ピクシブ百科事典

一文字烈矢

いちもんじれつや

『爆走兄弟レッツ&ゴー!!MAX』に登場する、もう一人の主人公
目次[非表示]

概要

年齢小学3年生
誕生日2月1日
血液型A型
身長115cm
体重23kg
趣味散歩
家族構成、母、
主な使用マシンシャドウブレイカーZ-3→ナックルブレイカー
CV日髙のり子


爆走兄弟レッツ&ゴー!!MAX』のもう一人の主人公ボルゾイスクールに通うバトルレーサー。
母は動物学者でアフリカで研究しながら生活を送っており、一度も名前が出てこない。親戚には「大前田俊夫」がいる。

元バトルレーサーで、ボルゾイスクールの中でもトップレベルの優等生だったが、第一回ボルゾイオープンをきっかけにボルゾイスクールを飛び出し、兄の豪樹がいるGEN製作所に居候することになる。

人物像

性格は一見クールだが天然ボケ気味。また、プライドが高い。
アニメ、原作ともにファザコンらしい描写がある(漫画だと昔は兄にべったりだった)。豪樹のことはアニメでは「兄貴」、原作では昔は「兄さん」だったが、後から「豪樹」と呼び捨て。
私生活はかなりの大食いで方向音痴、家事は壊滅的。機械もわからない(ミニ四駆は例外)。更に、かなりの世間知らず。
少々ツンデレ。DVD-BOXの話だと兄(一文字豪樹)次第で道を決める、1番の甘えキャラらしい。

マシン

シャドウブレイカーZ-3
最初に使っていたマシン。カラーリングが黒に炎パターンでトライダガーに近い。
登場当初はバトルマシンでプラズマによって攻撃する。直接プラズマで攻撃する他、アニメではプラズマを飛ばす「プラズマジェット」、プラズマをチャージさせ敵に体当たりする「スーパーノヴァアタック」などもある。スーパーノヴァアタックの状態だとボディが黄色とピンクに変わる。また、プラズマを利用して磁気的にダウンフォースを発生させることもできる。
アニメでは100台相手にした100台抜きを達成している。
バトルマシンではあるが、豪樹の走りを見た烈矢が変わっていくと段々やらなくなっていった(やられたらやり返すが)。
原作では草薙兄弟の対決の末、コースの仕掛けのドリルに当たって大破。アニメでは道連れにする形で草薙兄弟にアタックした結果、ファントムブレードと一緒に宙を舞い、ファントムブレードに真っ二つにされ、後ろ半分が溶岩に落ちてしまう。

ナックルブレイカー
正式にはナックルブレイカーZ-1で烈矢2代目のマシンだが、Z-2、Z-3より先に作られていた。
原作では父親の旧研究所で見つけた。昔、壊れて動かなかったのだが、豪樹と烈矢で直した。その後、Z-3を破壊された烈矢が草薙兄弟への復讐心で尖った石を使った簡易のバトルマシンを作ったが、本来の走りができず、あっさり負けてしまった。しかし昔、豪樹と共にこのマシンを諦めずに直したことを思い出し、正しい走りに目覚めた。ウイングから強力な風を発生させることが出来、草薙兄弟の2台でも近づけない程の風圧だった。
アニメでは烈矢は当初、Z-3を失った悲しみが大きく、組み立てようともせず、レーサーを辞めるつもりでいたが、山さんの助言や昔を思い出し、もう一度レーサーとして走る決意をし、組み立てた。フロントシャフトは、Z-3の物を使っている。カラーリングの際、松ひとしに「センスない」と言われたが、このカラーリングで通した。
走行しているとエアインテークが開いていき、マックスブレイカーとは違う空気の膜がマシン前方に現れる。この膜にも破壊効果はあるのだが、破壊行為には使わない。エアインテークが全開になるまで車体がかなり不安定になるのだが、全開になると空気の膜を突き破り、急激に加速する技、「ナックルストーム」が発動する。ただ、全開になるまでスピードが伸び悩むため、立ち上がり加速が悪い。終盤ではサイドカウルに空気取り入れ口を作ってある程度解消させた。
原作・アニメ共にこのマシンから、烈矢は完全にバトルレースから決別した。

関連タグ

爆走兄弟レッツ&ゴー!!MAX 一文字豪樹 大神マリナ ダークヒーロー

人物
石田三成:同じくナンバリング3作目のもう一人の主人公かつダークヒーローキャラクター。名字の頭文字名前の二文字目大将を尊敬している、主人公組織に反逆したことで彼と対立したなどの部分が共通するが、こちらは和解しない。奇しくも初代の主人公の一人烈矢の父と名前が同じ。

pixivに投稿された作品 pixivで「一文字烈矢」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51240

コメント