ピクシブ百科事典

ブロッケンG

ぶろっけんぎがんと

ブロッケンG(ギガント)とは、フルカウルミニ四駆の一種で爆走兄弟レッツ&ゴーのマシン。
目次[非表示]

概要

『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』に登場するフルカウルミニ四駆の一種。
大神博士が開発した三大バトルマシンの一つ。使用者は近藤ゲン。Gとは読み通り「ギガント」の略だが、本編では普通に「ブロッケンジー」と呼んでおりどちらでも正しい。

何と言ってもビークスパイダーレイスティンガーとの明らかな相違点でもある最大の特徴はフロントにモーターを積んでいる事。当時フロントモーター=低重心という風潮が強かった事からスピードよりもパワーに重点を置いたマシンいう設定で、金属のウェイトやパイプ状のパーツがむき出しになった装甲車のように武骨なデザインは他二台と比べても一線を画している。

他二台のような得物を持たない代わりに背後から相手のマシンをマシンの重量で叩き潰す「ハンマーGクラッシュ(アニメではブロッケンクラッシュ)」を得意としている。原作ではこれで星馬豪ビクトリーマグナムを葬り去った。
アニメでは終盤あたりでフロントに装備した牙状の物で相手マシンを嚙み砕く「ブロッケンファング」の他、一度だけ後輪を回らないようにして渦状になり、他のマシンを行く手を阻む方法も(ゲン曰く「ブロッケンタイフーン」)。

ちなみに作者はこのマシンを割と気に入っているようで、最初のデザインが一発で通ったのがこのマシンだそうである。


ゲンと歩んだ戦の歴史



  • 瓦礫に埋もれても土砂を跳ね除けるほどのパワーを見せ、豪を驚愕させる。それだけではなくパワーとスピード、安定性が備わったマシンであるのにバトルマシンになっていることに対し
『軽くすれば、もっと速く走れるのに・・・』と疑問を抱かれた


  • 大神研究所にてレイスティンガーと共にVソニックに挑むが引き分けに終わる。その際に部屋の壁に激突し穴を開けた(どういう素材使ってんだ?
だが、Vソニックが進化するための鍵を授けている。

  • SGJCにて、ファイターから【吼えるミニ四駆の大山脈】の称号を授かる。 パワーマシンは伊達ではなく、レース序盤で活躍する・・・はずだったのだが【チームワーク】と称された中で勝手に後輪を固定させられた状態になりAセクションでは「ブロッカー」して活躍。プロトセイバーEVOを破壊しようとするがドラゴンデルタによって真っ二つにされてリタイアしまった。(散々である

  • SGJCでは2日目、Bセクションは雪山コースでのレース。しかし、バトルパーツが搭載されている車体は重くて雪に捕まったり、バランスが取れずコースアウトやスタックの連続だったが、それに挫けずレースを続ける。 セイバー600やマグナムとソニックを退いて、三位まで食い込んだがコースアウトの連続。

そこで、そばで豪の行いを見たゲンは、バトルパーツを全て強制排除。 そのため大幅に軽くなり、『ミニ四駆』として本来の力を発揮、その走りはファイター曰く『生まれ変わったような速さ』と称される。(それ明らかにするために、【バトルパーツ排除前】と【排除後】で【マシンの重量】と【駆動音】が変更されていたり、タイヤの雪飛沫が大きくなったりと細かな演出が施された)
パワードリフトを利かせトップ争いをしているスピンコブラとブラックセイバーを追撃。
最後のストレートコースで追いつき、激闘の末 見事、1位を獲得した。


  • SGJC Cセクションではブロッケンファングが再度取り付けられてバトルマシンに戻っている。
サイクロンマグナムの破壊をブロックしてきたブラックセイバーを破壊に成功。ネオトライダガーZMCを仕留めようとしたがビークスパイダーと相打ちでリタイヤ。



その後

MAXにて、市販・販売された。 所有者は和男。 銀色に塗装が施されており、全身から針が飛び出すバトルマシンとなった「ハープンブロッケン」 アニメ版MAXで最初にマックスブレイカーとレースをしたマシンで、後々にも登場する。

スピンオフ作品、レッツ&ゴー!!翼ネクストレーサーズ伝にてFM-AシャーシのブロッケンGが発売に先駆けて登場。


商品としてのブロッケンG

ミニ四駆第二次ブーム真っ只中の1996年6月に新型のスーパーFMシャーシを引っさげて発売。
記念すべきスーパーFMシャーシ第1号であり、当時フロントモーターのシャーシは一種類しかなかったのもあって多くのFMシャーシ好きを喜ばせたのだった。
当時、販売されていたミニ四駆BOOKにも、新パーツが搭載可能で丈夫なフロントバンパーで形成されているなどの情報が掲載されていた。


…がこのスーパーFMシャーシ、非常に出来が悪く実際のレースでの人気はすこぶる悪い。
理由は以下の通り

  • モーターよりもバッテリーの方が重いため、結局リアモーターと重心的には変わらない
  • 低重心を強調していた割に車高が無駄に高くフロントモーターの意味をなしていない
  • スーパー1で散々指摘されていたフロントバンパーの脆さが据え置きのまま
  • 空気抵抗を減らすために細く作られたため耐久力が低くなった一体型サイドステー
  • 軽い衝撃で外れてしまったり止まってしまうことすらある丸型回転式スイッチ
  • リアステーを付けてしまうと外しづらくなるという致命的欠陥を抱えたリアギヤカバー
  • ピンククラウンより強度が高いため扱い辛いオレンジのヘリカルクラウンギア採用
  • ギアのクリアランスが抵抗だらけでスピードロスが生じやすい
  • 公式レギュレーションで専用の超速ギアがなぜか使えない(TZは使える)
…など欠点だらけのため出来が最悪なのである。
このため、同期(ほぼスーパー1だが)のシャーシと走らせるととにかく遅さが目立つ。下手すれば前世代のFMシャーシの方が速いとか言われる始末。

利点としては【超速ギアを専用のケースを使わなくても対応可能】という所であろうか。


幸か不幸かビジュアル的人気は高かったためか後にブロッケンGのボディやシャーシの一部をブラックスモークに変更したマイナーチェンジ版のブロッケンGブラックスペシャルが発売された。ただし、シャーシのクリアパーツはただでさえ脆いスーパーFMの強度にさらに拍車をかけてしまっておりとても実践での使用は推奨できない。 (耐久値が高い【カーボンSFMシャーシ】なる製品が販売されたが、限定品のため入手困難となっている。 SFMの使い手曰く『最強のSFMシャーシ』とのこと)




上記のような理由からスーパーFMシャーシのラインナップは少なく、他は上述したブラックスペシャルにストラトベクター、ガンブラスターXTO、ガンブラスターXTOクスコスペシャルしか出ていない。しかも内二台は既存マシンのマイナーチェンジ版である。

また、フロントモーターという特殊な出で立ちから大神マシンで唯一プレミアム化がされていないという問題も抱えている。2010年代に入るともはやフロントモーターなど一部の物好きしか使っていないほど落ちぶれていたのだった…(ただ、そんな物好きの中にも公式カップで優勝するほどの猛者はいたのだが…)

ブロッケンG現役復帰?

だがスーパーFMから21年後の2017年5月、タミヤ最新鋭の技術を使った最新型のフロントモーターシャーシが発表された。その名もFM-Aシャーシ。ARシャーシの技術がフィードバックされており、スーパーFMの脆さが嘘のように堅牢化、ギア間の抵抗もほぼ解消され重心もしっかり低くなっている。クラウンギアがヘリカルクラウンのままという不安要素はあるが、それでも欠点という欠点はなくなったといえるだろう。
そして四ヶ月後の9月にFM-Aシャーシ採用マシン第1号であるラウディーブルが発売され、全国的にもFM-Aシャーシを手にすることが出来るようになった。

このFM-Aシャーシ、なんとあれだけシャーシのデザインに制約をかけそうなブロッケンGのボディが無改造で載ってしまう。ついでにガンブラスターXTOやスピンバイパーも無改造で載る。
皮肉にもオリジナルよりこの新シャーシを使った方が「堅牢ながらスピードが速い」という劇中のイメージ通りの性能になってしまうというわけである。
この事から早速公式大会ではFM-Aシャーシに乗せたブロッケンGを使う人も徐々に姿を見せるようになった。

同時に、もちろん新たなフロントモーターシャーシが造られた事によるブロッケンG(とガンブラスターXTO)のプレミアム化にも期待がかかっていたが、2018年4月にFM-Aシャーシ仕様のブロッケンギガントプレミアムが満を持して発売(ガンブラスターXTOも同年3月に発売)。これによりプロトセイバーJBを差し置き大神軍団三大マシン全てがプレミアム化された。

通常、ブラックスペシャル、プレミアム以外にはプライズ用に成型色を特別仕様に変更した「21st century Edition」も存在し、2015年と2016年の二度にわたりプライズ化されているというかなり優遇された扱いを受けている。このためプライズ品だけでも8種類ものバリエーションがあるが、内一つはブラックスペシャルと同じブラックスモーク成型で被ってしまっている。単純にFM-A発売前の商品のため、SFMのままで実践向きではないのも欠点か。

pixivに投稿された作品 pixivで「ブロッケンG」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 929

コメント