ピクシブ百科事典

フワ

ふわ

フワはアニメ『スター☆トゥインクルプリキュア』の登場キャラクター。
目次[非表示]

曖昧さ回避

ドラゴンボール超』のキャラ⇒フワ(ドラゴンボール)

概要

CV:木野日菜

スター☆トゥインクルプリキュア』に登場する宇宙妖精
聖域スターパレスに住まう12星座のスタープリンセス達が、宇宙の支配を目論むノットレイダーの魔の手から星々の輝きを守る「最後の希望」として生み出した存在。

スターパレスがノットレイダーに侵略された際、スタープリンセスに仕える妖精プルンスはフワを逃すようにプリンセスたちに託された。命からがらスターパレスから脱出したフワとプルンスは惑星サマーンの宇宙調査員であるララに保護され、以後はともに行動していた。
だが第1話冒頭で地球の一少女である星奈ひかるのイマジネーションに呼応してフワが彼女の元に転移してくる。それが本作の始まりとなる。

「フワ」という名前はひかるが勝手に付けたもので、撫でた時の感触がふわふわだったからというあまりに単純な理由から名付けられた。しかし実はちゃんとした名前があり、それは「スペガサッス・プララン・モフーピット・プリンセウィンク」と言うもの。歴代プリキュアキャラの中でもタルトひめに次ぐ長いフルネームである。ちなみにこのフルネームに「フワ」を想起させる単語は入っていない。
本人はひかるが名付けた「フワ」の名前を気に入ったようで、第2話では今まで通りに「スペガサッス」と呼ぼうとしたララに呼称の変更を促していた。それ以降はスタープリンセスも本名ではなくこの名で呼んでいる。(スタープリンセス達は名前を自分で主張することを成長の表れとみなしたようである)
その結果、ノットレイダーの構成員たちもプリンセス達が生み出した妖精の名前は「フワ」であると認識するようになり、作中で「スペガサッス・プララン・モフーピット・プリンセウィンク」の名前で誰かから呼ばれることは皆無となった。

フワは赤ん坊のように幼く無垢な存在であるものの、異星間の言語の壁を緩和したり、ワープホールを開いたりと様々な不思議な力を秘めている。特にワープホールの能力は凄まじく、宇宙星空連合の宇宙戦艦ですらワープを繰り返しても10年はかかるとされる程、遠く隔たった星空界から地球までの距離を一瞬で移動出来る程である。
ワープホールを開くには体調も関係するようで、第26話では惑星サマーンの話題でひかると共に興奮して夜更かしした結果、ワープに失敗してしまった。

そして何より、「伝説の戦士プリキュア」の資格者を見出し、力を与える存在でもある。
フワが心を許して気に入った相手が「大切なものを守る力が欲しい」と強く願った時、フワはその相手にプリキュアの力を与える。具体的には、本作のプリキュアの変身アイテムである変身スターカラーペンスターカラーペンダントを生み出す。
因みに、この時はフワの耳にある輪っかが高速回転する。

おうし座のプリンセスによれば、宇宙中に散らばったプリンセススターカラーペンからプリンセスを解放し救い出せるのはフワだけなのだという。そして12星座のプリンセスを解放するたびにフワはその星座の力を手に入れ「成長」していく。ノットレイダーから宇宙を守るためにはフワに12星座すべての力を与えなくてはならず、つまり本作はフワを成長させることがプリキュアの使命の一つになっている。

一方、ノットレイダーは宇宙支配を叶えるためには12星座の力が必要としている。
そのため、星座の力が直接込められたプリンセススターカラーペンを探索しているが、同時にその力を使いこなせるフワも捕獲対象としている。

フワは第1話時点ではほぼ『フワ』としか言わなかったが、話が進むにつれて少しずつ言葉を発するようになっている。言葉を少しずつ覚えていくこともフワの成長の過程として描かれている。

地球上においては、普段はひかるが愛用していたオリジナル星座ノートを変化させたトゥインクルブックに入り込んで寝食を行っている。スタープリンセス達が変化したプリンセススターカラーペンを本に差し込むと、その象徴を模した姿へと変化する。この12変化形態は既に公式サイトで公開されているだけでなく、星座占いのミニコーナーでも用いられており、プリティストアでもアクリルキーホルダーやプリプリおてだまとしてグッズ化されている。

フワ
おとめ座フワ



目立ちまくりな行動を誤魔化す為に、ひかるたちは周囲の人物に対して「AIが搭載されて自ら動くぬいぐるみ」と言って誤魔化している。えれなの弟妹達からも可愛がられているが正体は今のところバレていない。
しかし、まだまだ幼いのか不意に飛び出したり、言葉を発してしまう事があり、それによってまどか(後のキュアセレーネ)に正体がバレたりしている(ただしこれはまどかが父親からこの街で宇宙人が暗躍しているという情報を事前に知っていたからでもある)。
ただ、喧嘩であわやコンビを解消しかけたひかるとララを「仲良くフワ!」と涙ながらに訴える事で繋ぎ止めたり、目的の為に自身を攫ったブルーキャット(フワは彼女が本来善人だと理解している)とプリキュアの争いを泣きながら「駄目フワ!みんな仲良くするフワ!」と叫んで思い留まらせようとしたり、惑星クマリンでのノットレイダーの蛮行に対して「いじめちゃ駄目フワ!」と叫んで抗議の声を挙げる等、争いや暴力を嫌う面も見られる。幼いなりに善悪の価値基準はしっかりと備わっている様だ。
とは言え、ブルーキャットのレインボー鉱石についての話を勘違いしたり、夏休み終盤に学業の都合でトゥインクルイマジネーション探索を後回しにすることから単独で動き回って逆に迷惑をかけてしまうと言った所から、まだ複雑な話や相手の事情を察するのは難しいらしい。

また、今回の腹ペコ枠なのか、何でも食べようとする事も。惑星レインボーでレインボー鉱石が植物を育み十分な食事を取れるようになったことについてちんぷんかんぷんになったあまり「レインボー鉱石が食べ物」と勘違いすることも。また、ユニが持っていたマタークッキーに興味を示し、最初はユニに「刺激が強すぎる」と与えられなかったものの、後にユニの歓迎会で彼女が持っていたクッキーを食べてしまい、案の定刺激が強すぎたためこれが元でとんでもない事態を引き起こすことになってしまった。その際にAIから声帯横隔膜の存在が言及されているため、身体構造は地球の脊椎動物と大差ないようである

まさかの人間化

キュアフワルン
フワ


夏からの恒例となっているマスクプレイミュージカルショー(プリキュアショーの豪華版)である『スター☆トゥインクルプリキュア ドリームステージ』では、今回フワは異例の展開を迎える。
願い事を3つ叶えてくれる宇宙の宝「イマージジュエル」を巡る物語なのだが、そのイマージジュエルの力によって人間の女の子へと姿を変えることになる
背丈は人間の少女と同程度となる(プリキュアよりは低い)。髪は銀髪で右側にはララ同様にメッシュが入り、頭には通常のフワと同じ惑星状の耳があり、服装はキュアミルキー同様の透明なパフスリーブと薄ピンクの上部、もこもこのカボチャパンツを着用し、これも通常のフワと同じ尻尾が生えている。

マスコット枠の人間化だけに、これまでの類例を連想する人も多く、中でも「願いを叶えてくれる宝によって人間化」というシチュエーションからキュアモフルンを想起する人が大多数となっている。
また、12変化形態を人間化した姿で描く人も出ている。

フワペコモフ~
双子座フワ(人の姿)



キービジュアルが発表された時点で話題となっただけでなく、ファンの中には「ショーだけではもったいない」「後々本編あるいは映画でも変身するフラグでは」と想像する者もいた。しかし……

驚きの進化

第31話にして最後に残ったうお座のペンを、ガルオウガとの戦いの末に手にしたプリキュア達。スターパレスにうお座のプリンセスが復活し、これにて十二星座のプリンセス全員がスターパレスに戻ったのだが、その先にうお座のプリンセスがフワに食事を促された為、スターは言われるままにうお座のペンでゼリーを具現化。フワに食べさせると、突然フワの身体に異変が起こる。身体が光り出したかと思うと12本のペンの力が結集し、シャイニートゥインクルペンが出現し、トゥインクルブックに刺さったかと思うと、何とフワの身体が変化したのだ。
胴体と手足が伸び、輪っかのある星の形をした耳も変化すると同時に、頭に角と虹色のたてがみまで生えたその姿はまさにユニコーンそのもの。思わぬ変化にプリキュア達は驚愕するばかりであった。

フワ



なお、これはフワが真なる姿に近づいた成長の証であり、一時的な形態変化ではなく永続的な変化である。ネット上の実況では「もどして」「かえして」などという声も多少は聞かれたが、余談の節にあるように玩具販促に絡む以上はそうはいかないので諦めよう(だが最終的には後述の理由で再度元の姿に戻ることになった)。
ちなみに上述のショーでフワが人間化した姿は「頭にシニヨン(お団子耳)があるフワの姿」を擬人化したものであり、最終回に至るまでユニコーン形態での擬人化は全くされなかった(映画でもユニコーン形態で登場するので同様である)。

フワのユニコーン形態はまだ成長過程の途中の姿である。
フワが真に成長を遂げるためにはここから更にトゥインクルイマジネーションを集める必要があり、それがなされた時に宇宙を救うための「最後の希望」としての力が発揮できるのだという。
その力はプリンセススターカラーペンにまつわる伝説である「12本揃えるとあらゆる願いを叶える」ものであり、ノットレイダーが求める「全てを凌駕する力」でもある。
また、ノットレイダーの首領であるダークネストはユニコーン形態に進化したばかりのフワを「器(うつわ)」と呼び、「器がトゥインクルイマジネーションで満たされる前にフワを奪取せよ」とノットレイダーの構成員たちに檄を飛ばしていた。

ユニコーン形態になってからは精神年齢が少し上がった感じで演出されており、会話における語彙が格段に増え、性格的な個性もはっきり出るようになった。その個性は、好奇心旺盛で向こう見ず、自分が大切なことだと思ったことに対しては誰がなんと言おうが貫き通す強い想いの持ち主で、あれこれ考えるより直感で行動するタイプ。そしてわりかしにドジっ子。フワを知る者たちは「ひかるとそっくり」「育ての親に似すぎてしまった」と揶揄している。自分に与えられた使命感については強く自覚している感じだったりするので、ある意味ではひかるよりも成熟しているところも。

ユニコーン形態になって明確にパワーアップしたと言える部分としては、シャイニートゥインクルペンの力を一時的に解放し、短時間ではあるがプリキュア達をトゥインクルスタイルへとパワーアップさせる事ができるようになったことがある。
それ以外としては、ユニコーン形態になったフワはワープホールを開かずとも自分や他人を瞬時に短距離テレポートさせることが可能になっている。ただこれは勝手にそういう能力が付与されたのではなく、第32話でガルオウガがテレポートでプリキュアを翻弄したのを格好いいと思ったようで、自分のワープ能力を短距離テレポートに応用できるように頑張って努力した結果らしい。ちなみに、フワは自分の短距離テレポートを「フーワープ」と呼んでいる。なお、短距離といっても宇宙規模ではないという意味であって、外国と行き来くらいのことは十分にできるようだ。
フーワープを初めて披露した第33話ではうまく制御できず失敗ばかりだったが、話が進むに連れてフーワープの精度は上がってきてはいる。
なお結構なエネルギーを食うようでフーワープを連発するとお腹が減ってダウンしてしまう。

その正体と課せられた運命(スタプリ最終盤ネタバレ注意)

プリンセスが全て復活し、トゥインクルイマジネーションの捜索へとプリキュア達の戦いの方針が変わると同時に、ノットレイダーの首領ダークネストはフワの事を幾度も“器”と称し、配下の者達もその略取に動いた。
これは決して比喩でも何でも無く、第46話にてダークネストの仮面を取って正体を現した蛇遣い座のプリンセスが続く第47話目で話した内容によると、宇宙の創造と消滅の為には彼女と12星座のプリンセスの力を一点に集約させる必要があり、その為の器としての機能こそフワの力の本質であった。それと同時に、フワはスターパレスの一部であった事が明かされる。

更にスタープリンセス達は、宇宙を救う為と称してプリキュア達を動かしてペンの回収とトゥインクルイマジネーションの捜索を促していたが、実際は自分達の力とプリキュア達のイマジネーションの結晶であるトゥインクルイマジネーションの力の双方をフワに注ぎ、その力によって蛇遣い座のプリンセスを消滅させようと言うのが真の狙いだった事が判明。
スターパレスでプリンセスが儀式を行う為の“力の器”の機能を宇宙妖精として具現化した上で、星座解放する度にその中に1つずつ蓄積されて行く12星座のプリンセスの力を半分、そしてプリキュア達5人分のトゥインクルイマジネーションを半分としてその双方を注ぎ込んで作る、対蛇遣い座のプリンセス用の超破壊力のイマジネーション爆弾。それこそがフワの正体であり存在意義であった。
そして残酷な事に、蛇遣い座のプリンセスを消滅させれば、それと共に犠牲となって消滅してスターパレスに還る運命がフワには課せられていたのである。

だが、フワを宇宙を守る為の犠牲にするプリンセス達の考えなど、当然フワと苦楽を共にして来たスター達が受け入れられる筈も無く、動揺した隙を突かれて蛇遣い座のプリンセスが放ったブラックホールが5人に襲い掛かる。その刹那、フワは自身に課せられた役目を受け入れた上で、自ら宇宙を救う為の人身御供となるべく5人のトゥインクルイマジネーションをその身に宿し、持てる全ての力で突貫。蛇遣い座のプリンセスと相討ちになって消滅してしまった………。

しかし、蛇遣い座のプリンセスは生きていた。プリキュア達の「フワを消したくない!」という思いがフワの力を阻んだのだ。これにより蛇遣い座のプリンセスは宇宙消滅の儀式を行えるようになり、一度は宇宙は滅びてしまうのだが、プリキュアと全宇宙の命ある者達のトゥインクルイマジネーションにより宇宙は宇宙は再生される。

それでもフワを復活させることだけは叶わなかった。完全にスターパレスに同化したからである。その中でキュアスターは自分達のイマジネーションをフワの復活に使用することを提案。しかし、復活できてもフワの記憶やワープ能力は戻らないことをスタープリンセス達は危惧する。さらにプリキュアの力は失われ、もう宇宙を飛び回ることができなくなってしまう。

それでもプリキュア達は「フワに会いたい」、そう願った。トゥインクルブックにイマジネーションを重ねるプリキュア達。

すると、ひかる達の目の前に現れたのは、出会った時のフワの姿だった。泣きながら抱き着くひかるがわからないような様子を見せたことで、スタープリンセス達はやはり記憶や能力が失われたと憂慮するが…。

AI忘れるはずがありません
フワ「ひ…か…る…?

こうしてフワは再生されたが、それでもフワにはスターパレスの力がスタープリンセス達は告げる。ひかるはプルンスにフワを託し、別れることになった…。

ひかる達と別れた後はプルンス達に世話をされている様子が描かれていたが、スタープリンセス達が「当分力が戻りそうにないですね…。もしくは…。」と危惧する様子が描かれていた。その直後にララ、ユニ、プルンスと共に再び地球に来訪。この際に「力が戻った」と言及され、ひかる達が再びプリキュアに変身できるようになった…のだが、これは15年後のひかるが見ただった。

つまり、ひかると別れた後のフワがどうなっているかは直接描かれていない(スターパレスでプルンス達に世話をされているのは事実かもしれないが、それ以降の動向が不明である)。ただ、15年後、復興した惑星レインボーに赴いたララにプルンスが通信で「フワが…フワが…!!」と慌てた様子で訴えていた。その時、宇宙飛行士となったひかるを乗せたロケットの前に眩しい光が現れ…。

余談

演者について

演じる木野日菜女史は前作『HUGっと!プリキュア』において何人かの端役を演じていた。その中にはキュアトゥモローの仲間のプリキュアも含まれている(役名は「未来の戦士B」)。
シルエットと声のみであるものの一応はプリキュア役を経験済み…?
木野氏はキャスト発表時のコメントで小学生時代に初代を視聴しており、プリキュアから勇気を貰ったと語り、成人後にプリキュアの映画を鑑賞しに行った時小さいお友達が精一杯プリキュアを応援する姿を見て感動したという。
その為、プリキュアで育った世代の声優はプリキュア声優も含めたら高橋李依氏(朝日奈みらい/キュアミラクル)、美山加恋氏(宇佐美いちか/キュアホイップ)、福原遥氏(有栖川ひまり/キュアカスタード)、水瀬いのり氏(キラ星シエル/キラリン/キュアパルフェ/キュアキラリン)、小倉唯氏(輝木ほまれ/キュアエトワール)に続いて木野氏で6人目となり、妖精では水瀬氏に続いて2人目となった。

玩具での扱いについて

フワは第31話からユニコーン形態に変化するわけだが、このユニコーン形態のフワは秋玩具の主力コンテンツであり、ぬいぐるみをはじめとして様々な展開がなされる。その力の入れようは、第31話以降はオープニング映像やエンディング画像、提供クレジット画像までもがユニコーン形態に作り直されていることでも示されている。(プリキュアシリーズでこれは追加キュア級の玩具販促重要度ということである)
しかし実は「ストーリーの中盤になって妖精の外見を大きく変える」はプリキュアシリーズではこれまでは極めてレアなことでもあった(※)。なぜなら妖精の外見を途中で大きく姿を変えてしまうと初期に出した妖精玩具が売りにくくなるとされていたからである。だが、プリキュア側が追加キュアによって変化があるように、妖精キャラにも変化が必要とマーケティング上で判断されたのかも知れない。

※妖精が成長して姿を変えていくことを過去でやったのははーちゃんがいるが、彼女の場合は「成長する妖精」ということ自体をウリにして玩具販促を最初から行っていたので、フワのようにサプライズ的に成長するのとは事情が異なるだろう。

プリキュアとユニコーン

フワチャン


ユニコーンというモチーフは欧米の女児向け玩具コンテンツでは採用しないことはあり得ないというくらいの定番のものであり、日本でもゆめかわ系の記号として多用されている。
だがしかし、実のところプリキュアシリーズでは意外にも長年拾われていなかった。ペガサスのモチーフなら何度も使われているのだが……
なお、ユニコーン形態のフワも背中に羽が生えて空を自由に飛べるので、ユニコーンにペガサスの要素が加わった幻獣ではある。
(ただ、フワは進化前から羽根などなくても当たり前に空を飛べたので、飛行能力は別に進化によって加わったものではないことは付記しておく)

関連タグ

スター☆トゥインクルプリキュア プリキュア妖精一覧 コピーフワ
タルト:こちらも本名がやたら長い妖精(本人も覚えていない)
うーたん:ルックス繋がり
ユニコ:進化後の姿が似ている。
本名が長いキャラ

不破諫同年30分違い名前繋がり。性格やキャラクターは全く違う。⇒キュアライダーフワ諫

腑破十臓10年前1時間違いの名前繋がり。こちらも性格やキャラクターは全く違う。

関連記事

親記事

スタートゥインクルプリキュア すたーとぅいんくるぷりきゅあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フワ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 529383

コメント