ピクシブ百科事典

岡崎京子

おかざききょうこ

日本の漫画家。1990年代にカリスマ的人気を誇ったが、交通事故の後遺症により現在も執筆休止状態が続いている。
目次[非表示]

概要

東京都世田谷区出身の漫画家。1963年12月13日生まれ。
1983年に『漫画ブリッコ』でデビュー。
1980年代後半~1990年代半ばにかけて、サブカル誌・漫画誌・ファッション誌などに多くの作品を発表。独特の奔放な描線と、時代をクールに抉る作風から、漫画ファンのみならず、幅広い層から支持を受け、カリスマ的な人気を博した。

代表作に『pink』『ジオラマボーイ パノラマガール』『くちびるから散弾銃』『東京ガールズブラボー』『リバーズ・エッジ』『エンド・オブ・ザ・ワールド』など多数。

しかしながら、代表作のひとつである『ヘルタースケルター』の連載が一段落した1996年(平成8年)5月、自宅前で交通事故(轢き逃げ)に遭遇し、意識不明の重体に陥る。
一命はとりとめたものの、執筆活動の再開が不可能なほどの重い後遺障害が残ることとなり、作家生活の絶頂で作家生命を絶たれた。現在も休業状態が続いている。

なお『へルタースケルター』の映画化にOKを出した理由として、実弟が以下のコメントを発表している。
「新しい作品が描けない今、自分の作品に新たな命が吹き込まれる事に興味がある。」

岡崎京子さんについて。



活動休止を余儀なくされて20年以上が経過した現在も、個展「戦場のガールズ・ライフ」が開催されるなど評価は衰えず、各界から回復と再起が望まれている。

王子様「小沢健二」

岡崎京子を語る上で外せないのが、親交の深かった小沢健二との関係である。
1990年代からフリッパーズ・ギターと対談を行ったり、一緒に遊びに行ったり、小沢の曲のフレーズを作中に用いるなどしていた。
岡崎は小沢について「理想王子様」と語っている。

岡崎の事故発覚後は、小沢は即病院へ駆けつけ、面会謝絶のところを「親族だから」と言って集中治療室にまで入ろうとした。岡崎のもとへ駆けつけた理由を、同行したよしもとばななに「僕は彼女の王子様だから」と語っている。

2017年には小沢が実写版リバーズ・エッジ』の主題歌「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」を書き下ろし、試写には2人で訪れている。

関連タグ

漫画家
安野モヨコ(岡崎のアシスタントだった)

pixivに投稿された作品 pixivで「岡崎京子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8162

コメント