ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ミニ四駆を題材にしたスマホゲームで、2020年からサービスを開始した。開発はバンダイナムコエンターテインメント。監修はタミヤコロコロアニキ
ミニ四駆のスマホゲームとしては2作目。(1作目はミニ四駆ワールドランナー。2016年に終了)
ワールドランナーはレッツ&ゴーが題材だが、こちらはミニ四駆全体が題材。

大まかなストーリーとしては、最速のミニ四レーサーを目指すというもの。オンライン対戦も可能な他、漫画のキャラクター達と勝負することも可能。
マシンは初プレイの際、アバンテJr.エンペラーマグナムセイバーの3台の中から1台選べる。
リアリティを追求されており、本物のミニ四駆と同様に試行錯誤しながら速くしていく。

ボディ・シャーシも含む他のパーツはガシャで手に入れる。レベルの低いものであれば、ショップで手に入れることも可能だが、ラインナップは限られている。また、期間限定のガシャでしか手に入らないパーツもある(特にボディ・シャーシ類)。ちなみにパーツは実際にある・あったGUP。

ボディはもちろん、その他のパーツの改造も可能。ボディについては肉抜きやメッシュ、カラーリング変更も可能である。改造については、そのパーツのスロットの数だけ可能。パーツのレアリティが多いほど改造できる数も増える(最大で6つ)。レアリティはパーツの進化で増やすことも可能。

ウデマエ(プレイヤーのレベル)が上がると、出来る改造の種類が増える他、マシンを最大3台まで持つことが出来る。最大レベルは現在のところ50。

マシンの性能については、スピード・パワー・コーナー安定・スタミナ耐久・重さの5つに分けられる他、パーツそれぞれが持っている「スキル」も存在し、それらが走りに微妙に影響してくる。
詳しい性能は「マシン診断」でチェックできる。


レッツ&ゴーや四駆郎のキャラクターはどちらかというと、原作側の設定がなされている(アニメ準拠の部分も一応あるが)。


モード

  • マシンセッティング

基本中の基本。マシンをセッティング、改造を行う。これに関しては後述のレースのエントリー前でも一応、可能である。テスト走行もできる。

  • 超速グランプリ
公式レースさながらのオンライン対戦。1日に4回開催される。コースはシーズンによって変わる。
使用したいマシンをエントリーしておけば、自動でスタートをしてくる。レース結果は指定された時間以降に見ることが可能。自分が走った過去のレースを見ることもできる(ただし、30回前まで)


  • ミニ四ワールド
ミニ四駆漫画のレーサー達と戦えるモード。当初は全部で5ワールドだったが現在は7ワールド。レーサーに1度勝つと次に進める(ただし、一定のレベルクリアの際につくチャレンジスターと呼ばれる星が足りないと出現しない場所もある)。また、同じ場所のレーサーと何度も戦うことも可能で、そのレーサーのレベルも上がっていく(上限は20だが、ステージによってはそれ以上の場合も)。
また、一度勝ったレーサーとも、別の場所でもう一度戦うことも多い。
こちらとは別で期間限定のワールドもある。
このモードは「ガッツ」と呼ばれる、所謂「体力」を消費しないとレースに参加できない。ガッツ消費量はステージによって異なる。ガッツの回復は時間経過やアイテムで回復できる。


  • コースエディット
コースを自分で作ることができる。作ったコースはテスト走行で使うことも出来る他、オンライン対戦で使うことも可能。

  • 街角レース
オンライン対戦。大きく分けて2つある。
・みんなでミニ四駆
コースは用意されたコースの中から一つ選んでレースする。参加する場合は、4桁の番号を入力後、エントリーを済ませて完了となる。結果は時間経過で見れるようになる。最大5人まで(コースによっては3人の場合も)。

・エディットカップ
自分が作ったコースを使ってレースを開催できる。主催者自らが参加することも可能。参加者は最大9人まで。使用できるボディ・モーターの制限もできる。こちらは参加にはゲーム内の通貨・シルバーコインが必要。3位以内に入賞すればガシャで使えるチケットを入手可能。自由参加にすることもできる他、番号を指定して限られた者のみでレースも可能。


  • ショップ
ゲーム内のショップ。売っているものはパーツの他、改造で使うアイテムもある。課金アイテムは別のプレミアムショップで購入できる。
また、期間限定で特別なステージで手に入るメダルとアイテムを交換できる交換所もある。


  • ガシャ
パーツを手に入れることができるが、ガシャなので完全にランダム。ガシャを引くには、ゲーム内の通貨・スターコインを使うものの他、チケットが必要なものもある。
期間限定のガシャもあるので、そのガシャを逃すとそこでラインナップにあったパーツは手に入れることができない、という難点もある。


登場人物

ミニ四駆漫画作品から

ダッシュ!四駆郎

日ノ丸四駆郎
戸田弾九郎
南進駆郎
地味頁二
皇輪子
鬼道院陣
木尾桃太郎
砂布欽二郎
日ノ丸源駆郎
皇快男児

爆走兄弟レッツ&ゴー!!

星馬烈
星馬豪
鷹羽リョウ
三国藤吉
J
黒沢太
沖田カイ
近藤ゲン
土方レイ
シェン・ホワァン
こひろまこと
土屋博士
大神博士

ダッシュボーイ天

天下太平

風のレーサー狭

侠仁義
トム・ゴディ

ミニ四トップ

九堂突風


※…登場はするが、レーサーとして勝負はしない、若しくはイベントステージのみの勝負。

現在のところこれだけだが、他にも追加予定あり。ゲーム紹介ムービーではレッツ&ゴーシリーズ、四駆郎シリーズ以外の作品の参戦も予告されている。


オリジナルキャラクター

シャーシちゃん
4WD(よんく)妖精でナビゲーター。プレイヤー以外の者には見えていない。口調は関西弁混じり。対戦することもあり、その際の使用マシンはファイヤードラゴンJr.。モデルはVSシャーシで色はピンク。(実際にピンクのVSシャーシは存在する)

MCガッツ
レースの実況担当。彼のみボイスあり。

轟カイゾウ
ショップの店長。対決するステージもある。

しごとがえり
ガールズレーサー
少年レーサー
親子レーサー
エンジニア
ミニ四駆女子
ミニ四ワールドで戦う、一般レーサー。

星乃ローラ

星乃ローラ


マシン診断でマシンをチェックしてくれる。ミニ四ワールドで戦うこともある。現実でミニ四駆の医者というと、ミニ四ドクターがいるが、彼は登場しない。

ゲスト

期間限定ミッションで登場する。
パックマン…マシンは特別仕様のホーネットJr.。喋らず、テキストが「ワカワカ」となっている。
スチャダラパー…マシンは特別仕様のファイヤードラゴンJr.
棚橋弘至…マシンは特別仕様のホーネットJr.
徳井青空…マシンは特別仕様のマグナムセイバー。ちなみにWebラジオで星馬豪の息子・星馬翼を演じた。
かえひろみ…マシンは特別仕様のホットショットJr.。ちなみに実際の公式レースにも時々参加している。

登場マシン

2020年6月現在



随時追加される

関連タグ

ミニ四駆 レーサーミニ四駆 フルカウルミニ四駆 スーパーミニ四駆

関連記事

親記事

ミニ四駆 みによんく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「超速GP」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7238

コメント