤原竜也) 17歳の若き国王。美貌と才能を持っているが、性格は意地悪、わがまま、傲慢、そして自分勝手と最悪なため人望はほとんど皆無。薬でラマに変えられてしまった。
  • パチャ(吹き替え:楠見尚己) 真面目で心優しい農民。妻子持ち。当初はラマになったクスコとも喧嘩ばかりだったが、一緒に旅をするにつれ、友情を築くようになる。
  • イズマ(吹き替え:京田尚子) クスコの相談役だったがクスコの気まぐれでクビにされる。このことからクスコを恨み、クスコの毒殺を図ろうとする。
  • クロンク(吹き替え:堀内賢雄) イズマの手下。筋肉質な大男で思考力は極めて低い。リス語がわかる。彼が窮地に陥った時は心の中の天使と悪魔が言い争いを始めるが、どちらもあまり役に立たない。得意料理のほうれん草のパイを貶されたことで激怒し、天使と悪魔の意見も一致して、イズマの手下をやめるという根は善良で非常に純粋。テレビシリーズではたまにクスコに協力することもある。続編『ラマになった王様2 クロンクのノリノリ大作戦』では主役を務め、天使の方がやや役に立つ。
  • チチャ(吹き替え:一柳みる) パチャの妻。妊娠中だったが、後に超怪力な男の子ユピを産んだ。
  • チャカティポ パチャの子供たち。
  • テーマソング・ガイ(吹き替え:西城秀樹)

物語の冒頭と終盤で、クスコのテーマソング(主題歌)を歌う。

関連イラスト

Boom Baby!!!!
ちょっと怪我


ずるいずるい!
ラマだった王様



関連タグ

ディズニー コメディ
裸の王様―原題「The Emperor's New Groove」はこの昔話の英題「The emperor's new clothes」をもじったものである。しかし原題をそのまま訳しても日本人一般に意味は通じにくいため、本作は昔話っぽさを感じる邦題が付けられている。
美女と野獣―同じく傲慢な王族が呪われて獣の姿となり、その後一般の人間と触れることで友愛の概念を学んでいくというお話。本作はどっちかというと「農夫と動物」だが。

関連記事

親記事

ディズニー映画 でぃずにーえいが

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ラマになった王様」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 67995

コメント