ピクシブ百科事典

メタラス

めたらす

メタラスとは、特撮作品「電光超人グリッドマン」に登場する怪獣である。本稿では強化形態のネオメタラスについても解説する。
目次[非表示]

データ

身長72m
体重10万トン
別名鋼鉄怪獣
出現地レジ管理システムのコンピューターワールド


概要

第11話「おこづかいは十万円」に登場。
親の愛情に飢えながら両親からは仕送りだけしか貰えない藤堂武史が腹いせに金で人間を翻弄してやろうと考えて生み出した怪獣(直接顔を合わせる機会がなく、会えたら会えたで自分には命令しかしないという冷え切った家庭環境に多感な中学生が置かれれば愛情に飢えることを始め精神的に参ってしまうのは仕方がないと言える)。

体は鋼鉄で覆われており、腹部の発光体からバリアを発生させて光線を跳ね返す。また、右腕のハサミと左腕の鎌を使用した格闘戦も得意としている。

桜ヶ丘商店街のレジ管理システムに送りまれ、商店街のレジスターのシステムを一括管理するマシンの内部に侵入し、そのプログラムを書き換えてプリペイドカードの残高認識機能を改変、それらの残高を一気に10万円分にまで増やし、もし使い切ってしまったらレジの起爆装置が作動して多少の猶予の後に大爆発するという「恐怖の買い物ゲーム」を画策した。
実際にレジ一台が爆弾になったが、小金村巡査の活躍によって人気のない場所で爆破され犠牲者は出さずに済むことになる。

グリッドマンの連続パンチにも耐えきるほどの防御力を見せ、格闘戦とバリアでグリッドマンを苦しめたが、ゴッドタンクのゴッドキャノン連射でダメージを受け、バリア発生器官を破壊された所をグリッドビームを浴びて消滅した。

尚、直人の弟の大地は例のプリペイドカードで豪遊し、10万円を使い切ってはレジが爆弾化するがカウントがゼロになる寸前でグリッドマンがレジの管理システム修復した事でレジの爆破は阻止されたものの、不正カードによる支払いは不成立になった事で翔家に大地がカードを使用した店の店員達から総額約10万の支払いを直接請求され、大地は母親から大目玉を食らう事になった。(ナレーターからも「流石のグリッドマンも今度ばかりは太刀打ちできないだろう」と言われる始末。)
大地以外にも例のカードで豪遊した人間は多いので同様の事が起こっていると考えられる為、ある意味では人間の財布にとってはやはり爆弾になったともいえ、予定とは違うが武史の目的は達成していたと言えるかもしれない。

超鋼鉄怪獣ネオメタラス

身長74m
体重11万トン
出現地ショベルカーのコンピューターワールド


第22話「復活!恐竜帝王」に登場。
桜ヶ丘丘陵から発見された「ニホンティラノサウルス」の化石のニュースを見たカーンデジファーが、「自分以外に帝王がいるなど許せるものか!」と激怒し(お前は魔王じゃなかったのか)、かつ自分の怪獣の方が凄いと豪語する武史が生み出した。

全身が「デジニウム合金」という派手な色の金属でコーティングされており、口からは怪光を発射する。また、バリア能力がオミットされた代わりに発光体からメタラスビームという光線を発射できるようになった。相変わらず接近戦に長けて軽快に動き、回転蹴りも繰り出す。

完成後、発掘現場のコンピューター制御のショベルカーに潜入し、それの制御プログラムを狂わせて暴走させて化石を破壊しようとした。

戦闘ではグリッドマンが直人を発掘現場から呼び寄せる為にエネルギーを使い切っていた為苦戦させるが、一平がティラノサウルスのデータから完成させた新アシストウェポンダイナドラゴンが送り込まれると2対1の戦いになり、最後はバリアが無くなったことが災いしてか最後はグリッドビームで倒され、化石も寸前のところで何とか破壊を免れた

後に雑誌展開『電光超人グリッドマン魔王の逆襲』にてカーンデジファーの弟ネオカーンデジファーによって現実世界に出現。体のコンピューターの基盤状の模様がより増えた姿となった。

余談

  • 当時はシノビラーと並んで子供人気が高かった怪獣。
  • 時折バルタン星人のようなポーズで嘲笑うような仕草をする。たが、ネオメタラスになるとやらなくなった。
  • 22話は上記の大人気なく憤慨するデジファーの他放映当時マイアサウラも知られていたにも関わらずティラノサウルスの強大さを語ってロマンチストを自称する直人など、恐竜型のダイナドラゴンの宣伝が見て取れる。
  • デザイン段階では黒い体のダークメタラスになる予定だった。また巨大カーンデジファーのボディに再流用される予定があった。


関連タグ

電光超人グリッドマン グリッドマン怪獣 鋼鉄

pixivに投稿された作品 pixivで「メタラス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3378

コメント