ピクシブ百科事典

香久矢冬貴

かぐやふゆき

「スター☆トゥインクルプリキュア」の登場人物(画像・実子の左隣の人物)。
目次[非表示]

CV:成田剣

概要

香久矢まどかの父親。内閣府宇宙開発特別捜査局局長を務める政府高官。
政府からの極秘任務として宇宙人に関する調査をしている。

厳格で冷徹な性格。
香久矢家に「代々、民衆を導き社会の幸福のために身を粉にしていた家系」として強い誇りを持っており、娘のまどかにも人の上に立つ者の姿勢や、常に平常心を持つべきなどと様々な心構えを説いているのだが、その自らの家系に対する強い自負心がそうさせてしまうのか、傲慢さを感じさせる発言が目立ち、また普段の言動も慇懃無礼な物が目立つ。
香久矢の家に秘密はない」として、宇宙人出現という機密情報も妻子の前でオープンに明かす一方、家族が秘密を持つ事も決して許そうとしない。
自分なりに娘のまどかを想ってはいるようなのだが、常に自分の理想や価値観に基づいた規則を強制している側面が強く(この点はひかるの祖父・春吉に近い)、結果的に彼女が失敗を極度に恐れ無理をしてでも完璧な人間を演じようとする不健全な状態にしてしまい、また彼女が無自覚の内に自身に心を閉ざしてしまう事にも繋がっている。

最近頻繁に報告される『宇宙人騒ぎ』を、食事の時間も惜しんで自ら率先して調査に動いている。
しかし、噂の原因であるノットレイダーの潜入活動、それに対抗するプリキュアの存在については知らない。
ノットレイダーとプリキュアが地球上で戦った時の破壊の痕跡や目撃情報(遠くですごい爆発がしていたとか)を断片的に手に入れた結果「宇宙人はこの地球で破壊発動を行っている危険な存在」とみなしているらしく、「宇宙人及び、宇宙人に味方する者にも容赦しない」という方針を採っている。
ただ、自分や家族達が暮らす地球を真剣に守ろうとしている姿勢やノットレイダーによる被害が決して看過できない事実も踏まえると、冬貴が宇宙人を警戒するのも、一概に「悪」とは言えない。

善玉の宇宙人であるララプルンスは、「自力で宇宙文明に接触できない星に宇宙人の存在を広く知らしめてはならない」という宇宙法の縛りによって自分たちの素性や目的を説明できない。
政府の任で宇宙人の存在を調べている冬貴に宇宙人の存在がバレれば、地球の人類社会に与える影響は民間人にバレることの比ではなく「100年間の宇宙旅行の禁止」という厳罰に処される。そうなるとプリキュアの目的である「プリンセススターカラーペンを探索するために宇宙を旅する」という目的も達せられなくなってしまう。

このことから、娘のまどかは自分が宇宙人とコンタクトしてプリキュアになってしまったことを父に対して隠す必要が出た。それは「香久矢の家に秘密はない」という父の教えに反することとなり、まどかに様々な葛藤を生み出すことになる。

基本的に娘のまどかの利害を阻害し、その強権的な厳格さが目立つが、「人間的」には善人であり、プリキュアとノットレイダーの戦闘に巻き込まれた際に、部下の避難を確認してから自身が避難したり、まどかの異変を察する(と言っても原因は冬貴自身にあるのだが)など、決して相手を無下には接しておらず、また節度は守り自分の発言に反する行為は行っていない。

余談

プリキュアの家族としては初の王族以外の政治関係者。

演じる成田剣氏はプリキュアシリーズ初出演である。

関連タグ

スター☆トゥインクルプリキュア 香久矢まどか 香久矢満佳
パパキュア MIB シーモア・シモンズ

関連記事

親記事

スター☆トゥインクルプリキュア すたーとぅいんくるぷりきゅあ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「香久矢冬貴」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 101561

コメント