ピクシブ百科事典

GPチップ

じーぴーちっぷ

アニメ『爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP』に登場する小型チップ。
目次[非表示]

概要

アニメ『爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP』のみ登場する学習機能を持った小型チップで、原作マンガには登場しない。※ただし、読み切り漫画版暴走ミニ四駆大追跡!には後述のタイプγが登場する。

世界グランプリに出場するグランプリマシンに必ず搭載されており、

  • 状況判断により左右シャフト回転差による擬似的なステアリングや加減速を行う
  • 自分チームや相手チームのマシンの走行データやコース情報を学習し経験値を取得する
  • 自身のレーサーの傾向や癖を自ら判断しレースに反映する

などをマシン自らが行い、まるでマシンが意思を持ったかのように走る根拠として扱われた。
WGP編のOPアニメで先方のミニ四駆を、マグナムとソニックが合間を左右に動きながら縫うように走る芸当ができるのも、GPチップのおかげなのである(それでも以前の無印やMAX編で、GPチップがないのに自由自在に動くマシンが数多くあるわけだが・・・)。

今で言う所の、「人工知能を搭載した小型電子部品」である。

マシンがどのように育つかはレーサー次第で、例としてに「おまえ(豪)がかっ飛びの走りばかりするとそれを記憶して、ゆっくりカーブさせようとしてもかっ飛ぶ」と挙げている。
故にマシンがレーサーの手元から離れる…なんてこともあり、劇場版ではこれが現実となった。

その特性上、仮にマシンが修復不可能な状態、もしくは後継機のマシンを使用する場合でも、以前のマシンに搭載されたGPチップを再利用すれば、受け継がせることも可能。
仮に違うGPチップを入れても走ることは出来るが、マシン安定しなくなる恐れがあり、例えばサイクロンマグナムハリケーンソニックのGPチップを入れると、ハリケーンソニックの性格になり不安定になる。
なおGPチップが傷ついてしまった場合は新たに作ること自体は難しくないものの、インプットされていたデータ移植に時間がかかってしまう。

GPチップの種類

GPチップは劇場版を含めて2種類存在し、現行のグランプリレーサーが利用している「タイプβ(ベータ)」と、リオンの父親であるザビー・クスコ博士が作り上げた「タイプγ(ガンマ)」がある。
チームによってタイプβのデザインが異なるが、基本性能は同じとされる。

元々GPチップ自体クスコ博士が発案した装置であり、彼と土屋博士岡田鉄心の3人でタイプβを開発したが、クスコ博士はタイプβで満足いかず、研究を続けてタイプγを作り上げるも、ガンブラスターXTOが怪電波を発しながら暴走してしまう原因になってしまった。
この事件の後は取りやめにしたそうだが、ゲーム『エターナルウィングス』では再び開発を続けている模様。

GPチップの実用化

AIの実用化までには至っていないが、タイム計測のみで見た目も大きく異なるものの、実際に開発・販売がされたこともあり、カスタマーサービス限定で取り扱っていた。
しかしチップや計測装置を全て揃えると10万円以上する非常に高額な代物で、あまり売れなかったという。

また当時リアルタイムで観ていた視聴者や理系の人達によって、電子部品を用いて加減速や自動ステアリングを行なったり、声に反応してマシンも連動するといった擬似GPチップを製作し、ネット上に公開している猛者達がいるので、気になる人はチェックしてみても良いだろう。

関連タグ

爆走兄弟レッツ&ゴー!! 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 人工知能

pixivに投稿された作品 pixivで「GPチップ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 214

コメント