ピクシブ百科事典

プレミアム(ミニ四駆)

ぷれみあむ

タミヤが発売する過去に発売されたミニ四駆のハイエンドモデルシリーズである。
目次[非表示]

概要

過去に発売されたミニ四駆モデルを最新鋭の技術を使って改良したハイエンドモデルの事。
オリジナル(当時)が税抜き600円だったのに対し、こちらは税抜き1000~1200円で展開される。
かつては手頃なオリジナル、ガチ勢・見た目重視用のプレミアムという棲み分けが出来ていたのだが、2015年の価格改定によりオリジナルの方も780円まで値上がりし値段の差が狭まってしまったため、現在ではよほどのことがない限りはプレミアムの方を買う方が推奨される。

オリジナルのマシンの中には事実上の絶版となっているナンバリングもあるため、現在ではプレミアムだけが原価で入手可能というケースもある(リアルミニ四駆全般、リバティーエンペラーなど)。

シューティングスターバーニング・サンのようにプレミアムの概念が登場する前にMSシャーシ用にリメイクされたモデルがあるためプレミアム化を見送られたものや、プロトエンペラーのようにプレミアム化されて初めて一般販売になったという例もある。

またオリジナルのシャーシの規格でないとボディが載せられず、後述のスーパー2、AR、FM-Aの規格が使用できないマシンもプレミアム化は見送られる又はスーパー2、AR、FM-Aの規格の為に金型改修を施したキットが発売される傾向が強い(スピンアックスネオトライダガーZMCブーメラン10など)。また、厳密にはARは『フルカウルの』スーパーTZマシンだけが規格に合うらしく、サンダーブーメランW10をはじめとするスーパーミニ四駆での採用はかなりの困難を極めているようだ。
かつてはその構造上ボディの強度に大いに問題のあったリアルミニ四駆のカテゴリーのマシンやフロントモーターのようなマイナーな駆動を持つマシンはそれだけでプレミアム化を見送られていたが、2016年にリアルミニ四駆のボディを走行モデル用に大胆に金型を改修したり、2017年に21年ぶりの最新鋭のFMシャーシFM-Aが誕生したりしたことでこれらのマシンのプレミアム化にも積極的になっている。

プレミアムは基本的には一般販売だが、人気が控えめな作品原作のマシンやマイナーチェンジ版マシンはミニ四駆特別企画(数量限定モデル)にされやすい。幸いその手のマシンが即座に売り切れることは稀ではあるものの、リバティーエンペラー(一次出荷時)のように限定品でも即座に完売するマシンも存在するので見つけ次第早めに確保しておいたほうが良い。

限定品のミニ四駆特別企画であってもプレミアムのシャーシは上級のポリカABSやカーボンファイバー配合ナイロン樹脂などの強化素材は使われず、一般販売の車種と同様のABS素材で発売されている。
これは仮に上述の強化素材をシャーシに使ってしまうと強化シャーシだけを目当てにガチレーサーが大量に買いあさって積むことで商品が欲しい人に行き渡らなくなってしまうためだと思われる(スピンバイパーパールブルースペシャルやレイザーギルスーパーXXスペシャルが顕著な例)。こういった行為は転売厨を刺激する結果にも結びついてしまい、さらなる悪循環を生み出してしまっている。
強化素材を使用したシャーシの買い漁りは今後のミニ四駆業界でも深刻な課題だと言えるだろう。

オリジナルとの違い

まずシャーシを最新鋭の同規格のものに変更。TYPE-1~スーパー1専用のマシンはスーパー2に、スーパーTZ専用はARに、スーパーFM専用はFM-Aに載せ替えられて販売される。かつては別売りだった超速ギヤも当然このシリーズでは大半がデフォルトで付属している。
基本的にこの3つのシャーシがメインだが、例外としてスーパードラゴン、サンダードラゴン、セイントドラゴン、ファイヤードラゴンの4台はVSシャーシへ載せ替えられてプレミアム化されている。
なお、シャーシ本体の素材はほとんどが単なるABS樹脂製だが、マシンによってはそれ以上に剛性を高めた混合素材製になっていたりする(後述のプレミアム一覧の備考を参照)。

ボディの素材もABS樹脂製の剛性の強いものに変更される(AR及びFMAのマシンとファイヤードラゴン)。基本金型はオリジナルそのままだが、規格に応じてプレミアム用に修正が加えられることもある。

そしてステッカーも紙製のものから、メタリック調のホイルシールとなった。シールで再現されるマシンの模様も原作準拠の細かいデザインに変えられる事が多い。ほとんどのモデルがオリジナルよりもシール補完可能な箇所が追加されており、ボディの部分塗装をする必要がほぼなくなっている。

ちなみに第二次ミニ四駆ブーム世代には馴染みのないノーマルモーターもデフォルトで付属している(この世代に発売されたミニ四駆はモーターが別売)。そのため、「(ノーマル)モーターいらないからその分の値段を安くしてくれ」と思う世代も少なからずいたりする。

またプレミアム版の多くはシャーシ本体やAパーツに通常とは異なる色の樹脂で成形されたものが使用されていたり、上述通り一部マシンはシャーシ本体そのものが通常のABS樹脂より剛性の高い素材だったりするため、そのマシンに興味がなくてもパーツ取りのためだけにプレミアムが買われることもしばしば。

最近では素体がスーパーXのマシンもハイエンドモデル化されているが、こちらはシャーシをスーパーXXに変えたスーパーXXスペシャル名義でありプレミアムの名前はついていない。

プレミアム一覧

※オリジナル(プレミアム前)
TYPE-1~5シャーシ…T1~T5 ZEROシャーシ…ゼロ リアルミニ四駆…リアル
スーパー1シャーシ…S1 スーパーFMシャーシ…SFM スーパーTZシャーシ…STZ

※プレミアム後
VSシャーシ…VS スーパー2シャーシ…S2 ARシャーシ…AR FM-Aシャーシ…FMA

一般販売

原作なし

マシン名シャーシオリジナル備考
スーパードラゴンVST1オリジナルのマシンはスーパードラゴンJr.だが、プレミアム版ではなぜか省略されている
サンダードラゴンVST1オリジナルのマシンはサンダードラゴンJr.だが、プレミアム版ではなぜか省略されている
セイントドラゴンVST1オリジナルのマシンはセイントドラゴンJr.だが、プレミアム版ではなぜか省略されている
ファイヤードラゴンVST1オリジナルのマシンはファイヤードラゴンJr.だが、プレミアム版ではなぜか省略されている

ダッシュ!四駆郎

マシン名シャーシオリジナル備考
ダッシュ1号 皇帝(エンペラー)S2T1→T3MSシャーシ版も一般販売されている。このマシン以降の番号からボディの規格に合うマシンのみワンロックギヤカバーが採用されている
ダッシュ01号 超皇帝(スーパーエンペラー)S2T3MSシャーシ版も一般販売されている
ダッシュ0号 地平(ホライゾン)S2ゼロ
ダッシュX1 原始皇帝(プロトエンペラー)S2-元々ボディ限定販売だった幻のマシン
ダッシュ001号 大帝(グレートエンペラー)S2ゼロ

爆走兄弟レッツ&ゴー!!

マシン名シャーシオリジナル備考
マグナムセイバーS2S1シャーシ本体(黒)はポリカABS樹脂製
ソニックセイバーS2S1シャーシ本体(黒)はポリカABS樹脂製
トライダガーXS2S1シャーシ本体(赤)はポリカABS樹脂製
ビクトリーマグナムS2S1シャーシ本体はカーボンファイバー配合ナイロン樹脂製
バンガードソニックS2S1シャーシ本体はカーボンファイバー配合ナイロン樹脂製
ビークスパイダーS2S1
ブロッケンギガントFMASFM
レイスティンガーS2S1S2専用のサイドガードが付属
サイクロンマグナムARSTZ
ハリケーンソニックARSTZ
スピンコブラS2リアルプレミアム用にボディのボンネット部分が一体化された。シャーシ本体(白)はポリカABS樹脂製。フルカウルでは珍しく超速ギアが付いていないので注意
プロトセイバーEVO.ARリアルプレミアム用にボディのキャノピー及び周辺メカ部分が一体化された。ボディはMAシャーシにも無改造で載せ替え可能
シャイニングスコーピオンS2S1S2専用のサイドガードが付属
ディオスパーダARSTZ
ベルクカイザーS2S1S2専用のサイドガードが付属
ガンブラスターXTOFMASFM一応オリジナルのボディでも載せられるが、プレミアムのものはフロントフック周辺の金型が改修されている
ビートマグナムARSTZ
バスターソニックARSTZ

ミニ四駆特別企画(数量限定発売)

原作なし

マシン名シャーシオリジナル備考
サニーシャトルART3トラッキンミニ四駆では珍しいプレミアム版
ジョリージョーカーART3

ダッシュ!四駆郎

マシン名シャーシオリジナル備考
ダッシュ4号 弾丸(キャノンボール)S2T1→T3
ダッシュ5号 D.D.(ダンシングドール)S2T1→T3
プロトエンペラーZXS2ゼロ
プロトエンペラー ブラックスペシャルS2-オリジナルにはなかったラインナップ。何故か通常のプロトエンペラープレミアムよりも安い

真・ダッシュ!四駆郎

マシン名シャーシオリジナル備考
ダッシュCB01 大地皇帝(ジオエンペラー)S2T5TYPE-5シャーシのマシンでは唯一のプレミアム化

風のレーサー侠

マシン名シャーシオリジナル備考
自由皇帝(リバティーエンペラー)S2S1
リバティーエンペラー ブラックスペシャルS2S1オリジナルは元の自由皇帝とほぼ共通のオレンジ主体の模様だったがプレミアムではピンクに変更されている
ビッグ・バン・ゴーストS2S1

ダッシュボーイ天

マシン名シャーシオリジナル備考
アストロブーメラン ブラックスペシャルS2S1オリジナルにはなかったラインナップ。唯一原典カラーではなく色替えモデルで先にプレミアム化されたマシン

爆走兄弟レッツ&ゴー!!

マシン名シャーシオリジナル備考
シャイニングスコーピオン レッドバージョンS2S1ボディはパールカラー
シャイニングスコーピオン ピンクバージョンS2S1ボディはパールカラー
シャイニングスコーピオン バイオレットバージョンS2S1ボディはパールカラー
ファイターマグナムVFXS2S1ワンロックギヤカバーに初めてスモークを採用
ブラックセイバーS2S1プレミアムではAパーツに初めてスモークを採用
ブロッケンギガント ブラックプレミアムFMASFM既存のブラックスペシャルの正式なプレミアム版だが商品名はブラックプレミアムである

関連タグ

レーサーミニ四駆 スーパーミニ四駆 フルカウルミニ四駆 リアルミニ四駆

関連記事

親記事

ミニ四駆 みによんく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「プレミアム(ミニ四駆)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 332

コメント