ピクシブ百科事典

ゼニー星

ぜにーせい

ゼニー星とは『スター☆トゥインクルプリキュア』に登場する架空の惑星である。
目次[非表示]

概要

第15話に登場。
宇宙星空連合に属さない星で、星全体がまるでラスベガスの様な歓楽街となっており、まさしく不夜城の様相を呈している。この星の社会は金だけが全てであり、滅亡した星から奪われた宝がオークションに出品されたり、宇宙マフィアのドンが大手を振って闊歩したりする、宇宙でも危険な無法地帯である。
連合に参加していないだけあって宇宙法に縛られていないようで、ひかる達が「未開の惑星である地球の住人」という立場を表明してオークションに参加しても咎められることはなかった。
なおここで流通する通貨「キラン」は相場が日本円とほぼ同じである。

住人

ゼニー星は様々な場所から様々な種族の宇宙人が集まる場所であり、いわゆる「ゼニー星人」という種族は存在しない様子。
誰も住んでいなかった星に宇宙の無法者が集まってできた盗賊市場が発展したものというイメージだろうか。

作中に登場した宇宙人たち

ここでは、無法惑星であるゼニー星のオークションに関わった宇宙人たちを中心に紹介する。

龍の息子の肖像画


宇宙一の大富豪とされる竜人型の宇宙人。新幹線の様な長いリムジンに乗る程の金持ちで、如何にも裕福な家柄の気障で尊大な鼻持ちならないドラ息子。悪人ではないが、オークションでまどかと競った時には「ドラゴン家のモットーであるレディーファーストを忘れていた」との口実で彼女にペンを譲り、自らの面目を保って安堵するなど、少々ずるいところもある。また、ブルーキャットに屋敷の宝を奪われそうになると「物の価値も分からない貧乏人にやる位なら壊した方がマシ!また新しく買い直せば良い」と言う理屈で自ら壊そうとまでする等、相手の価値観をまるで考えない傲慢な面も持ち合わせており、更に宝物に対しても金銭以上の価値をまるで見出せていない。
屋敷も同じくゼニー星に構えて暮らしており、防犯の為にドラゴン兵団なる私設軍隊を雇っているばかりか、彼らも恐れる宇宙危険猛獣・宇宙ケルベロスまで飼っている。

ねこさんですねぇ


ドラムスが今回のオークションの余興の為に呼んだ宇宙アイドル。彗星の如く現れ、出した曲は天文学的大ヒットを飛ばす程の人気者。然してその正体こそ、全宇宙を股にかける怪盗ブルーキャットであった。

宇宙マフィアのドンの型宇宙人。プリンセススターカラーペンが出品された際にドラムスが興味無しの姿勢を見せた事に乗じて8億キランの額を提示したが、直後にドラムスが提示した9億キランであっさり一蹴されてしまう。
8億キランを提示した際、自身がタコ型宇宙人でありながら「もってけこのタコ!」なる迷台詞を吐いている。

宇宙美食評論家。宇宙の美味を味わい尽くしたグルメを自称する宇宙人のおばさん。セレブしか入れないオークションに参加してできる程の資産家でもある模様。ペンを競り落とす為にまどかが提示したドーナツを試食し、その味には10億キランの価値があると評した。

オークションの司会進行を担当した昆虫型宇宙人。開催前の余興としてマオによるコンサートで場を盛り上げる役目を担った。外見はポケモンビブラーバにどことなく似ている。

オークションの出品物

星の民が原因不明の石化現象で石になって滅んでしまい、2度と作られる事が無いとされるネックレス。ドラムスが1億キランで落札。

惑星ダイナソーに生息していた恐竜の頭部の化石。ドラムスが5000万キランで落札。名前はどこかで聞いたような気がしなくもない。

青くねじれたクラインの壺。ドラムスが3億キランで落札。

とある宇宙人から当オークションが買い叩いて出品。全て揃うとどんな願いでも叶うと言う噂が実しやかに流れていた。プリキュア達はこれを手に入れる為に悪戦苦闘する事となる。

他にも名称不明だが「柄に目玉の有る宝剣」や「額縁から絵の具の飛び出た絵画」と言った物まで出品されており、何れもドラムスが落札している。
15話の本編全体がさながら快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーを思わせる雰囲気であった手前、出品物もまたルパンコレクションを思わせる物ばかりである。

劇中

15話

いて座のスターカラーペンの反応を辿ってひかる達はゼニー星を訪問。どうやらペンはこの星のオークション会場に有るらしいが、セレブでないひかる達は会場の入り口に立つ守衛によって門前払いされてしまう。そこへ新幹線の様な長いリムジンに乗ってドラムスが現れ、彼に呼ばれて宇宙アイドルのマオも登場。彼女のファンであるプルンスの言葉を聞き、マオはドラムスにおねだりしてひかる達をオークション会場に招き入れる。

マオのコンサートを余興に始まったオークションはドラムスの一人勝ちが続き、出品物も残す所1つとなった。だが、最後の出品物こそひかる達が探していたスターカラーペンだと知り、プリキュア陣営は動揺を隠し切れない。
12本すべて集めるとどんな願いでも叶うと言う噂が実しやかに流れている事を司会者は説明するが、金の力で欲しい物は全て手に入れられると豪語するドラムスは、先程と打って変わって興味無しの姿勢を見せる。この機に乗じてドン・オクトーが全財産の8億キランを提示するが、突然ドラムスが「トイレの照明が切れたのでライトの代わりに使えそうだ」などと取って付けた理由と共に9億キランを提示。嫌がらせ同然に提示された金額に誰も太刀打ち出来る者はおらず、そのままペンはドラムスに落札されそうになるが、そこへまどかがドーナツをキランの代わりに提示し、宇宙料理評論家のシタコ・エーテルが試食によって10億キランの価値が有るとして、まどかはドラムス相手に競り合いを展開。だがドーナツは7つしか無く70億キラン以上の提示は出来ない。だが、まどかのポーカーフェイスとドラムスの自己保身が働いた事により、勝負はドラムスが降りる形でひかる達にペンは落札となった。

だがわずかの隙の間にペンは消え失せ、ドラムスが落札した品も全て奪われていた。怪盗ブルーキャットの仕業と知り、ペンダントの反応を追って会場の屋根に上へひかる達が向かうと、何故かそこにいたのはマオだった。何と彼女こそが宇宙怪盗ブルーキャットであり、ひかる達がプリキュアと知っていた彼女は、ペンやオークションの品を奪う為に利用したのであった。
そこへ突然アイワーンがドラムスをノットリガーに変えて乱入した為、事態はプリキュアとブルーキャットとノットレイダーの三つ巴の争いに発展。他の3人がノットリガーを相手取る中、キュアセレーネは単身ブルーキャットからペンを奪い返そうと攻防を繰り広げる。だが、ノットリガーの妨害が入った為にブルーキャットは予定変更とセレーネにペンを譲渡。いて座のセレーネアローから続くサザンクロスショットでノットリガーを浄化するプリキュアに対し、ブルーキャットは「ペンは預けておく」と言い残して退散。いて座のプリンセスも無事復活し、こうして残るスタープリンセスも半分となる。

だが、何故ブルーキャットはひかる達がプリキュアだと知っていたのか?アイワーンの存在も何故知っていたのか?謎を残したまま、ひかる達は帰還の途に就くのであった。

17話

おとめ座のスターカラーペンを求めて再びひかる達はこの星を訪問。現れたブルーキャットにドラムスの屋敷に有るというペンを盗み出そうと協力を持ち掛けられる。だが、彼女にファンとしての心を踏み躙られ「青春を奪われた」と激怒するプルンスを始め、4人は盗みには反対。正面からペンを譲って貰う様に出向くが、ドラムスからプリンセスの力を賭けた勝負を挑まれ、そのままプリキュア4人はブルーキャット共々地下へと落とされてしまう。そこから数々のセキュリティーを突破して行く事になる彼女達だったが、それぞれの特性を活かして見事に障害をクリアしてペンの保管された宝物庫に辿り着く。だが、ブルーキャットの狙いはペン以外にも有った様で、どうやら滅んでしまった惑星レインボーの宝も一緒にいただこうとしていたらしい。

惑星レインボーの宝を回収しようとするブルーキャットだったが、そこへドラムスが登場。「貧乏人にやる位なら壊した方がマシだ」と、金に物を言わせて作った金の竜人像型のロボットアームで宝を自ら粉砕しようとする。この暴挙を止めるべく、ひかる達はプリキュアに変身して応戦。だがそこへ更にカッパードまでペンを奪おうと乱入する事態が発生。ドラムスを素体にイマジネーションを塗り潰し、武器を多節棍に変形させたカッパードと交戦するプリキュア達。危うくペンを奪われそうになるが、ブルーキャットのカードの投擲による援護を受けたスターの妨害によってペンはソレイユに渡り、そのままおとめ座のソレイユシュートに次ぐサザンクロスショットでノットレイダーを撃退。ペンの為に2度も踏んだり蹴ったりな目に遭ったドラムスは「これを持っていたらまたひどい目に遭う」と4人にペンを譲渡。おとめ座のプリンセスも見事復活した。
だが、それと同時にプリキュア達はブルーキャットの勝手な約束でドラゴン兵団に入れられそうになり、4人は丁重にお断りして帰るのであった。

一方、そんな4人の様子を屋根の上から見つめるブルーキャットは「今回は盗れなかったけど、最後に笑うのは私」と、いずれ全てのプリンセススターカラーペンを手に入れるという野望を呟いていた。サングラス越しに、どこか哀し気な瞳を覗かせながら………。

関連タグ

スター☆トゥインクルプリキュア 星空界

関連記事

親記事

星空界 ほしぞらかい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼニー星」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2625

コメント