ピクシブ百科事典

TRFビクトリーズ

てぃーあーるえふびくとりーず

TRFビクトリーズとは、「爆走兄弟レッツ&ゴー‼WGP」に登場する日本代表チームの名である。
目次[非表示]

概要

爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP」に登場する日本代表のチーム。物語の主役のチームである。
「TRF」とは、アニメ版では「ツチヤ・レーシング・ファクトリー」の略、漫画版では「タミヤ・レーシング・ファクトリー」の略とされている。(「タミヤ・レーシング・ファクトリー」はタミヤのRCカーのワークス・チームとして実在している。)
監督は土屋博士。一度だけ土屋博士が体調不良で倒れた時、の担任であるたまみ先生が代理として監督を務めている。
国際ミニ四駆連盟名誉会長である岡田鉄心によって選出されたメンバーで構成されている。

メンバーと使用マシン

星馬烈(リーダー)ハリケーンソニック→バスターソニック
星馬豪サイクロンマグナム→ビートマグナム
鷹羽リョウネオトライダガーZMC
JプロトセイバーJBプロトセイバーEVO
三国藤吉スピンコブラスピンバイパー


また、正式なメンバーではないが、鷹羽二郎丸がメンテナンス等のサポートを担当している。鷹羽リョウが負傷した時には、代理として出場している。また草レースなどでは佐上ジュンが応援やバックアップに訪れることがある。

特徴

WGPに参加している全10チーム中、唯一マシンが統一されていない。服装は基本デザインは一緒だが、各自の好きなように着こなしている。原作では制服はメンバーそれぞれに合わせたデザインであった。
前述のとおり、全員が種類も性能も違うマシンを使用しており、個性の強さも相まって参戦当初はチームワークが悪く、フォーメーション走行は1,2を争う低さだったが、その後黒沢太こひろまことらの激励と、強豪達の戦いにより、ビクトリーズはチームワークの大切さを学び、メンバーの個性を生かした走りである「フリーフォーメーション」(ミニ四ファイター命名)で徐々に白星をあげていった。
そして四位決定戦で四位に入賞。上位四チームまでが出場できるファイナルステージへと駒を進める。
そこでNAアストロレンジャーズアイゼンヴォルフロッソストラーダと共に三日間に渡るファイナルレースの三つのセクションで戦った。そして最終セクションでは、ミハエルブレットがゴールを目指して熾烈な走りを展開。(ちなみに、ファイナルセクションでは唯一リタイア者を出さなかったチーム
そして1位でゴール。見事第1回WGP優勝の栄冠を勝ち取った。

MAX編での活躍

MAX編では、第2話に優勝チームとして第2回WGP開催国であるアメリカに旅立とうとしたところ、一文字豪樹に一方的に対決を挑まれる。が豪が1位になり勝利。この時何気にが次もリーダーを引き継ぐことが決定。(というか、一方的にメンバーから押し付けられ、烈は乗り気じゃなかったらしい)
そして第51話(最終回)には烈、豪、リョウが登場。一文字兄弟を昔の自分達のようだと懐かしがって彼らの走りを見ていた。

関連イラスト

あけましておめでとう
映画再上映&BD-BOX発売!!
TRFビクトリーズと3DS
We are the VICTORYS☆
We are the VICTORYS
We Are The VICTORYS!
TRF
ピーマンやるって!!

pixivに投稿された作品 pixivで「TRFビクトリーズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5832

コメント