ピクシブ百科事典

ラウディーブル

らうでぃーぶる

ラウディーブルとはFM-Aシャーシを採用した最初のマシンである。

概要

2017年5月に21年ぶりのフロントモーターシャーシ「FM-Aシャーシ」が発表となり、その後FM-Aシャーシ採用車第一弾として発表されたマシンである。
2017年9月9日に発売された。

これまでのミニ四駆はF-1やF-1にカウルを肉付けしたかのようなデザインが多かったのに対し、ラウディーブルは実車として見ても遜色ないデザインとなっており、サイドドアーやグリルにあたる部位も再現されている。
加えて、これまでのマシンはダブルシャフトのマシンを除きどうしてもギアカバーやモーターカバーに干渉しないよう左右非対称のクリアランスがボディに設けられる(過去にもボディの形状が明確に左右対称なのは例外はこのマシンくらいだった)のがほとんどだったが、ラウディーブルはボンネットを高くしモーター部分の干渉を避けたことで左右対称のボディを実現させている。

ボディーカラーはスピンコブラプレミアム同様メタリックのマリンブルー、付属しているホイールは銀メッキという贅沢な仕様ながら、お値段税抜き1000円据え置きという太っ腹ぶり。

このほぼ実車・左右対称というラウディーブルのコンセプトは後発のFM-A搭載マシン(ナイトハンター、バロンビエントなど)にも引き継がれており、例外なのは唯一原作付きの新規マシンのグレートマグナムR(リボルバー)くらいである。

2018年3月にはボディカラーをスモーククリアに変更し、カスタムパーツをセットに加えた「ミニ四駆スターターパックFM-Aバランスタイプ(ラウディーブル)」が発売。これによりラウディーブルのカラバリにも新たな選択肢が生まれた…はずだった。
だがその二ヶ月後に何とまさかのポリカボディで登場。
普通に走らせる分にはオリジナルよりも断然効率が良く、シールも余白を取り除いたクリアータイプのため塗装次第で好きなカラーに出来るこちらの方が人気が出てしまい、FM-A第一弾ながら何かと不遇に扱われがちなマシンとなってしまっている。

関連タグ

田宮模型 アメ車
ブロッケンG…同じくフロントモーターであるスーパーFMシャーシ採用車第一弾となったマシン。現在では同じFM-Aシャーシを使ったブロッケンGプレミアムも発売された。

レッツ&ゴー!!翼ネクストレーサーズ伝爆走兄弟レッツ&ゴー!!のスピンオフ作品。メインキャラの1人、宇佐見丸夫が本機を使用している。

pixivに投稿された作品 pixivで「ラウディーブル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39

コメント