ピクシブ百科事典

ビークスパイダー

びーくすぱいだー

ビークスパイダーとは、フルカウルミニ四駆の一種で爆走兄弟レッツ&ゴーのマシン。
目次[非表示]

概要

爆走兄弟レッツ&ゴー!!』に登場するフルカウルミニ四駆の一種で、大神博士が開発した三大バトルマシンの一つ。使用者は沖田カイ
名前の通り蜘蛛がモチーフとなっており、漆黒のボディにクモの巣を張り巡らせたようなデザインと矢尻のようなウイングが特徴。

ビークスパイダーを語る上で欠かせないのはボディフロントから発生する空気の刃
その切断力は金属だろうとスパスパ斬るレベルで、もはや走る凶器なんてレベルではない。

プロトセイバーJBブロッケンGと違い、相手の横を通るだけで破壊可能であるため、攻撃の為に減速する必要はなく、レイスティンガーみたいに特別な装備もいらないと、大神製マシンの中でも変わり種。うまく制御しないと味方も危険なあたりはV2ガンダム光の翼に近い。

しかし本当に恐ろしいのは、こんな凶器同然のマシンを小学生が使っている事と、カイの恐ろしい空気の刃を防ぐマシンキャッチャーグローブの謎技術だろう。

ただし空気の刃も何でも切り裂けるというわけではなく、劇中では鷹羽リョウのトライダガーXを真っ二つに切断したが、新素材ZMCを使用したネオトライダガーZMCには空気の刃が通用しなかった。
アニメでは一度、無印編でスピンコブラも空気の刃をはね返していた。当時のスピンコブラはF1マシンと同じ、カーボンとアルミハニカムの超薄型コンポジット素材で構成されている。万物を切り裂く魔法の刃という訳ではない模様。

WGP編では「サバンナソルジャーズ」のマシンであるBSゼブラの原型となり、ビークスパイダーもカイが代理でレースする際にグランプリマシンに改造され、GPチップも搭載された。

原作漫画の続編『Return Racers!!』でも登場するが、クラッシャージローにマシンを奪われてしまい、ビークスティンガーGの素材にされてしまう。
後部カウルや三段ウイングにビークスパイダーの面影が見られるが、空気の刃を生み出すフロントカウルがないのにも関わらず、空気の刃が使える。

カイと歩んだ戦の歴史(無印アニメ版)

  • デビュー戦で多くのマシンとブラックセイバー軍団のマシンを餌食にし、星馬兄弟のVマシンと黒沢太のブラックセイバーとレースを行う。
  • 藤吉が経営するゲームセンターにてフラワーアックススピンアックスとレースを行うも、スピンコブラが完成したことで逆転され敗北した。
  • サマーレースに参加し、前半戦では堂々の一位で通過。後半戦ではVソニックをリタイアさせ、Vマグナムを庇ったトライダガーXを大破させた(原作では最初からトライダガーXを狙っており 草レースで大破させた)。
  • ネオトライダガーZMCと工場跡にてレースを行い、ドラム缶を引き裂いて燃料を流出させ、引火させて焼き払おうとするも失敗し、逆にネオトライダガーを完成させてしまった。
  • SGJCのAセクションにて上位からスタートし2位を獲得したが、Bセクションでは上位入賞を果たせず、CセクションでネオトライダガーZMCとスピード勝負での一騎打ちを仕掛けるが、ブロッケンGのラフプレーにより大破してしまい、リタイア。


商品としてのビークスパイダー

1995年12月に発売。使用シャーシはスーパー1。
ボディはスピンアックスと非常に似通っており、フロントからカウルにかけてを覆うような形になっている。また、フロントガードが3パーツに分かれている点でも共通している。

ただスピンアックスと違いボディフロントのパーツがシャーシのフロントバンパーホールに引っ掛けるのではなく横から挟み込む形で固定するため、スーパー1改修型のスーパー2シャーシにも無改造でフロントガード含めてボディがちゃんと載る。
このため2014年7月にプレミアム化もされている。ちなみに、ワンロックギヤカバーはこの商品から標準で搭載されるようになった。

裏話

このビークスパイダーは、当時コロコロコミックで行われていた「フルカウルマシンデザインコンテスト」で最優秀賞を勝ち取った読者のイラストを原型にして誕生したフルカウルミニ四駆である。
読者デザインのマシンネームは『スカルバーエックス』というもので、デザインラインもスピンアックスよりになっている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ビークスパイダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 589

コメント