ピクシブ百科事典

バイソンマグナム

ばいそんまぐなむ

バイソンマグナムとはミニ四駆PROの一種。
目次[非表示]

概要

爆走兄弟レッツ&ゴー!!の主人公、星馬豪の6代目マシン。ライトニングマグナムは青いボディに炎のカラーリング・ホイールが赤であったが、こちらは従来のカラーリングに戻された(白いボディに赤・青、緑のホイール)。なんとなく初代・マグナムセイバーに似ているという声も。

ミニ四駆PROに分類されている。シャーシはMSシャーシ。
このマシンは描き下ろし漫画にしか登場していない

作中では
アメリカで新型シャーシ(MSシャーシ)に合うセッティングを探索していたTRFビクトリーズ。ライトニングマグナムもMSシャーシになっていた。豪はシャーシは変わっても走りは変わらないと言うが、は「お前がまだシャーシの力を引き出せていないから」と言う。ボディを直す必要があったが、豪はそれまで何度もソニックに勝ち続けた事で有頂天になっており、そんなことする気もなかった。このことで烈が激怒し、気が悪くなった豪は気分転換にマグナムと走ろうとするが、誤って崖から転落してしまった。

目が覚めると、別の場所にいた。豪はとある民族に助けられたのだった。そこでアメリカンバイソンを見かけ、自分たちも走ろうとするが、マグナムは壊れていた。現地の人物はミニ四駆など見たことがなく、「豪の大事なものか?」と聞かれた際、肯定し、「ずっとこいつと走ってきた」と説明。しかし、現地の人物から「我々はあらゆる物と心を通わせ合っている。だが、おかしい。豪とそれ(マグナム)は心が通じ合っていないようだ」と言われ、豪はそれまでの過ちに気付き、マグナムを直すことを決意。

その後、精霊の妨害(というかヒント)もあり、完成。マグナムと再び心が通じ合わせることが出来た。そしてレース当日にお披露目。MSシャーシの力をしっかり受け止め、力強い走りを見せた。


ちなみに

Return Recers!!にて烈の最後のレースが行われたが、この時の豪のマシンは2つ前のビートマグナムで、本機ではない。


立体物


MSシャーシが採用された製品として販売。 公式大会の物販コーナーにて、ブルーメッキボディ仕様も販売された。


関連タグ

爆走兄弟レッツ&ゴー!! 星馬豪 マグナム系 ミニ四駆
ライトニングマグナム-前マシン

pixivに投稿された作品 pixivで「バイソンマグナム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 134

コメント