2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

皇快男児が作ったマシンで漢字表記は原始皇帝。ボディカラーは紫。レーサーはチームUの鬼堂院陣

皇がダッシュ軍団結成以前にホライゾンの能力を見様見真似で製作したエンペラーシリーズの1台であり、ダッシュ軍団が最初に戦った先代エンペラーでもある。

日ノ丸四駆郎エンペラーと同じく、カーボン製シャーシ、テフロン樹脂ギヤ、チタンシャフトを装備。独自の機構として、ブラックユニット(デフ機構)が搭載され、コーナリングもスムーズ。

車体色が紫色と言うこともあり。登場初期はフロントカウル部分に筆記体でDeep Purpleと書かれていたが(紛れもなく元ネタはコレ)、商品化にあたってPROTO EMPERORに変更されている。

主な活動記録

ミニ四駆全国大会地区予選の準決勝でジェット団相手にチームUは鬼堂院とプロトエンペラー1台で圧勝。

四駆郎の挑戦を受けて、小輪寺の地獄谷でエンペラーと対決。最終的には落雷でエンペラーが大破したことで勝ちを拾うも鬼堂院は事実上の負けは自身であることを認める。

地区予選決勝でスーパーエンペラーとの一騎打ちの末に敗退。

木尾桃太郎クリムゾンGとの列車レースにおいて、四駆郎が鬼堂院から借り受けて使用。最終的には桃太郎がタンクローを助けるほうを優先したために勝利。

量産型

鬼堂院のチームメイトにして、親衛隊とも呼べる黒鬼士軍団が使用するマシン。

監督の博がプロトエンペラーを元に作り上げたものでオリジナルのプロトエンペラー同様にブラックユニットも備えているがホライゾンの血統ではない。

加藤隼:ブラックファイター

U队黑鬼士3号


安藤礼:ブラックボンバー

U队黑鬼士2号


日向葵:ブラックチョッパー

U队黑鬼士1号


神崎操:ブラックアタッカー

U队黑鬼士4号



立体物

最初はボディのみの限定品で手に入れるのが困難であった。
これはボディを成形する金型に軟質樹脂を使用し、樹脂の経年劣化が激しいために少数しか生産出来なかったからである。本格的な金属製の金型が作られたのは09年版からと言われている。

2000年代に入って05年に限定品だがメモリアルボックスVol.5でのボディ同梱をきっかけに、 09年に初めてVSシャーシでキット化された(こちらも限定品)。その後13年にボディを流用してスーパー2シャーシへ載せ替えたプレミアム版が登場、現在では通常販売となった。
このため、走行モデルとしてはオリジナルのキットは存在しないが、プレミアム版は存在するという特殊な扱いとなっている。

「ダッシュ!四駆郎」単行本6巻(初版発行は89年12月)の巻末おまけ漫画で作者の徳田ザウルスは「読者の熱い思いにこたえて、キット化されるかもしれないのだ!!」と語っているが、ボディ単体ではなくキットとして発売されたのはそれから20年も経ってのことだった(しかも数量限定ではない一般販売になったのは、皮肉にも徳田氏がこの世を去ってからであった)。

ちなみに、プロトエンペラーの後継機であるプロトエンペラーZXはシャーシ付きの一般販売だったが、現在オリジナルは絶版な上にプレミアムも限定生産品ですでに完売しているため、プロトエンペラーは定価以下で入手できるが、ZXは入手困難という当時とは真逆の現象が発生してしまっている。

また、プロトエンペラープレミアムブラックスペシャルは何故かオリジナルのプレミアム版より100円安い。

余談

デフ機構を備えたブラックユニットに使われているボールデフは当時最新の高性能RCに採用されていた新機構。皇にそれを見抜かれた博は「ホライゾンの進化は新たな進化を迎えた」と喜々した表情を浮かべていた。

関連タグ

ダッシュ!四駆郎 ミニ四駆 鬼堂院陣
エンペラー(ミニ四駆)神聖皇帝-兄弟機

ポセイドンX:同じくボディ成型に軟質樹脂が使われ、少数生産しかされなかったスーパーミニ四駆期のプロトエンペラーポジションにあたる「幻のミニ四駆」。「ダッシュ!~」と違って原作がマイナーなため再販の望みは薄く、数量限定のプレミアム版すら出るのが絶望的な真の幻のミニ四駆でもある。

関連記事

親記事

鬼堂院陣 きどういんじん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 473

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました