ピクシブ百科事典

ブリッジ(ウルトラマンデュアル)

かけはしのせんし

ブリッジとは、聖職者とウルトラ戦士の架け橋になってほしいという願いがこめられ名付けられたウルトラセイントティアの生き別れの兄の名称である。

概要

ウルトラセイントティアの生き別れの
ナヴィガーレと同じく押し絵が存在しない為、どのような姿をしているのか分からないが、文章によると身体が金色をしており、トサカのような部分が迫り出しているらしい(イメージ的にはおそらくグリッターデュアル、或いは成田亨がデザインしたウルトラマングレートのボツデザインバージョンをデュアルぽくリファインしたような感じだと思われる)。

彼も本来は聖職者の一族に当たるが、ティアの両親が自分たち聖職者とウルトラ戦士両者を繋ぐ“架け橋”になってほしいという願いを込めブリッジと名付け宇宙警備隊へ引き取られ育てられたという過去を持つ。ちなみに宇宙警備隊では“切り札”と名付けられている。

その実力は凄まじく警備隊の中でもエース級の実力を身に付けており、物語の終盤、からの救援信号を受けて居ても立っても居られずに仲間よりも先に単独でやって来たのにも係わらずにデュアルと協力しているとはいえ、簡単にヴェンダリスタ星人宇宙船のバリアを突破して内部に侵入するなどの活躍を見せていた。

なお、彼の能力についての詳しい詳細は不明だが、文章内容からメタリウムエネルギーを使用した能力が使用可能であると思われる。

関連項目

ウルトラマンデュアル ウルトラセイントティア ウルトラ戦士

コメント