2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

概要

ヒーリングっど♥プリキュア』第14話、すこやか市で開かれた、すこやかフェスティバルで販売された食べ物。すこやか市の名物でもある。

ひなたは訳して「すこまん」と呼んでいる。

大声コンテストの商品はすこやかまんじゅうであり、のどかの「わたしすっごく…生きてるって感じ~!」と叫んで優勝。賞品のすこやかまんじゅう100個を手に入れた。

ヒープリ14話
元気発見!



第22話では、半透明となった風鈴アスミは周りに包まれている紙の存在を知らずそのまま食べようとしていた。
味のほうは「甘くておいしい」と絶賛し、精霊少女でも口に合う食べ物だった。アスミは意外と甘い物が好きだった。

第37話では、アスミが饅頭屋のアルバイトで販売していた。(居候という立場故か、花寺家生活費を入れるためと考えられる)

はたらくアスミちゃん!!
すこまん大好きアスミさん



関連タグ

ヒーリングっど♥プリキュア  すこやか市

ほむまん︰アスミの中の人共通で出ている作品に登場する饅頭つながり。当然、そのキャラクターは好物としている。













































ネタバレ注意












































最終回ではのどか達がヒーリングガーデンに行くためのお土産として持っていく。
ヒーリングアニマルたちが食べる際、上記の件からアスミは包みはとってから食べるよう注意を促していた。
しかし、6個入りまんじゅうにナノビョーゲンが混入していたため、まんじゅうに憑依しメガビョーゲンになってしまう。

この話でのメガビョーゲンの登場が「人間界に残ってた野生のナノビョーゲンが、プリキュア達にくっついてヒーリングガーデンに侵入してしまった」という流れになっている事は、「今の時代」では無症状の保菌者の移動による感染経路の拡大のメタファーに見えなくもない。

しかし、プリキュア達が持ち込んだ「すこやかまんじゅう」が消費期限内の物であれば、本当に責任を負うべきは「すこやかまんじゅうを制作し販売した企業」である。
実際に似た事例の「回収騒ぎ」は多々あるため、複雑な思いをした視聴者も少なくないはずである。

関連記事

親記事

すこやか市 すこやかし

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 138024

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました