ピクシブ百科事典

ガンブラスターXTO

がんぶらすたーえっくすてぃーおー

ガンブラスターXTOとは、1997年に公開された劇場版「爆走兄弟レッツ&ゴー!! WGP 暴走ミニ四駆大追跡!」に登場した主役マシンである。
目次[非表示]

概要

爆走兄弟レッツ&ゴー!!の劇場版である「WGP 暴走ミニ四駆大追跡!(1997年7月公開)」に登場した南米チームXTOリボルバーズのリーダー、リオンのマシン。

開発には三人の博士が携わっており、エアロ効果に基づくボディのデザインをおなじみ土屋博士、素材をネオトライダガーZMCでも有名な岡田鉄心博士、マシンに搭載されたGPチップγをクスコ博士が担当している。
元々は普及型であるGPチップβを搭載する予定だったが、納得いかなかったクスコ博士が独自に次世代型のγを開発した。しかし欠陥で怪電波が発生し、これが劇場版での大惨事につながってしまう。

マシン名の末尾のXTOは開発に携わった上述した三人の博士のそれぞれの頭文字(XCO、TSUCHIYA、OKADA)から。クスコ博士の部分は後に発売された改修版であるクスコスペシャルの綴りがCUSCOになっているが。

映画公開の翌年1998年には何と実車化もしている。全盛期は鈴鹿サーキットでミニ四駆ファンの子供を乗せていた。その後、解体されることなくタミヤオープンハウスの施設内にそのままの姿で飾られ、2011年に岡山おもちゃ王国を移し引き続き展示されている。



その後


原作やアニメでも描写がなされなかったが、ゲーム作品「爆走兄弟レッツ&ゴー!!POWER WGP2」にて登場。 ファンにとってもまさかの登場に驚きの声を上げた。(作中終盤では、リオン機はあるミニ四駆を停めるために活躍)
この他にも、ミニ四駆GBオールスターバトルMAXやエターナルウィングスにも登場した。ただしミニ四駆GBは本編とは別世界の話。

スピンオフ作品、翼ネクストレーサーズ伝にて後述のガンブラスターXTOプレミアムが登場するが・・・。

立体物

分類ではフルカウルミニ四駆に分類される。
フルカウルでは非常に珍しいフロントモーター式のスーパーFMシャーシを採用している。
当時、他にこのシャーシを使用しているマシンはブロッケンG(1996年6月発売)とスーパーミニ四駆シリーズのストラトベクター(1996年7月発売)しかなく、それが後に悲劇を生んでしまう(後述)。

  • 劇場版では限定カラーの当マシンのボディ付き前売り券が発売され、初日売り上げが45000枚を突破し、当時の歴代記録を大幅に塗り替えた。現在では似たような商法をやっているポケモンに容易く更新されている。

だが、前売り券特典としてボディが付いてきたはいいものの、採用マシンがただでさえ少ないスーパーFMシャーシ対応のために既存のマシンのシャーシでの流用が効きづらく、しかもストラトベクターは大径タイヤを採用していた為そのままでは載らず、結局ブロッケンG及びその色違いであるブラックスペシャルを買わなければ走らせる事すら出来なかった。ガンブラスターXTOを走らせるためだけにブロッケンGを買った人は多いのではないだろうか。
さらに映画公開の一か月後の8月に通常カラーとしてガンブラスターXTOも一般発売されてしまった。ブロッケンGが好きでない人たちにとっては無駄な支出でしかなかっただろう…

  • 三ヶ月後の11月には色替え&肉抜き軽量化を施しリアウイングを変更した改修マシンガンブラスターXTO クスコスペシャルも発売されている。

バリエーションに恵まれないフロントモーターのマシンだったためか長らく不遇な扱いを受けていたが、2017年に最新型のフロントモーター式シャーシであるFM-Aシャーシが登場し、ガンブラスターXTOのボディは無改造で載せられる。厳密にはそのままだとシャーシとギアボックスの間に挟んで取り付けるフィン状のモーターカバーを付けたままだと若干浮くが、本当に若干のレベルである(これより取り付けがタイトなプレミアムはいくらでも存在する)。気になる人はモーターカバーを外してしまうか干渉する部分(キャノピー前に突き出た出っ張り)を削って調整しよう。

そして2018年3月に、FM-A完全対応版であるガンブラスターXTOプレミアムが発売された。
シャーシが変わった仕様上、オリジナルのステッカーでは「SUPER FM」と表記されていた部分がプレミアム版では全て「FM-A CHASSIS」に変更されている。
FM-A用にボディにわずかな改修がされており、ボディキャッチ前部にシャーシにボディを抑えるための衝立が付いた。だがこれが微妙に長めに作られているがために、結果的に上述のモーターカバーを取り付けようが外そうがボディがシャーシに若干浮くようになってしまっている。

この商品から登場した新型中径ホイールはタイヤ幅こそ同じだがリヤ用はちゃんと軸が長めに作られ、旧式のボディにトレッドが合う仕様になっている。
加えてホイールの形状が独特なのもあって右前輪、左前輪、右後輪、左後輪全てパーツナンバーが違う仕様になっていて取り付けの位置が定められているので注意が必要である。

ポリカボディ

2019年1月には何とボディをクリアー成型のポリカボディに変更し、白と青のオリジナルカラーのシャーシに搭載したライトブルースペシャルという予想の斜め上を行くマイナーチェンジ版の発売が決定した。
第二次ブーム真っ只中に発売された既存マシンが20年以上の時を経てポリカボディ化するのは極めて異例の事態でもある。

ボディはオリジナル版にかなり手を加えた成形になっており、素材が薄くなったためかフロントモーターが剥き出しではなく覆う形に変更。またフロントモーターのスペースのために切り欠きになっていたフェンダーの模様も一体成形になった。散々オリジナルでは脆いと指摘があったウイングはボディと一体成形になり、リアカウル部分はオリジナルでは細くくびれているためか補強板が設けられている。
シャーシを構成するパーツはいずれも発売されて日が浅くカラバリが豊富ではないもので占められているため、どれも完全新規の成型色になっている。

関連タグ

リオン・クスコ XTOリボルバーズ 暴走ミニ四駆大追跡!
















































































































【これより先、本機の暴走理由が記載されているため 閲覧には注意されたし】


















































































































南海の勇者が手にした宝とは、何か?






次世代型GPチップを搭載したことで、暴走してしまった本機は 劇中で何度もリオンを始めとしたXTOリボルバーズとWGP出場を目指して訓練していた日々を思い出し 彷徨っていた。彼は【離れていた仲間】を捜す為に走り続けていたのだ。

とても危険な状況であったが、TRFビクトリーズと彼らのマシンと出会ったことで【仲間】を勝ち取った。

長く求めていたモノを勝ち取ったことを、メッセージを用いて視聴者達に伝えている。

BOKU HA NAKAMAWO MITSUKETAYO
ZUIBUN TO NAGAIKOTO TABI WO SHITEKITAKIGASURUKEDO
CHANTO MITSUKETAYO KOREDE ANSHIN


そしてビクトリーズのマシン達も彼を仲間と認め・・・

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンブラスターXTO」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2914

コメント