ピクシブ百科事典

メガビョーゲン

めがびょーげん

アニメ「ヒーリングっど♥プリキュア」の敵、ビョーゲンズが操る怪物。
目次[非表示]

CV:後藤光佑

概要

ヒーリングっど♥プリキュアの敵・ビョーゲンズが操る巨大怪物。
幹部による「進化しろ、ナノビョーゲン」の台詞とともに悪の妖精・ナノビョーゲンが自然界の妖精エレメントさんに憑依し、周りの自然や器物もろとも取り込んで怪物化した姿。基本的に「メガ!」「メガビョーゲン!」としか喋らないが、個体によっては寄生対象を連想させる単語も発する。

プリキュアと戦う為の戦闘能力を有してはいるが、メガビョーゲンの本来の目的は地球を蝕む事である。
全てのメガビョーゲンの個体は、口から光線を発射する事が可能で、それが命中したものは自然物であれ人工物であれ「蝕まれた」状態となる。
「蝕まれた」ものは赤黒いもやのようなものに包まれてしまい、そのもやがビョーゲンズ達にとって、快適な環境を生み出す。しかし逆に地球の生命にとっては有害であり、そのもやの中では生命の活力は徐々に失われていく。プリキュアの力も阻害してしまうようで、第6話ではキュアグレースがもやが湧き出る地面に足を踏み入れた瞬間、ぬかるみに足が取られたかのように動きにくくなっていた。
益子道男のインタビューで会話に応じようとする態度を見せる等、独自の判断を行うだけの知性はある模様。

メガビョーゲンが出現し周囲を暴れ回ると、ラテの体力が急激に衰弱してしまい(出現場所はラテに聴診器を当てる事で、ラテが教えてくれる)、倒すにはプリキュアとヒーリングアニマルが一体となって繰り出す浄化技で、内部に犯されたエレメントさんを摘出させるしか方法が無い。浄化技とメガビョーゲン化したエレメントさんの属性は関係はなく通用する模様。

メガビョーゲンは生み出された瞬間から、素体となったエレメントさんの力を吸い取って成長していく。時間経過と共にサイズも戦闘力も増大していき、プリキュア側はメガビョーゲンの出現を感知したら、すぐさま対応しないと手の施し用の無い厄介な難敵と化す危険性がある。
更に、一定まで育ったメガビョーゲンは自立歩行する種を吐き出し、他の生物に寄生して新たな禍の火種(幹部級怪人を生み出す、変異した強化メガビョーゲンが生まれる等)を生む事になる。このあたりはまさに現実の病原体の振る舞いそのものである。

プリキュア達に浄化を受けた後は、安らかな顔で「ヒーリングッバーイ」と言って消滅する。
浄化によって、メガビョーゲンに囚われていたエレメントさんが解放されると、メガビョーゲンに蝕まれた環境も瞬時に元に戻る。
但し、蝕まれた環境が元に戻るのはメガビョーゲンを浄化した結果ではなく、解放されたエレメントさんの力によるものだと言う事は理解しておくべき。
もしもエレメントさんの力がメガビョーゲンに全て吸い尽くされた場合、それは寄生されたエレメントさんの死を意味する。エレメントさんが死んでしまうとメガビョーゲンを浄化しても蝕まれた土地は二度と元に戻らず、死の大地と化す
また、エレメントさんが死ぬ前に救出できたとしても、既にメガビョーゲンによって力の大半を吸い取られていた場合、蝕まれた環境は瞬時には戻らずに長い時間を掛けないと回復しない。あたかもリハビリに時間がかかるかの如くである。

何れにせよ、メガビョーゲンとの戦闘はあらゆる意味で時間との戦いと言っても過言では無く、平成のシリーズと比べても類を見ない程に切迫した物であると言えよう(特に第10話及び第11話の様子は、まるで同じ脚本家が関わった作品これの初登場回を連想させた……と言うか、件のモノも同じ第10話及び第11話であり、意図的に狙っていたと思われる)。

ちなみに名前の“メガ”とは百万倍を表す単位である。

ナノビョーゲン

ダルイゼン


メガビョーゲンの素体となる悪の妖精。上記イラストの右側にいる羽虫のような生物がナノビョーゲンである。
恐らく、ビョーゲンズ達の本拠地である異世界「ビョーゲンキングダム」に巣食う妖精だと推測される。
角のような突起がある顔に、蝙蝠のような羽が生えた小さな姿をしているが、幹部に呼び出された後にエレメントさんに憑依して、周囲にあるものを取り込み巨大なメガビョーゲンへと進化する特性を持つ。
ちなみに名前の“ナノ”とは十億分の一を表す単位である。
ただし、ナノビョーゲンの大きさは指でつまめるくらいには大きい(エレメントさんと同程度)

各話のメガビョーゲン

召喚者によって以下のように付け狙うものが分かれている傾向にある。

  • ダルイゼンは花畑など地上の生物
  • シンドイーネは水道など水周り
  • グアイワルは自然物のみならず光や空気及び人工物
但し必ずしも上記の通りではなく例外はある。例えば7話ではグアイワルが雨粒、8話ではダルイゼンが氷、9話ではシンドイーネが宝石をそれぞれ狙った。

登場話モチーフ召喚者エレメント
1ダルイゼン花のエレメント
2大きな木木のエレメント
3温かいお水(ボイラー)シンドイーネ水のエレメント
4婦人服グアイワル光のエレメント
5タコシンドイーネ泡のエレメント
6ダルイゼン実りのエレメント
7グアイワル雨のエレメント
8クーラーボックスダルイゼン氷のエレメント
9指輪シンドイーネ宝石のエレメント
10坩堝に入れた状態のガラスグアイワル光のエレメント
10~11水の巨人シンドイーネ水のエレメント
10~11黄色い花ダルイゼン花のエレメント
12ショベルカーバテテモーダ宝石のエレメント

余談

ナノビョーゲンを召喚する際、幹部によって髪の毛を弄る、投げキッスをする、ポージングを決める等の動作を行うが、これは衛生的な観点ではウイルスの感染経路を増やす行為に見える。

  • 髪の毛を弄る(ダルイゼン)=頭皮のフケや抜け毛等を飛散
  • 投げキッス(シンドイーネ)=エアロゾル感染及び、乾いた唾液の飛散
  • ポージング(グアイワル)=汚れた汗や皮脂等の拡散

関連タグ

ヒーリングっど♥プリキュア ビョーゲンズ
プリキュアの敵一覧

ノットリガー巨大ノットレイ ← メガビョーゲン → ???

プリキュア内

ウザイナー… 同じく、自然界に生息する妖精に憑依して作り上げるプリキュアの怪物。

他作品の類似キャラクター

眼魔アサルト…ナノビョーゲンと同じように物体を取り込んで変貌するニチアサ繋がりの怪物。

バグスターウイルス…病原菌が人間に憑依して誕生するニチアサの怪物繋がり。憑依した者は体力が急激に衰弱してしまい、最終的には消滅していしまうのも共通である。

蛮機獣…人間界を汚染するニチアサの怪物繋がり。幹部によって怪物の属性が異なることも共通している。(ついでに紅一点の担当が水属性なのも共通している)

バーサーカー(帝都聖杯奇譚):装備させられている『甲型英霊拘束具』の性質が、「周辺土壌の魔力・霊力を根こそぎ奪って装着者の力に変換する=最終的に土壌を死滅させると、メガビョーゲン染みたものになっている。尚、時期的にはバーサーカーの方が早い。

関連記事

親記事

ビョーゲンズ びょーげんず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メガビョーゲン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45461

コメント