ピクシブ百科事典

ブーメラン10

ぶーめらんてん

ブーメラン10とは、徳田ザウルス作「ダッシュボーイ天」に登場するマシンである。
目次[非表示]

概要

白地に赤のアクセントが入った前進翼のジェット戦闘機のようなボディが特徴のスーパーミニ四駆。所有者は主人公の天下太平。

キャノピー内部にはミニミニ四駆と呼ばれる小型マシンが搭載されており、緊急時にはこれが飛び出す。

大空を駆け抜けるマシンから宇宙を駆け抜けるマシンとなる

立体物

1995年6月に製品として販売。シャーシはスーパー1。

ディスプレイモデルであるがミニミニ四駆も付属している。
さすがに本体に射出機能はないがちゃんとディスプレイ用シャーシとボディに分かれており、簡易ながらシールもある。
ディスプレイ用シャーシの裏には安全ピンを止められるスリット付きで、バッジのように付ける事も可能だった。
さらに同時期に発売されていた「ミニミニレーサー(こちらも当然絶版である)」のシャーシと交換するだけでプルバックカーとしてちゃんと走らせることも可能だった。

マイナーチェンジ版として成型色を黒に変更し、ウイングとボディキャッチ部のライトの形状を変更した「ブーメラン・ガンマ」も販売された。

生産ラインが第二次ミニ四駆ブーム当時のまま終了している珍しいマシンであり、入手困難なスーパーミニ四駆の中でも希少度は群を抜き、リアルミニ四駆すら超える。
当然プレミアム化もされていないが、何故か後継機であるアストロブーメランは特別カラーバージョンながらプレミアム化がされている(この点ではプロトセイバーJBと似ているが、JBは現在も通常販売されているため入手難易度は雲泥の差である)。

関連タグ

徳田ザウルス ダッシュボーイ天 スーパーミニ四駆

コメント