ピクシブ百科事典

GPチップ

じーぴーちっぷ

爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP に登場するアイテム

概要

爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP に登場する、学習機能を持ったチップ。世界グランプリに出場するマシンに搭載されている。これを搭載することで
・コース
・相手のマシン
・自分チームのマシン
・自分を扱うレーサーの癖
などをデータとして記憶していき、マシンが意思を持ったかのようになる。
どのようになるかはレーサー次第で、例として
「おまえ(豪)がカッとびの走りばかりするとそれを記憶して、ゆっくりカーブさせようとしてもカッとぶ」
と挙げている。故にマシンがレーサーの手元から離れる、なんてこともあり得る。

仮にマシンが修復不可能になってもこのチップさえ無事であれば、同じマシンを作って性能を受け継がせることもできる。
違うGPチップを入れても走ることは出来るが、性格が変わってしまい、安定しなくなる。
(例:サイクロンマグナムハリケーンソニックのGPチップを入れると、ハリケーンソニックの性格になる)

もともとはリオンの父親、ザビー・クスコのアイディアである。彼と土屋博士岡田鉄心の3人で開発したのが、タイプβで呼ばれるGPチップ。ビクトリーズを始めとするグランプリマシンに搭載されている。ただし、チームによって見た目は変わる。
このチップが傷ついてしまった場合、新たに作ること自体は難しくないものの、インプットされていたデータ移植に時間がかかってしまう。(アニメでは壊されたシーンが数回ある)

劇場版>暴走ミニ四駆大追跡ではクスコ博士がタイプβで満足いかず、研究を続けてタイプγを作り上げたが、これによってガンブラスターXTOが怪電波を発しながら暴走してしまう。この事件の後は取りやめにしたそうだが、エターナルウィングスではまた開発している模様。

ゲームでは「ハイパーヒート」、「ミニ四駆GBオールスターバトルMAX」などに登場。

タイム計測のみで見た目も大きく異なるが、実際に開発されたこともある。


関連タグ

爆走兄弟レッツ&ゴー!! 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP

pixivに投稿された作品 pixivで「GPチップ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 148

コメント