ピクシブ百科事典

黒沢太

くろさわふとし

黒沢太とは、爆走兄弟レッツ&ゴーに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

プロフィール

年齢小学5年生
誕生日8月10日
血液型O型
身長145cm
体重53kg
主な使用マシンブラックセイバー
CV陶山章央


概要

初登場は「スーパーグレートジャパンカップ(以後、SGJC)」ウィンターレースの決勝戦。
地区予選に参加したレーサーの中では最速タイムを叩きだしており、これは星馬兄弟を上回る好成績である。
土屋博士から三体目のセイバーマシンであるブラックセイバーを受け取っており、リアウイングは可変式、大型のガイドローラーをボディに採用した「速さ」と「コーナリング」の二つを備えたマシンとして、マグナムセイバーソニックセイバーとはまた異なる進化をさせている。

ミニ四レーサーとしての実力は土屋博士に見込まれただけあって一流なのだが、一方で星馬兄弟や鷹羽リョウなどとは異なり勝利のためならば不正手段も厭わない卑劣な性格の持ち主。ブラックセイバーにノコギリローラーや砂撒きタイヤといった他のマシンに対する走路妨害目的の改造を施した他、規定回数以上の電池交換、レース中のマシン交換、車検の不正登録なども行っている。
しかしウィンターレース及びスプリングレースではそんな卑怯な性格が災いして自滅しており、星馬烈からは「そんなことをしなくても速いのに」と才能の無駄遣いを度々惜しまれている。

原作ではスプリングレースを最後に登場せず、アニメでも父親の都合でアメリカへと引っ越したことが語られたが……。

帰って来た男

アニメでは辻斬りレーサーと呼ばれる存在が登場している最中に帰国する形でまさかの再登場。当初はアメリカのバトルレースに感化されてブラックセイバーにバトルレース用の改造をしていたことから豪と藤吉に辻斬りレーサーと間違えられたが、実は黒沢も舎弟であるブラックセイバー軍団の敵討ちのために辻斬りレーサーを追いかけている立場であった。
後に犯人である沖田カイのマシン「ビークスパイダー」の持つ破壊力に感動、ブラックセイバーに更なるバトル改造を施すようになる。
しかし、烈や星馬豪三国藤吉とともに挑んだ缶詰工場での再戦で一方的な攻撃を受け続けながらもゴールを目指して走り続ける烈と豪、そして対照的にゴールを目指さず相手のマシンを壊すことだけに執着するカイの姿を見て自身の過ちに気付いて改心、バトルレースから決別した。

違うんだよ、俺のブラックセイバーは!!

烈と豪の言葉によりバトルレーサーから正統派のミニ四レーサーへと成長。その後は星馬兄弟や藤吉との間に友情が芽生え、大神が近藤ゲン及びプロトセイバー戦隊のSGJC出場を目的として開催したビッグチャレンジレースではブロッケンGの攻撃を耐え凌ぎ3位を獲得、SGJC出場の切符を手にした。

SGJCの第1レースでは下位でビリ争いをしていたものの、第2レースでは雪原コースに順応したセッティングを施しサイクロンマグナムやハリケーンソニック、レイスティンガーを始めとした最新マシン達をぶっちぎり3位を獲得している。最終レースでも上位を独占する大神軍団を追いかける活躍をしていたものの、マシンの不調で周回遅れになったサイクロンマグナムを庇う形でバトルマシン3台からの総攻撃を受けて大破、リタイアとなった。

SGJCの総合順位ではJを上回っていたものの、『WGP』第1話で行われた2年目のウィンターレースでは優勝したJとは対照的に結果を残せず、TRFビクトリーズのメンバーに選ばれることはなかった。

改造技術


烈とまこと両名から大絶賛を受けるほどの技術力の持ち主。

SGJC開催前夜にて、指を怪我しながらもデザインナイフでスリットを入れてレインタイヤを自作していた。 この場面を見ていた烈は『ここまで細かい作業は、黒沢君にしかできないよ』 まことは『ボクには、とても真似ができません』と言わしめるほど。しかし、ジュンからは『人は見かけによらないわね♪』と茶化された。

元バトルレーサーであることからバトルマシン対策も得意であり、因縁のあるブロッケンGに対しては小型ディフューザーで後方の気流を乱すことでハンマーGクラッシュを、新素材を使用したボディの強度強化によりブロッケンファングをそれぞれ攻略している。

また、ブラックセイバーを複製して自分の舎弟達に渡し、ブラックセイバー軍団を結成している。こちらも黒沢の改心に伴い正統派レーサーへと転向しており、終盤ではプロトセイバー戦隊の半数を抑える活躍をした。バトルレーサーから正統派レーサーになってもきちんとついてきてくれる(しかも劇中では黒沢がブロッケンGのための改造で上位入賞が難しいと判断し「俺に構わず自分達のレースをしてくれ!」と言った際にも「黒沢君こそ、俺達に構わず自分のレースをしてくれよ!」と返されている)当たり彼の人望も確かなものと言えるだろう。


マシンの愛着

登場から最後までブラックセイバーのみで戦い抜いている。

再起不能なまでに粉々になって甦ったマシンでも、新技術を駆使して生み出されたマシンでも、新素材が採用されたマシンを目の前にしても、最新テクノロジーを採用したマシンが現れても、バトルマシンが相手でも 一途に一台のマシンに愛情を注ぎ込み、パーツを自作したり、工夫をこなし性能差を跳ね返して勝利をつかみ取るという好成績を収めた。

SFCソフト『POWER WGP2』では遂に愛車ブラックセイバーをグランプリマシンブラックセイバーGPへと改修、グランプリレーサーとして前を行っていた星馬兄弟たちにようやく追いつくこととなった。


余談


初登場時は、まこと同様フルネームが明かされていなかったため「ブラック黒沢」という名でEDテロップで紹介された(リングネームみたいだ・・・

「爆走兄弟レッツ&ゴー!!スペシャル ~ミニ四駆レーサー集合~」では【俺とブラックセイバー】という単体コーナーを持ち、自身と相棒が歩んだ歴史と自身の仲間であるブラックセイバー軍団のことも語っていく


関連タグ

爆走兄弟レッツ&ゴー!!
星馬烈 星馬豪 三国藤吉 近藤ゲン

pixivに投稿された作品 pixivで「黒沢太」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3058

コメント