ピクシブ百科事典

ナヴィガーレ

なゔぃがーれ

小説『ウルトラマンデュアル』に登場するサイケデリックなオレンジ色をした波乗りのウルトラ戦士。
目次[非表示]

概要

オンドールの思わぬ反撃に遭い絶体絶命のピンチに陥ったデュアルⅡの前に突如として降臨した新たなるウルトラ戦士

押し絵が無い為、具体的な姿は分からないがサイケデリックなオレンジ色の体をしているとされ、足元から彗星の尾の様な物を出しながらスケートサーフィンをするようにうまくバランスを取りながら空中を総べるように移動する事ができる。なお、カラータイマーの役割を担うエネルギー残量を表示するリングを腕に身に付けている。

その正体はウルトラ警備隊の一員ではなく、ヴェンダリスタ星人の母星近くに存在する『盛衰司る第3飛天』の恒星系に唯一生物が存在する“左道に生きる6番星”出身の宇宙人であり、嘗てヴェンダリスタ星人の侵略を受けた際にティアズ・スタンドに在籍する地球人たちと同じく“ウルトラオペレーション”を受けウルトラ戦士になった。

嘗て彼の住んでいた母星は、丁度ヴェンダリスタ星人たちにとって駅チカの様な立地条件にあった為、彼らの侵略拠点の最重要地域として侵略され彼らの策略により暴走した“ウルトラオペレーション”を受けた戦士たちと同胞たちによる“同士討ち”により滅ぼされた過去を持ち、地球へとやって来たのも母性のただ一人の生き残りとして彼らに復讐する為に地球へとやって来たというのが真相である。

そのような過去からヴェンダリスタ星人たちのやり口に精通している為、その対策方法を熟知しており、対ヴェンダリスタ星人用と思われる特殊能力を持ち合わせている。

また、過去に数々の激戦を潜り抜けただけあり、まだまだ実力不足のデュアルⅡよりも遥かに高い実力を持つが、“盛衰司る第3飛天”の恒星から降り注ぐ特殊の粒子には弱いという弱点を持つ。

地球上での明確な活動時間は不明だが、最終決戦においてうるとヴェンダリスタ星人キップに弱点の粒子を浴びせられ瀕死の重傷を負った際に光矢と命を交換して一体化。

ヴェンダリスタ星人ラトの策略により、人々の負の感情エネルギーを受け黒い姿のウルトラマンと化し暴走するデュアルⅡと対戦し、無事に正気を取り戻させることに成功した。
なお、この事は過去の苦い経験から無事にデュアルⅡを正気に戻せたことを大変喜んでいた。

ちなみにナヴィガーレは飛び地側の呼称であり、地球ではデュアルの“シラヌイ”という呼び方に倣って“ウンリュウ”と呼ばれており、本名は不明となっている。

主な能力

  • ヴェンダリスタ星人の精神体を宿体に閉じ込める光線(名称不明)

渦巻き状の光線を発射し、ヴェンダリスタ星人が取りついている生物を青白い光のドームで覆う事で聖人の精神体を文字通り宿体としている生物に閉じ込めてしまう。

  • エネルギー譲渡能力(仮称)
対スイドン戦で見せた能力。霧島の搭乗する“シルヴァン”を光の弾丸へと変え、強力な破壊弾へと変える事で、霧島の決死の特攻攻撃でスイドンを木端微塵に吹き飛ばした。

このほか、光矢と一体化した後は合気道を使ってデュアルⅡの攻撃を受け流すなどの戦法を披露している。

関連項目

ウルトラマンデュアル ヴェンダリスタ星人 ウルトラ戦士

ウルトラマンレオ ウルトラマンヒカリ→同じく復讐を目的に地球へとやって来たウルトラ戦士かんれんで。

コメント