ピクシブ百科事典

リバティーエンペラー

りばてぃーえんぺらー

リバティーエンペラーとは「風のレーサー侠」に登場する主役マシン。
目次[非表示]

概要

1993年6月29日発売。
徳田ザウルス原作漫画「風のレーサー侠」の主人公・侠仁義の使用するミニ四駆。正式名称は自由皇帝(リバティーエンペラー)。
それまで主流だったレーサーミニ四駆から世代交代したスーパーミニ四駆の第一号機であり、第二次ミニ四駆ブームを牽引したスーパー1シャーシを初めて採用した記念すべき第一号機でもある(ただしブームの要になったのはこの漫画ではないが…)。

これ以前に連載された「ダッシュ!四駆郎」にも最終話で主人公・日ノ丸四駆郎が使うマシンに同じ読みのマシンが存在するが、こちらは自由皇帝(リバティエンペラー)であり別のマシンである。またこちらはキット化はされていない。
ただし、このマシンにはリバティーエンペラーにもある8本の動力パイプのような意匠も見られる事からこの二台が全くの無関係とは言い切れないところもある。

限定版としてブラックスペシャルが存在する。

当時はミニ四駆第一次衰退~第二次ブームの間に発売されたことから人気は得られず絶版となっている。ただし、当時はかなり優秀な性能だったスーパー1を使用していてかつ公式大会で無双出来る大径タイヤ採用車だった事からガチレーサーからはかなり愛されたマシンでもあり、ジャパンカップで二年連続(1993~1994)で優勝を飾っている。
そのため「ダッシュ!四駆郎」終了後の氏のマシンでは頭一つ抜けて高い人気を持つ。

現在でも需要は減るどころかむしろ増しており、2014年に数量限定でシャーシをアップブレード版のスーパー2に変更し、ステッカーを一新したプレミアム版が発売されたが即完売し現在入手困難な状態にある。
その3年後にはブラックスペシャルもプレミアム化。ただしオレンジ主体だったシールからシャーシ含めてショッキングピンクに変更された点は賛否両論を呼んだ。当然こちらの方も全国でほぼ完売状態にありプレミアが付いている。
その他ゲーセンのプライズやメモリアルボックスなど様々な形態で販売されたマシンであるが、それでもいずれの手段でも入手困難状態であるため、本体を手に入れようとなるだけで相当手を焼かされる羽目になる。この度2018~2019年冬を目処にプレミアムの再販が決まった。

ちなみに、NEWS増田貴久のお気に入りマシンでもある。

関連タグ

各シャーシの一号機

シャーシ初採用機
タイプ1(1986~)ホットショットJr.(ナンバリング)/ホーネットJr.(発売)
タイプ2(1988~)アバンテJr.
タイプ3(1989~)ライジングバード
タイプ4(1990~)イグレスJr.
ZERO(1990~)ダッシュ0号 ホライゾン
FM(1990~)クリムゾングローリー
タイプ5(1992~)ベアホークJr.
スーパー1(1993~)リバティーエンペラー
スーパーFM(1996~)ブロッケンG
スーパーTZ(1996~)サイクロンマグナム
スーパーX(1998~)マックスブレイカー
VS(1999~)ブレイジングマックス
スーパーTZ-X(1999~)バニシングゲイザー
MS(2005~)ナイトロサンダー/ナイトロフォース
スーパーXX(2009~)マックスブレイカー_ブラックスペシャル
スーパー2(2010~)マグナムセイバー プレミアム
AR(2012~)エアロアバンテ
MA(2013~)ブラストアロー
FM-A(2017~)ラウディーブル

各カテゴリー別一号機

カテゴリ一号機
無印(1982~)フォード・レインジャー4×4
コミカル(1982~)シティーターボ
レーサー(1986~)ホットショットJr.(ナンバリング)/ホーネットJr.(発売)
ワイルド(1987~)モンスタービートルJr.
トラッキン(1990~)サニーシャトル
ミニF-1(1991~)トータスタイプ102B
スーパー(1993~)リバティーエンペラー
フルカウル(1994~)マグナムセイバー
リアル(1996~)スピンコブラ
エアロ(1998~)マックスブレイカー
マイティ(1998~)ダイナホークGX
PRO(2005~)ナイトロサンダー/ナイトロフォース
REV(2012~)エアロアバンテ

pixivに投稿された作品 pixivで「リバティーエンペラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 63

コメント