ピクシブ百科事典

トゥインクルイマジネーション

とぅいんくるいまじねーしょん

『スター☆トゥインクルプリキュア』に登場する奇跡の力。
目次[非表示]

概要

第31話にて遂に全てのスタープリンセススターパレスに復活。
これで失われた星々の輝きや、惑星レインボーも元に戻るかと思われたが、まだ終わりではなかった。最後の希望を真の力にするためには「トゥインクルイマジネーション」を集めて、フワを大いなる力に導かなくてはならないのだという。
それが何なのか、どこにあるのか、具体的な事はスタープリンセスにもわからないという。しかし星奈ひかる達は宇宙の平和のために、その未知の力を探す決意をするのだった。

フワの大いなる力はプリキュア達との絆があってのことだと理解したトッパー代表は、プリキュア達が宇宙の運命を背負う責任を自覚したこともあって彼女達を宇宙星空連合に無理に勧誘することをやめ、天の川ステーションにとどまりサポートすることになる。

一方ダークネストはフワを「器(うつわ)」と称し、満たされる前に奪取せよと幹部らに通達している。

それぞれの覚醒

リアルタイムに更新される惑星サマーンマザーAIのデータベースを参照してもトゥインクルイマジネーションに関する情報はカケラも見つからない。プリキュア達はお手上げ状態でしばらく地球で日常を過ごすしかない時間が続くが、冒険続きだった彼女達が地に足をついた生活を続ける中で、今までには気づかなかった様々なことを見直すことになり、精神的成長が少しずつ描かれていった。

覚醒の前兆

「わたし、彼女の事を何も知ろうとしてなかった。でも今は少しだけわかる。もっと彼女の事を知りたい、わたしの事も知ってほしい!」

そして第35話でのカッパードとの戦闘で、生徒会長に同じく出馬した姫ノ城桜子の気持ちに応えようとしたキュアスタースターカラーペンダントから一瞬だけ謎の光が爆発した。この現象は遠く離れたスターパレスでも察知できるものであり、スタープリンセス達は何が起こったか理解できず困惑した表情を浮かべていた。これこそがひかるのトゥインクルイマジネーションの欠片であったのだが、この時点では誰もそれに気づかなかった。

ユニのトゥインクルイマジネーション

「過去だけを見るんじゃなくて、前に進んで行きたい…あなたと一緒に! 自分だけじゃなくて、わたしは…みんなと一緒に、未来に行きたい!!」

第38話ではトゥインクルイマジネーションの手がかりを掴むため、ユニの知人である星読みの占い師ハッケニャーンに会いにウラナイン星へ行く。そこでハッケニャーンにトゥインクルイマジネーションに続く「導きの星」はすでに手に入れているという意味深な予言をもらう。
その後のアイワーンとの戦闘で、ユニがアイワーンの気持ちに気づき、彼女を許そうと決意した際、ひかるの時と同様の輝きが再び発現し、アイワーンが放った恐怖の石化光線をも中和するほどの凄まじいパワーを発揮した。このことでプリキュア達もようやく気づく。トゥインクルイマジネーションとは、フワによって力を与えられた5人のプリキュアそれぞれが「何か」に気づけたときに得られるものなのだということを。

ユニの覚醒の件から、おうし座のプリンセスはトゥインクルイマジネーションとはそれをプリキュア達それぞれが新たな宇宙を知り、己のイマジネーションの輝きを知った時に得られるものとの仮説を立てている。
トゥインクルイマジネーションをどうやって覚醒させるのかは人それぞれであって決まったやり方はないということだ。ただ作中を見る限りは、トゥインクルイマジネーションとはそれぞれが「世界は多様性に溢れている」ことを理解した次の段階であるようで「正解のないこの世界において、”自分らしさ”とは何なのか」に答えが出せた時に獲得できるものであるようだ。

ララのトゥインクルイマジネーション

「でも!認めてくれたルン!みんなはありのままのわたしを、サマーン星人のわたし、プリキュアのわたし、地球人のわたし…わたしはわたしのままでいていいんだって!」

第40話では、まどかの父・冬貴に最近学校で起きているいくつかの不思議な出来事にララが関わっているのではないかと尋ねてきて、ララは異星人じゃないかと2年3組のクラスのみんなから思われ仲間外れにされてしまう。

ララは「自分はサマーン星人。地球人からしたら異星人」、正体が露見するという、恐れていた最悪の事態になり、再び絶望にたたされてしまう。「異星人とか地球人とか関係ないよ!だって…ララはララだもん!」ひかるはそんなララを涙ながらに強く抱き締め励まされる。

そこにカッパードが襲来し、イマジネーションを奪うべく、2年3組の面々に襲い掛かる。
「異星人同士がわかりあえるはずなどない」と否定されるが、ララは叫ぶ。「自分の事はわかってもらえなくても、自分にとっては大切な友達」を守りたい気持ち。「ありのままの自分を故郷のサマーンや地球人としての自分は自分のままでいていい」と認めてくれた、一番の友であるひかるやみんなと地球人だろうと異星人だろうと関係なく「自分は自分らしく一緒にいたい」という熱い想いでトゥインクルイマジネーションに覚醒するのだった。

まどかのトゥインクルイマジネーション

「何ができるかわかりませんでした…みんなと出会う前は…でも…今はわかります…わたくしはみんなと一緒に笑顔でいたい!だからわたくしは…もう自分に嘘はつかない!自分で自分の未来を決めます!」

第41話では、決定的な証拠や証言を得られないながらもララの素性を異星人だと確信する冬貴が、まどかに海外留学を機にララを含めた学校での友人関係をちゃんと断つように言いつける。まどかはショックを受けるが、そもそもまどかが一般の中学に通っているのは将来に「香久矢の一族」として庶民を導く予行練習として父に言いつけられたからであり、友人を作るためではない。今この学校に通っているのも父に従ったからで、自分の意思ではなかった。
そんな思いにとらわれるまどかには、父がひかるやララを自分から取り上げるならば仕方ないのではないかという諦めが心の奥底にまとわりつくようになる。
そんな時、かつてプリキュアに敗れた雪辱を果たすために力を蓄えたガルオウガが襲来してくる。自分の思いを捨てて大義に殉ずることを決意したガルオウガは、ただダークネストへの絶対的忠誠のみで戦う非情な戦士と化していた。あらゆる迷いを断ち切ったガルオウガは強く、自分よりも圧倒的に強い他者に全てを委ねることで得られるものもあるとまどかは痛感する。ガルオウガは父に従い続けた末のまどかの未来の姿だ。誰よりも強いけれどもそれ以外には何もない存在⏤⏤
だが、今のまどかはひかる達と出会ったおかげで自分にも「香久矢の一族」以外の”何か”があると思うようになっていた。ガルオウガという鏡を通じて、自分でも気付こうとしなかった自分の本心にたった今気づいたのだ。
まどかが自分で自分の未来を決めることを心から決意した時、トゥインクルイマジネーションが覚醒し、ガルオウガを撤退させるに至った。

えれなのトゥインクルイマジネーション

「あたしは人の笑顔のために自分を犠牲にしてるんじゃない!笑顔を見るのがうれしいの、大好きなの!みんなの笑顔が…あたしの笑顔になるの!だから…だから…あたしはみんなを笑顔にしたいんだー!」

えれなのトゥインクルイマジネーションの覚醒は、ノットレイダー幹部のテンジョウとの三度に渡る戦いの結果導かれたものとなっている。
前哨戦となるのは第39話。えれなが笑顔を大切にしようとしていることに不快感を示したテンジョウが、えれなが肌や髪の色の違いで他の友達と馴染めなかった小学生時代のトラウマを刺激して心を折ろうとするが、えれなは辛かった時期も家族がいつも笑顔で接してくれていたことが「笑顔があればどんな辛さも乗り越えれる」と気づかせてくれたんだと思い出を再認識。辛い過去はもう乗り越えてるとしてテンジョウの精神攻撃を跳ね返した。
ところが、第42話でえれなの母親であるかえでの「歪んだイマジネーション」をテンジョウに利用され、かえでは巨大ノットレイに変えられてしまう。そしてこの母の抱えていた歪みというのがなんと「娘のえれなが本当の笑顔を見せてくれない」ということへの苦悩だったのである。笑顔でいれば辛さを乗り越えれるといつも笑顔で家族と接していたえれなだったが、それは母からすると自分の本心を笑顔の仮面で隠しているようにしか見えなかったのだ。この時はテンジョウを撃退し母を解放することができたが、えれなの心に受けたショックは晴れなかった。
続く第43話でえれな達はテンジョウの故郷であるグーテン星に赴き、そこでテンジョウがこの星で”見えない差別”を受けてきたことを知る。善意からの同情を装った嘲笑に囲まれて育ってきたテンジョウにとって、笑顔とは他者を見下す醜い感情を覆い隠すための仮面にすぎないという認識だった。いつもへらへら笑っている連中なんて腹の底で何を考えているのか信用できない……
テンジョウの本心を聞いたえれなは、テンジョウが小学生時代の自分自身と同じ境遇だと気づく。そして真摯にテンジョウと向き合うべきだと感じたえれなは、小さい頃に自分がトラウマを乗り越えるために「笑顔の仮面」を作りだしたことを認め、自分が「本当の笑顔」をしたことがあるのか自分ではわからないことも認める。
だけど、この笑顔が嘘でも本当でも自分を苦しみから救ったのは偽りない真実であり、誰かを笑顔にすることで自分が救われたと感じることも本当だ。これは純粋な自分のエゴだ。そう自覚した時、トゥインクルイマジネーションが覚醒。テンジョウを撤退させるに至った。

ひかるのトゥインクルイマジネーション

「みんな星みたくさ、キラキラ輝いてる。その輝きが教えてくれるの。輝きはそれぞれ違うんだって…わたしはわたし!輝いていたいんだ!」

35話でトゥインクルイマジネーションの片鱗を見せたひかるだったが、それからは覚醒のきっかけを見せることもなく、逆に仲間達は次々とトゥインクルイマジネーションに覚醒していった。
第46話では、仲間達から置いていかれているような孤立感を感じたひかるが、仲間達と今まで通りの距離感で付き合えなくなって自ら少し距離をとってしまう様子が描かれている。
そして、ララと出会う前のように1人で空見遼太郎の天文台にやってきたひかるは、遼太郎に自分がいつの間にか変わってしまったことへの戸惑いを吐露する。ちょっと前までは「自分は自分、他人は他人」と割り切ってマイペースで歩んでいけたのに、今は仲間達と自分を比較して劣等感を隠しきれない……
遼太郎はそんなひかるに「友達ができるというのはそういう事。時の移ろいと共に周りは変わる。焦りや戸惑いだってあるさ。」と言いつつ、8000年後に北極星になる白鳥座のデネブの例をとって、周りが変わっても、デネブは変わらず輝くと説く。
その後、天文台を出てスターロケットへ向かったひかるの前に、カッパードが最後の決戦のつもりで仕掛けてくる。仲間が駆けつけるも不退転の覚悟で挑むカッパードに押されるばかり。ここで全滅して全部終わってしまうとの思いがいがよぎったひかるは、自分がトゥインクルイマジネーションをもっと早く覚醒できていればと後悔を口にする。その言葉に、宇宙の現実も知らず異星人同士が理解できるなどと綺麗事を言っているお前にはそんなものは見つけられないとあざ笑うカッパード。だがそれに対してララが反論する。自分らしくしてれば理解しあえるというひかるの「綺麗事」がなければ今の自分はなかったと。そのララの言葉に、先ほどの遼太郎の話の本質をひかるは気づく。星座に合わせて星が配置されているわけではない。それぞれが独立して輝いている星の光を、バラバラであるはずの輝きを、人がイマジネーションでつなぎ合わせたのが星座なのだ。
自分は自分らしく、他人は他人らしくいたままでも、つながることはできる。だから世の中に自分と違う輝きがどれだけあるかを知りたい。それが自分の望みであることを自覚したとき、ひかるは遂にトゥインクルイマジネーションに目覚めた。

覚醒によるパワーアップ

トゥインクルイマジネーションに目覚めたプリキュアは、その力が引き出された時に全身がオーラに包まれ戦闘能力が飛躍的に上がる。
ただこの力は任意で引き出せるようなものではなく、自分のイマジネーションが自分でも抑えきれないくらいに高ぶった時に発動される様子。そのことはトゥインクルイマジネーションに目覚めた後でも変わらない。

  • 第46話
この力にトゥインクルスタイルの上乗せ状態で発揮した。
しかし、通常状態に戻ったときの体力の消耗が激しい。なおかつ、奇跡の力は短時間しか発動できなかった

  • 第47話
この状態で、トゥインクルステッキでの4人の合体技「サザンクロスショット」、コスモはプリキュアレインボーパフュームでのレンボースプラッシュを放った。

余談


関連タグ

スター☆トゥインクルプリキュア フワ

キュアスター  キュアミルキー 
キュアソレイユ  キュアセレーネ 
キュアコスモ

トゥインクルスタイル  最終フォーム(プリキュア)



勝利のイマジネーション(烈車戦隊トッキュウジャー)…ニチアサキッズタイムにおけるイマジネーション繋がり






























以下、本編の終盤に関するネタバレがあります。









トゥインクルイマジネーションの真実(ネタバレ注意!)

プリキュア全員がトゥインクルイマジネーションに覚醒した後の第46話で、スタープリンセスはプリキュア達をスターパレスに招き、フワを大いなる力に導く儀式を始めようとした。しかしそこにノットレイダーが攻め込み、3話にまたぐ最終決戦が始まる。
その戦いにおいて、首領のダークネストの正体がスターパレスを放逐された蛇遣い座のプリンセスだと判明。
そして彼女の口から、トゥインクルイマジネーションに関わる様々な秘密が明らかになるのである。
それは12星座のスタープリンセスがあえて隠していたものであった。


  • イマジネーションの起源
実は、この宇宙は蛇遣い座も含めた13組のプリンセスが創造したものであり、12星座のプリンセスが自分達の力の「半分」を生まれて来る生命達に分け与えたことで、宇宙にイマジネーションが誕生したのだということ。そしてどの星にも存在する十二星座の記憶は、プリンセスが自分達の力の半分を与えた名残である。

つまりイマジネーションとは宇宙を創造した力のカケラであり、人々が「世界はこうあってほしい」というイマジネーションが集まることで、世界はそのように姿を変えるのである。人々が希望に満ちた世界を想像できないなら世界に希望が訪れることはないというシンプルな話でもある。
そしてトゥインクルイマジネーションに至ったプリキュアが持つ力は、この宇宙が許容できるイマジネーションの最大値にまで達している。つまり「スタープリンセスの力の半分」である。

そしてこのことは同時に、「プリンセスの力の半分」に過ぎないトゥインクルイマジネーションでは、スタープリンセスである蛇遣い座に勝つことはできないことを意味している。


  • 12星座と蛇遣い座の対立
宇宙創造の際、蛇遣い座は生命にイマジネーションを与えることに強く反対した。
人々に与えたイマジネーションが悪い方向に歪んでしまえば、その影響で世界は荒廃するからである。どうせこの世界はロクなもんじゃないとみんなが思えば世界はそのような形になる。これもシンプルな話である。
世界に歪みが発生しても長い目で見れば人はそれを正していけるとする12星座のプリンセスだったが、宇宙の調和を乱すリスクは減らすべきという蛇遣い座との意見の対立は収まらず、最終的に蛇遣い座はパレスを放逐されることになる。
そして蛇遣い座は、この宇宙を消滅させて自分の手で再創造することを決意する。そのための力を蓄えるために長い時をかけた眠りについた。

そしてあらかたの宇宙の創造を終えた12星座のプリンセスは、この宇宙が歪んだイマジネーションによって乱れた時に人々の希望となる存在が現れると予言を人々に伝えた。
つまり、この作品におけるプリキュアとは、歪んだイマジネーションを正し、元の姿に戻すセキュリティなのである。


  • スターパレスの秘密
力を蓄えて目覚めた蛇遣い座は、宇宙消滅という自分の目的を隠して「ダークネスト」を名乗り、ガルオウガとその仲間達に接触。彼らに宇宙征服の野望を吹き込んでノットレイダーという組織を結成した。
そのノットレイダーを率いて最初にやった大規模な作戦が、スターパレスへの侵攻である。これは、パレスが蛇遣い座の目的達成のために重要な場所だったからである。

スターパレスはスタープリンセスと同じく宇宙が創造されるより前から存在していた場所であり、ここは厳密にいえば宇宙の外側と言える空間である。
宇宙の法則を超えるような力はこの場所でしか存在できない。逆に言えば、この“場”には奇跡と呼ばれるような力が充満している。そしてこの“場”と結びついた存在であるスタープリンセス達は、ここにある奇跡の力を自在に操ることができる。つまり、スタープリンセスの力とはパレスが内包する力と同義なのである。
宇宙創造の儀式もここで行われた。そして宇宙を消滅させるような儀式もまた、この場所でしか行えないのである。
だが、パレスを放逐された蛇遣い座は、もはやこの“場”との結びつきは切り離されており、奇跡の力を操れない。だからパレスを侵略し、さらには12星座のプリンセスを略取することで、彼女達を介して奇跡の力を宇宙消滅の儀式のために使おうとしたのである。


  • スタープリンセスの計画
ノットレイダーがスターパレスへ侵攻した際、12星座のプリンセスは自らの力をプリンセススターカラーペンに封印して宇宙中にばらけることで蛇遣い座に奪われることを回避した。
そして、散らばった力を回収するための“器”として12星座のプリンセスが作り出したのが、宇宙妖精のフワなのである。
フワはスターパレスの一部を切り離して創造された存在であり、宇宙の法則を超える力を体内に蓄える機能を有している。ゆえにフワは“力の器”なのだ。
フワがペンから12星座のプリンセスを解放するたびに、プリンセスの力はフワに集まっていた。つまり復活したプリンセスは大した力は持ち得ていなかったのだ。

そして重要なのは、スタープリンセスは宇宙の創造の時に力の半分を失っていたこと、プリキュアのトゥインクルイマジネーションはその半分の力に匹敵することである。
つまり、12星座全ての力を蓄えたフワに、プリキュアのトゥインクルイマジネーションを注げば、宇宙を創造したプリンセスの力が再現される。フワを”大いなる力”に導く儀式とはそういうことだったのだ。
さらに言えばプリンセス達は当然、トゥインクルイマジネーションの正体を知っていたので、「トゥインクルイマジネーションが何処にあるかはわからない」とプリキュア達に言ったのも実のところ方便である。トゥインクルイマジネーションはプリキュア達が自ら見出すべきものなのでプリンセスが答えを言うわけにはいかなかったのだ。
(一応、トゥインクルイマジネーションは「何処か」にあるものではなかったので、嘘はついていないとも言えるが…)

12星座はこの力で、蛇遣い座という存在を宇宙から消し去ることを目論んでいた。プリキュア達のイマジネーションが望んだのが「蛇遣い座のいない平和な宇宙」であれば、宇宙はその通りに再構成されるからである。
だが、フワの中に溜め込まれた膨大な力を一気に解放させてしまうと、フワの魂はその衝撃に耐えられずに消滅してしまう。厳密に言えば消滅するのではなく元の形であるスターパレスに吸収されてしまうのだが、フワという存在の心と形が消え去ることには違いはない。この時に同時にフワが”器”として溜め込んでいた力もパレスに吸収される。
フワを吸収したスターパレスは機能を完全に取り戻す。そして宇宙を創造した時のような”大いなる力”がそこに宿っている。これで宇宙を望むままに作り変える条件が揃うのだ。

プリキュア達の選択

これらのことを蛇遣い座から暴露されたプリキュア達は、結果的に「フワを助けたい」という気持ちがイマジネーションにこもってしまい、”大いなる力”の発動に失敗してしまう。
その後、蛇遣い座がフワを奪い、”器”にトゥインクルイマジネーションの代わりに闇を満たすことで宇宙消滅を成功させてしまった。

だが宇宙が消えても、イマジネーションの残滓は残り続けていた。
プリキュア達はトゥインクルイマジネーションの力で肉体を保ち、それ以外の人々は消えてしまったがみんなの小さなイマジネーションの残滓が無数に集まりトゥインクルイマジネーションを超える塊となる。
それがプリキュアに力を与え、蛇遣い座を撃破。そしてトゥインクルイマジネーションと人々のイマジネーションの力が合わさったことで”大いなる力”が顕現。宇宙を元の形に再生させた。

”大いなる力”を得たプリキュアたちだが、なんとこの力は自ら手放さない限りは持ち続けられるものであり、つまりプリキュアたちはスタープリンセスと同等の存在になったのである。
宇宙を望むままの姿にできる権利が与えられたのだ。

しかし、”大いなる力”でも叶えられない望みが一つだけあった。それはフワの復活である。
”大いなる力”は、フワという存在がスターパレスに吸収されたことで存在しているのだから。
なので彼女たちは、プリキュアとしての力を手放しパレスに返すことで、フワを”器”の役割から解放させたうえで復活させた。この代償として彼女達は”大いなる力”を失い、ただの人に戻るのであった。

12星座のスタープリンセス達は彼女達の決断に人の可能性を見出し「人間は捨てたものではない。パレスに戻ってきて宇宙における人々の営みを見守っていかないか」と蛇遣い座のプリンセスを誘うが、蛇遣い座はこれまでの自身の行動から今更戻る気はないと断る。そして自分を消さなかったプリキュアへの義理立てもあり、この宇宙の行く末にしばらくは干渉しないことに変えて約束する。そのうえで「もしその世界が誤っていれば、我は再び現れよう」と警告し、散々利用していたガルオウガに力を失いかけた自らの腕輪を譲ると、闇に包まれながらいずこかへと消えていった。



上記のことから、本作の戦いは極端に表現した場合、宇宙を作ったスタープリンセス達の間に起こったいざこざが発端になり、それにプリキュアやノットレイダー、そして宇宙のあらゆる生命達が巻き込まれた形になる。蛇遣い座は言うまでもないが、物事を楽観視して彼女の意見を取り合わず放逐したのが全ての遠因となり、更にプリキュア達には重要な事実を隠したまま自分達の目的を遂行させようとした上、心と体を持ったフワを犠牲にしようと考えていたことからも、12星座のスタープリンセス達にも問題はあると言える。

関連記事

親記事

スター☆トゥインクルプリキュア すたーとぅいんくるぷりきゅあ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「トゥインクルイマジネーション」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31096

コメント