ピクシブ百科事典

シンドイーネ

しんどいーね

シンドイーネとは、アニメ『ヒーリングっど♥プリキュア』に登場する敵キャラクター。
目次[非表示]

「キングビョーゲンさまは倒されてなんかいません~。ちょっと追いつめられただけですぅ~」
CV:伊藤静

概要

ヒーリングっど♥プリキュア』第2話より登場するビョーゲンズの幹部(テラビョーゲン)の紅一点。

紫色のボブショートヘアに薄い紫色の肌の美女で、頭に生えた悪魔のような2本の角と、サソリのような尻尾が特徴的。
ビョーゲンズの幹部の共通点として、赤錆色のロングコートに首のチョーカーを身に付けている。メガビョーゲンの上位種テラビョーゲンの一人である。

メガビョーゲンを発生させる時は投げキッスの仕草をする。生み出す場所は主に水回りに因んだポイントだが、他の2人と同様にそれ以外のポイントからも生み出す場合もある。

シンドイーネ
シンドイーネちゃん



人物

愛執の悪女

首領であるキングビョーゲンに対して、単なる忠誠心を超えた強い好意を抱いている。
第一話時点でキングビョーゲンは肉体を失っており、影のような存在でしかなく、時に指令の為に部下達に声をかける程度だが、それでもその声を聞くだけでシンドイーネは喜びで超ハイテンションになる。逆にキングビョーゲンが声を掛けてくれない時間が長くなるだけで、どんどんやる気をなくしてしまう。
このようなシンドイーネの態度はアイドルの熱狂的ファンに近い感じであり、他のビョーゲンズ幹部は割と引き気味である。

キングビョーゲン以外の相手に対しては、基本的に小悪魔的な性格で上から目線で接し、同僚に対しても例外ではない。しかし自身の称賛には滅法弱く、新幹部のバテテモーダのお世辞に直後は不機嫌だったが、怒涛の称賛の連続に気を良くした
また、想定外の事態が発生すると、すぐ憤慨して取り乱す事が多い。
更には、アジトでテレビドラマを見ながら、その内容に文句を言うシーンがある。

前述のように、ビョーゲンズ幹部の中では、比較的コミカルな人物に見えるが、人間が大切にしている場所・物を破壊して蝕む事に快感を覚えたり、同僚のバテテモーダの殉職にも喜びの意を表明し、その延長線上でライバルは追い落とすべき存在と主張した挙句、それを地でやってのけたりする(詳しくは後述)等、ビョーゲンズの名に恥じない、サディスティックかつ悪趣味極まりない趣向を持つ。
但し、バテテモーダが発見したメガパーツに対しては、ダルイゼングアイワルのように目に見える形で実験・研究をしておらず(メガパーツ自体もダルイゼンから施されただけで、それより先の思考が止まっている)、キングビョーゲン以外(それがビョーゲンズにとって役に立つ存在であっても)の関心の乏しさから、忠臣の域を悪い意味で超えているように見える

シンドイーネ
キングビョーゲン様には内緒よ♡



人称・呼称・言葉遣い・口癖

一人称わたし
二人称アンタ
呼称基本的に名前の呼び捨て。キングビョーゲンのみ「様」付け。
言葉遣い女性語メイン


メガパーツでの進化

メガパーツの機能が判明した19話以降、ダルイゼンやグアイワルは例え最終的にプリキュアに負けたとしても、メガパーツをどうにか活用できないかと試行錯誤を続けていた。
一方、シンドイーネはそう言う「新しい試み」には興味を示さず、ダルイゼンからもらった一個を22話で使ったきりであった(この22話で一個のメガパーツを回収しており、消費分は取り戻している)

第30話においてキングビョーゲンがビョーゲンズ幹部達の前に姿を現した際、メガパーツを使ってテラビョーゲンを生み出す事を実践したダルイゼンを高く評価したり、メガパーツの活用を推進するグアイワルを激励したりと、キングビョーゲンはこの2人に対して好意的な反応を見せていたが、何も手を打たずただ必死にウザアピールを重ねるシンドイーネに対しては叱責するどころかあからさまに無視をし続けた
事ここに至ってシンドイーネは、『自分がキングビョーゲンから見捨てられた』事に気付き、激しいショックを受ける。

そして、今からでもメガパーツを使って、ダルイゼンやグアイワルよりも手柄を立てようと目論むが、手元にあるメガパーツはたった1個。この1個だけで2人を出し抜くような使い方をできないかと必死で考えたシンドイーネは、自らにメガパーツを埋め込んだ。

「わたしが1番になるのよ…… キングビョーゲンさまの1番にッ!!」

これで何が起こるかシンドイーネも予想等しておらず、拙速と自暴自棄の決断であった。
視聴者からはプリキュアシリーズの幹部の末路の定番である「暴走による怪物化」が予想されたが、それに反してなんとシンドイーネは順当なパワーアップを果たす。
そのパワーアップにより、シンドイーネは新たなる力を手に入れた。それは、エレメントさんを素体にしたメガビョーゲンではなく、人間を素体にした「ギガビョーゲン」を作り出す力だ。
その手始めとして動物園に訪れた円山孝太を対象に、ナノビョーゲンを埋め込もうとするも、彼を庇った円山教生に埋め込む結果となる。先の戦いでプリキュアが疲弊しているであろうタイミングで行われているプリキュアシリーズ全体で見ても珍しい展開となった。

パワーアップ後はティアラやイヤリングが追加されて、見た目がゴージャスになっている。また、コスチュームの着こなしが、より妖艶な感じに変化している。

シンドイーネさん
センシティブな作品


また、左目にある水色の装飾は涙のような形状となっており、『キングビョーゲンに見捨てられた事に対する悲しみ』を現しているのだろう。
因みにこの回は『みんな違ってみんないい』を扱っていただけに、まるで成長していなかった彼女がその言葉通り、2人とは異なるメガパーツ運用方法をようやく確立させた事となるが、他の幹部も彼女に続いて同じ方法でパワーアップした為、彼女の働きが相対的に下がる結果となった。

第36話において、メガビョーゲンをメガっちと呼び、プリキュア達をアリキュアチリキュア呼ばわりした。
シンドイーネ曰く、アリキュアとは「蟻のようにちっぽけ」、チリキュアとは「チリのようにちっぽけ」と言う意味との事。

冷徹なるキングビョーゲンのしもべ

後に起こったグアイワルの反乱で、キングビョーゲンがプリキュアに討たれた際は、テラビョーゲンに進化した直後にキングビョーゲンとの出会いと、キングビョーゲンから『シンドイーネ』の名前を戴いたと言う、愛執の切っ掛けを思い出していた。
しかし、キングビョーゲンが完全に滅んでいない事を知るや、キンググアイワルに就く風に装い、キングビョーゲンの復活をサポートしそれに成功。
その後、復活したキングビョーゲンが更なる力を得るべく、ダルイゼンを取り込む事を明言した為、ダルイゼンは死に物狂いで逃走した……が、シンドイーネは「ダルイゼンを取り込む」と言ったキングビョーゲンを制する事なく無言で肯定するだけで、ダルイゼンを助ける素振りすら見せなかった。恐らく上記のグアイワルの反乱に、ダルイゼンがこれと言って反論・批判をしなかったからと思われ、既にキングビョーゲン以外は眼中に入っていない状態と化している。

そして、ダルイゼンを取り逃がしたキングビョーゲンに対し「ダルイゼンではなく、このシンドイーネを取り込んで下さい!(要約)」と自分から提案すると、キングビョーゲンにその身を捧げ尽くす事に酔い痴れていた。だがキングビョーゲンはそんなシンドイーネを吸収する気にはなれず「フッ、お前ほど忠実なしもべを失うことは惜しい」とやや胡散臭い甘言で諫めた。

その後、プリキュアとの戦闘で半死半生に陥ったダルイゼンがシンドイーネによって発見される。彼女は一切の躊躇なくキングビョーゲンにダルイゼンの所在を報告した。

センシティブな作品
バラバラ



同エピソードはキュアグレース、ダルイゼンがそろって「自分の心と体は自分だけのもの=自我の確立と維持」と宣言するのだが、シンドイーネは上記の通り『キングビョーゲンの為に容易く自分の全てを捧げようとした=自我の放棄と盲従』と、文字通り反転した言動を見せていた。

偏愛の末に……

ダルイゼンを取り込んだキングビョーゲンはネオキングビョーゲンへと進化し、ついに最終決戦の火蓋が切られた。
だが、プリキュアたちはネオキングビョーゲンの強力なバリアに対抗することができず、一時撤退を余儀なくされる。
そんな中キュアアースは、「ネオキングビョーゲンは、仲間のビョーゲンズを吸収して進化する性質がある」ことに気づく。そしてあのバリアは「吸収できない異物=ビョーゲンズ以外のもの」を排除する抗体のようなものだと推測していた。

一方、シンドイーネはネオキングビョーゲンの命令を受け、一時撤退したプリキュアを追撃してきた。
それを察知したキュアアースは、このシンドイーネをバリア攻略の切り札にしようと計画を立てる。
その計画とは、シンドイーネが持つメガパーツを奪い、それをキュアアースに取り込ませ、ビョーゲンズの力にエレメントを混ぜ混んで放ち、バリアを破壊するというもの。
ビョーゲンズの力が混じっていればバリアはその攻撃に排除反応を見せることはできないと踏んだのだ。

ビョーゲンズを体内に取り込むなど人間にはとても耐えられない苦しみだが、精霊であるキュアアースであれば別の話だ。私なら必ず耐えられると確信を持って語るアースに、仲間のプリキュアたちもその計画に乗ることにした。
プリキュアたち4人はチームワークを活かしてシンドイーネが持つメガパーツを得ようとしたが、その思惑に気づいたシンドイーネは、計画を阻まんと即座に残りのメガパーツを自身に投与し、更なる進化(衣装の半分以上が金属製の鎧と化している)に至りプリキュアを圧倒した。
だが、キュアスパークルの「あっ!? あっちに『キングビョーゲン』が!!」の発言に「自分はグアイワルと違ってかからない」と看破したかと思いきや、「今は『キングビョーゲン』様じゃなくて『ネオキングビョーゲン』様よ!!」今の主の名前を間違えている事に憤慨・気を取られた事で形勢が逆転、浄化技を受けるも進化前の姿でどうにか生き延びた。
しかし、満身創痍でもはや抵抗する余力は無く、上記の計画の為、ラテの提案によりプリキュアはヒーリングオアシスをシンドイーネに放ち、遂に彼女は浄化された。

そして、「ナノシンドイーネ」というナノビョーゲンサイズへと退化し、そのままキュアアースの体内に吸収された。そしてキュアアースは「音のエレメントにナノシンドイーネを混ぜ込んだ攻撃」でネオキングビョーゲンのバリアを破壊することになる。
なおシリーズ構成の香村純子は、このナノシンドイーネにはシンドイーネとしての自我はないと明かしている。

敬愛する主の一部となって役立つどころか、プリキュアに討たれた上に主への攻略の糸口として利用される為に取り込まれるという末路を辿ってしまい、彼女にとっては皮肉にして痛恨の極みであろう。
そして、当のネオキングビョーゲンは彼女が浄化されてしまった事を知っても「新しい手駒をまた生み出せばいい」などと発言しており、シンドイーネをせいぜい使い勝手が良い捨て駒程度にしか認識していなかったことが判明

結局は彼にとって、シンドイーネもグアイワルやダルイゼンと同じ「捨て駒のしもべ」でしか無かった……というより、実のところ「使いっ走り、雑用をやらすために取っておいた」という扱いの方が近いだろう。
プリキュアに利用された事も含めて退場後に散々な扱いを受けてしまったが、それらの事実を何も知らずに消えていけたのはある意味幸せだったのかもしれない。

ところで、もし弱体化したダルイゼンを取り込んだネオキングビョーゲンが、その場で不足分を補う為にシンドイーネを取り込んでいたらどうなっていただろうか。
理論上は可能であろうし、プリキュアはさらなる苦戦を強いられただろう。
結局の所キングビョーゲンがシンドイーネを取り込まなかったメリットはたいして無かった様に思える。いつでも取り込めると思って置いといたらプリキュアにやられてしまったようにしか思えない。
自分に忠実なシンドイーネを上手く使えなかった所が、キングビョーゲンの王としての器の限界だったのかもしれない。

余談

モチーフ

ビョーゲンズ幹部達の名前は、病気になった時の体調を表す言葉から取られており、シンドイーネの場合はシンプルに「しんどいね」から由来されている。
ただしシリーズ構成担当の香村純子によると、彼女の名前には推しを好きすぎると言う、スラングとしての「しんどい」の意味合いも含まれているとのこと。

水属性のメガビョーゲンの殆どを召喚している点から、ウンディーネにも掛けられているのかもしれない。メガパーツ登場以降の扱いは、第30話まで「考えるのもシンドイーネ」と言う皮肉にもなっている。

ビョーゲンズ三幹部の末路

『ヒーリングっど♥プリキュア オフィシャルコンプリートブック』のシリーズディレクターの池田洋子氏とキャラクターデザインの山岡直子のインタビューによると、
山岡「初期のころの打ち合わせで、すでにビョーゲンズをキュアアースの身体に住まわせて共存するという案もあったんですよね。」
池田「3人のうちひとりくらいは生かそうという話はありましたね。で、残すとしたらシンドイーネかな、という話だったので、ダルイゼンの最期はかなり初期から決まっていたんです。結局、いろいろあって最終的に和解はなしと決まりました。」
とのことである。

演者について

演じる伊藤静氏は、過去に『ふたりはプリキュアSplash☆Star』で泉田と横井、『ハートキャッチプリキュア』で来海ももかを演じていて、プリキュアシリーズへの出演は、本作で三度目となる。
これまではサブキャラの役だったが今回は敵キャラ役での再登板である。

『ヒーリングっど♥プリキュア オフィシャルコンプリートブック』の伊藤静氏のキャストスペシャルメッセージでは、ネオキングビョーゲンが「この程度のしもべ、いくらでも作れる」と言った時に伊藤はテレビの前で怒り心頭でしたと語っている。
ちくしょーあのヤロウ……!!!でもシンドイーネはそれすら受け入れそうだなぁ……。一途に無償の愛を貫くシンドイーネさんが何より心に残りました。」


関連イラスト

シンドイーネちゃん
シンドイーネ
シンドイーネちゃん
シンドイーネ



関連タグ

ヒーリングっど♥プリキュア
ビョーゲンズ プリキュアの敵一覧
憎めない悪役 愛すべき馬鹿

プリキュア関連

  • カワリーノアナコンディファルセットジョーカークローズヤモービブリー:仕える主に対して、忠誠心が異常な程高い敵幹部繋がり。
  • パップル:怪物を投げキッスで召喚させる敵幹部繋がり。女性語を頻繫に使い、どことなく憎めないところも共通している。
  • シャット:初期3人の内で因縁も野心もなく、ただ1人蚊帳の外感が強かった敵幹部繋がり。彼はその立場故に最終的には組織を抜ける決意を固めたのだが、彼女は逆にその立場が死亡フラグと疑われている(但し、死亡フラグめいた言動は、グアイワルもしているように見えるが)。


ニチアサ関連


その他

関連記事

親記事

ビョーゲンズ びょーげんず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シンドイーネ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 961163

コメント