2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました。

詳細
目次[非表示]

概要

「真ダッシュ!四駆郎」に登場する南進駆郎のマシン。

角張った線が多かったシューティングスターに対しこちらは流れるような丸みを帯びたデザインが特徴。フロントライトやウイングの形状は後のブーメラン10を彷彿とさせる。
通称の方も前機が漢字表記だったが、こちらはダッシュ03号 S.S.S.ダンシング・ドール式に変わっている。

原作のチラシ漫画では無印で進駆郎の後継機が出なかったのもあり2話からいきなり登場。
しかしいきなりグレート・ヘルス・キッズ(GHK)の16輪駆動マシンに轢かれ、その後もダッシュ・コンバインの繋ぎに使われた後は解説役に回りダッシュ・コンバインの活躍がメインになってしまうため扱いはかなり不遇である。ジオエンペラーよりはマシかもしれないが。

話の流れからしても無印で四駆郎と弾九郎以外の二号機(厳密には三号機)を与えられなかった三人のためにとりあえず後継機を作った感が否めない…それでもS.S.S.は立体化されてるだけまだましなのだが…まあ晩期の徳田ザウルス作品にはよくあること。

立体物

1994年5月にレーサーミニ四駆として発売。シャーシはTYPE-5。
この時期の大径マシンはとっくにスーパー1主体のスーパーミニ四駆に移行していたのもあって、この年に発売されたレーサーミニ四駆はこのマシンのみである。
2008年11月にローハイトタイヤ付きで再販されたが、現在は絶版で入手困難なマシンの一つ。

関連動画



関連タグ

南進駆郎 レーサーミニ四駆 ダッシュ軍団
シューティングスター(ミニ四駆)
ジオエンペラー コマンドザウルス

関連記事

親記事

南進駆郎 みなみしんくろう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 65

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました