ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

ゾフィーウルトラマンヒカリウルトラマンメロスにある銀色のブツブツしたアレのこと(デザイン上の意図も含むと、ウルトラの父のマントに付けられたボタン状の装飾も該当する)。


ウルトラの星に多大な貢献をした者に対して送られる最高の名誉勲章であり、ゾフィーは光の国に攻めこんできた怪獣宇宙人たちとの戦いの武功(原作とはパラレル漫画ウルトラマンSTORY0』では、最終回にて星間連合討伐の功績が認められウルトラの父から授けられたとされた)、ヒカリはの固形化技術開発による死者蘇生術発明を賞され、授与された。メロスについては不明。

これを持っているのはウルトラの星の総人口180億人の中でも数人しかいないため、凄まじい権威があるということであり、(ウルトラ兄弟の協力があったとはいえ)暗黒四天王エンペラ星人を倒したメビウスやウルトラ大戦争の英雄であるウルトラの父でさえこれを持っていない。


なお、ウルトラの星の住民でなければ貰うことができないという訳ではないらしく、『ウルトラファイトオーブ』では、オーブレイバトス撃退の功績を認められ、ゾフィーから「今回の君の働き

にはスターマーク勲章を与えても良いくらいだ」と言われる一幕があった。当の本人は「自分には流れ者の方が性に合っている」としてゼロからの宇宙警備隊への入隊の誘いも含めて辞退している。

(ゲーム限定版形態であるブレスターナイトにはスターマークの意匠があるので、そもそもスターマークを後付けで設定する必要がなかったのだろう)


また『大いなる陰謀』での描写からベリアルがまだアーリースタイルだった頃から存在する勲章である様子。


なお、スターマーク関連の設定は昭和期ではイマイチ統一されていなかったらしく、『ウルトラマンタロウ』第25話の回想では少年期のゾフィーの胸にスターマークが確認できる。

一方で、肩にはウルトラブレスターが設定通りに存在しないというわけのわからない状態になっている。


余談編集

pixivでは基本ゾフィーとヒカリ2人のイラストにつけられることが多い。


ゾフィーのについているブツブツはスターマークではなく宇宙警備隊隊長の証である「ウルトラブレスター」というもの。従ってヒカリとメロスにウルトラブレスターはない。

また、ウルトラの母髪の毛みたいな部分も「銀十字勲章」と呼ばれる勲章であり、エンペラ星人襲撃の際に市民を救出した功績が認められ授与されたものである。


また、ゾフィーのスターマークの色は年代によって異なっており、新世紀ウルトラマン伝説などに出演した時期では眩いシルバー、ウルトラマンメビウス以降の世代では体のシルバー部分と同じ色合いに落ち着いている。前者の方が勲章らしさは出ている…のかもしれない。


ウルトラの父のマントにあるボタン状の装飾は、ウルフェスで子供達から「ウルトラの父にはスターマークがついてないのか」との質問があったことから付けられたものだが、劇中設定でスターマークと解釈された様子は今のところ全くない。仮に劇中設定として扱われた場合、ウルトラの母のマントや、ユリアンのプリンセスマントにも同様のボタン状装飾があるが、これもスターマーク扱いになるのかどうかは完全に未知数である。


関連項目編集

ウルトラシリーズ ウルトラの星 光の国 ウルトラマンメビウス


ブレスターナイト:上記のゾフィーとヒカリの力で完成するためスターマークを持つ。映像作品には登場しないため、今後の展開ではスターマークの授与を兼ねたパワーアップ形態として扱われる可能性がある。

ナイトリキデイター:こちらもヒカリの力が使われているためスターマークを持つ。

関連記事

親記事

ウルトラの星 うるとらのほし

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 215534

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました