ピクシブ百科事典

惑星サマーン

わくせいさまーん

『スター☆トゥインクルプリキュア』のヒロインの1人・羽衣ララの故郷である惑星の名称。
目次[非表示]

概要

スター☆トゥインクルプリキュア』に名前が登場している惑星で、羽衣ララの故郷。
宇宙星空連合に属しており、星空界の片隅に位置している。

星の詳細は不明だが、作中描写およびララの言動を総合すると、以下の生態が判明している。

  • 頭からセンサー(触覚)と呼ばれる感覚器官が生えている
  • 耳はとんがり耳
  • 地球人には「ルン」としか聞き取れない言語で話し、「オヨ~」という間投詞が多用される(このためか、ララをはじめ惑星サマーンの住民たちが話す言葉を日本語に翻訳すると必ず語尾に「~ルン」が付く
  • 地球の年齢で13歳になると成人扱い
  • 大人はロケットの操縦・修理ができて当たり前
  • 互いのセンサーを触れ合わせることが挨拶にあたる
  • 梅干し入りのおにぎりを食べて「しょっぱい」「すっぱい」等と表現したため、味覚の方は地球人と大差ない
  • 教育はAIが行うため、学校という概念がない
  • 日本語で言うところの敬語の概念もない。そのため日本語に翻訳すると、誰に対してもタメ口を喋っているように聞こえてしまう
    • 正確にはAIが使う役割語という認識のようで、サマーン人も意識すれば片言ながら話せる
  • ロケットの修理の際、ひかるトゥインクルブックに描いた修理及びリフォーム後のロケットのイメージ図を見てえれなまどかと共に目を輝かせていた所から、美的感覚も地球人と大して変わらない
  • 知力・思考力の大半はAIに依存しているため、(少なくともララは)自力では二桁の計算もままならない
    • 「二桁」の概念は地球人と同じようなので、数字には地球と同様に十進法を採用しているらしい。地球人と同じく五本指であるからだろう。
  • プリキュアに覚醒する前のララが難なく行動できたため、少なくとも空気は地球と同様
  • しゃっくりという生理現象は起きないらしく、フワの異常を分析したAIの「横隔膜の痙攣」という説明に対して、まどかが「それって、しゃっくりでは…」と言ったところ、AIとララ共々「しゃっくり」という言葉に首をかしげていた。

全体的に現在の地球よりも科学水準が高いことが伺える一方で、作中で描かれている他の惑星と比べてもAIへ過剰依存しているように見える。
下手をしたらこんなふうになりはしないかと心配する声も……。

住人

トト
カカ
ロロ
羽衣ララ

関連タグ

スター☆トゥインクルプリキュア  星空界  羽衣ララ  ロロ  トト  カカ

関連記事

親記事

星空界 ほしぞらかい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「惑星サマーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11207

コメント