ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「表彰台は貰ったぁーーーっ!」

「完走したって事は、次チャンスがあるって事じゃねぇか。」


CV:うえだゆうじ(当時の名義は上田祐司


概要

爆走兄弟レッツ&ゴー!!MAX』のアニメオリジナルキャラクター。小学4年生の男子。

顔立ちは父譲り、毛髪色は母譲り。


川下模型店のチャンピオンレーサーで、愛車はビクトリーマグナムの改造マシン「ビクトリーチャンプ」。


後に一文字豪樹によってチャンピオンの座を奪われてしまったため彼から「元チャンピオン」と呼ばれたりそれと組み合わせて【元(もと)ひとし】という風に呼ばれたりしたことがある。


家族構成は、父と母と本人の三人。家業は銭湯【松の湯】。


活躍

レーサーとしての実力は豪樹、その弟の一文字烈矢、また大神マリナには及ばないが、【ミニ四駆への情熱】は本物。【不屈の根性】と合わせてレースを潜り抜ける。


作中では当初こそ、最下位近くを走っているためバトルレーサーに相手にされることなく完走するという展開によって難を逃れることが何度かあった。


豪樹がいない間に行われたGJCサマーレース東東京予選にて一位の烈矢、二位のマリナに次ぐ三位入賞をしたこともある。


M1予選レースでは、ボルゾイスクールのSランクのバトルレーサーの桜林アキラを退けて予選通過。【川下模型店レースチャンピオン】としての力量を見せ、決勝戦への出場切符を手に入れた。


M1決勝戦では、最下位ではあったものの完走を果たしミニ四ファイターと両親の心を感動させた。

更に、主催者であるネロ・ステラ・ボルゾイの「レースのあり方」に変化を与えた重要な役割を果たした。


マシンへの愛着

所有しているマシンは最後まで「ビクトリーチャンプ」一台のみ。

アップデートを繰り返したことで名称も「ビクトリーチャンプ」→「ネオビクトリーチャンプ」→「ネオネオビクトリーチャンプ」→「ニュービクトリーチャンプ」と変更はされているものの、進化した相棒や三男の魂を引き継いだ長男不死鳥の力を得た蠍凶悪な重力波の魔神が現れても臆することなく一途に相棒に愛情を注ぎ込み多くのレースを潜り抜け経験を積み、歴戦のミニ四レーサーとなった。


その件に関して、一文字兄弟の父親でもある一文字博士(一文字正宗)は、かなり高く評価。「彼のマシンが速く強い(からボルゾイスクールのレーサーに勝てている)」「豪樹や烈矢が速くなったのもひとしくんのおかげ」「一つのベースマシンに改良を重ね、毎日毎日走り続けたから、速くなって当然」とミナミに告げている。


声優について

演じる上田祐司氏は、ネロの祖父であるプロフェッサー・ボルゾイの部下(クレジット上では「黒服の男」と表記)も演じた。また、『爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP』ではルキノ・パルナーバを演じていた。


関連タグ

爆走兄弟レッツ&ゴー!!MAX

星馬豪:作中で量産化される前のビクトリーマグナムの持ち主。『MAX』にもわずかに登場するが、ひとしとの面識はなかった。演じる池澤春菜氏は『MAX』でマリナを演じてもいる。

黒沢太:一台のマシンに愛情を注ぎこみ、鍛え抜かれた技術力と経験を武器に最新型のマシンに臆することなく第一線で活躍した。演じた陶山章央氏は『MAX』ではベンガルを演じた。

こひろまこと:多くのレースを潜り抜けたことで鍛え抜かれた経験と技術力を武器に第一線で活躍した。演じたくまいもとこ氏は『MAX』ではひとしの取り巻きでもあるまなぶを演じた。

鷹羽二郎丸:リタイアがあっても相棒をアップデートさせて第一線で活躍した。演じる大谷育江氏は『MAX』でチャーリー・ヤマザキを演じてもいる。

関連記事

親記事

爆走兄弟レッツ&ゴー!!MAX ばくそうきょうだいれっつえんどごーまっくす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 605

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました