ピクシブ百科事典

ウラナイン星

うらないんせい

ウラナイン星とは、『スター☆トゥインクルプリキュア』に登場する架空の惑星である。
目次[非表示]

概要

本編においてひかる達が訪れる9番目の惑星であり、スターカラーペンを12本揃えてから初めて訪れる場所となる。

名前の通り占いが盛んな星で、様々な占い師が店を構えており多くの異星人が導きを求めてこの星に訪れる。星も大気圏外から眺めると巨大な水晶玉の様な形をしており、その周囲にも複数の結晶体の様な衛星が点在。そしてそれ等を黄色く輝く大きな光の環が囲い、星自体も光の幾何学模様で覆われていると言う神秘的な表層外見をしている。

この星が舞台となる第38話では、トゥインクルイマジネーションの手がかりが全く見つからず、行き詰まっプリキュア達が、「こうなれば占いにでも頼るしかない」と言うユニの提案により、彼女の知り合いである星読みの占い師ハッケニャーンを訪ねる運びとなり、この星に足を踏み入れる。
同時に本編では、惑星レインボーが滅んでからノットレイダーに潜入するまでのユニの過去の一端が明かされると同時に、彼女がトゥインクルイマジネーションに覚醒するまでの経緯が描かれる事となった。

住人


ユニの知り合いの占い師で、その姿は年老いたバケニャーン其の物。それもその筈ユニがノットレイダーに潜入した時のバケニャーンこそ、彼の若い頃の姿がモデルだからに他ならない。老齢の為に目が見えず、間違った方向を向きながら相手に語り掛けると言うドジぶりを時折見せ付けるが、占星術師としての腕は確か。街から離れた場所にある丘に一軒家を構えて1人で暮らしており、星読みの際はこの丘から見える空の星を客と共に見る事によって運命を占う。
その本質は占いと言うよりはカウンセリングに近いが、告げられる事自体は的を射ている。

劇中

トゥインクルイマジネーションの捜索が完全に暗礁に乗り上げてしまったひかる達。AIによる科学的分析を以てしても駄目ならと、ユニは最後の手段として星読み、つまり占いを提案。彼女の言葉を受けて一行はウラナイン星へと赴く。一方その頃、ユニへの復讐に燃えるアイワーンもまた、宇宙船のレーダーの反応から彼女を狙ってウラナイン星に向かっていた。

斯くしてウラナイン星にやって来たひかる達は、ユニの案内で街から離れた場所にある小高い丘にポツンと佇む一軒家を訪ねる。現れたのはバケニャーンにそっくりの老人であった。この人物こそユニが「(自身の中では)宇宙一の占い師」と評する占星術師なのだが、心を見透かされる様で彼女自身も正直苦手であり、だからこその最後の手段だったのだ。
えれなまどかに対し、丘から星空を眺めながらそう告げるユニだったが、其処へトゥインクルブックにオリジナルの星座を描いたので見て欲しいひかるが駆け寄る。続いて宇宙マタタビ入りのクッキーをハッケニャーンから貰ったフワが現れて食べようとしていた為、ひかる達は止めようと追い掛け回す。だが、この時ユニは気付かなかった。
他の仲間達に交じって楽しそうにしている姿を、アイワーンが激しい憎悪の目で見つめている事に……。

フワを捕まえて注意するユニの元にハッケニャーンが現れた為、占いの準備が出来たのかと尋ねたら本人はそんな気など無く、それ処か近くの山へ赴き、其処から採れる野草からお茶を淹れてひかる達をもてなそうとする始末。無論、そんな事の為にこんな所まで来た訳ではない為、ユニは声を荒げて抗議する。

此処で時系列はユニが最初にこの星を訪れた場面に遡る。レインボー星人としての本来の姿でハッケニャーンを尋ねたユニは、星読みは依頼者が星を見る事で行うものと彼に説かれ、その上で空に浮かぶ星を見る事に。だが、幾ら星空を見つめていても何も見えず、そんなユニの姿をハッケニャーンは全てを失い、怒りと憎しみに取り憑かれていると指摘する。するとユニは否定する事無く、震える拳を握り締め、アイワーンへの憎しみを吐露。するとハッケニャーンは、彼女がここへ来た理由が同じレインボー星人に似た姿の仲間を求めての事だったと見抜く。
故郷と同胞を失い、悲しみに打ちひしがれるユニはハッケニャーンから「皆を戻す方法はある」と告げられ、その上で更に「運命の星を見つける」様に助言される。星空界より遥か遠くにある星がユニを誘い、共に光り輝く――――それがハッケニャーンからのお告げであった。
だが、直後に占いの代金を請求されてしまい、持ち合わせの無いユニは払えないと答えた事でハッケニャーンは自分の代わりに宇宙を見る様に命じた。彼もまた、若い頃は宇宙中を旅して回った身の上であり、映し出された若き日の姿のホログラムはバケニャーン其の物。これが後にユニがノットレイダーに潜入する際のバケニャーンのペルソナのモデルとなったのだ。

そして現在、ハッケニャーンは既にユニが運命の星を見つけており、占いの通りになったと彼女に伝える。相変わらず言葉の意味が分からないユニだったが、其処へ彼女に居場所を奪われたアイワーンが急襲。宇宙船をアイワーンロボ23号へと変形させて襲い掛かるが、負けじとユニもキュアコスモに変身して応戦する。此処で再び時系列は遡り、ノットレイダーに潜入した際、ユニはとある砂漠の星でダークペンの実験を行っていたアイワーンに若き日のハッケニャーンの姿で接触し、其処から咄嗟にバケニャーンと名乗って取り入り、そのまま潜入していたのであった。

ハッケニャーンの見守る中、やがてコスモの元にキュアスターキュアミルキーキュアソレイユキュアセレーネと言う地球で出会った仲間達が援軍に駆け付け、プリンセススターカラーペンで強化されたそれぞれの技で応戦。
するとアイワーンは自分からノットレイダー内での居場所を奪ったコスモへの深い憎しみから、恐るべき秘密兵器を繰り出す。それはあらゆる物を石化させるエネルギー砲だった。故郷の仲間を石に変えられてしまったコスモにとってトラウマ以外の何物でも無い、因縁の攻撃の前に彼女は戦意を喪失し、その場にへたり込んでしまう。咄嗟にバリアを張って庇うスター達を蹴散らすと、アイワーンはコスモの正面に回り込んで再び石化させようとエネルギーをチャージし始める。

すると間に嘗てのバケニャーンに似た姿のハッケニャーンが割って入った為、アイワーンは困惑。

「遠い星を見上げているばかりでは気付かぬものだ。足元の花の美しさに…」

ハッケニャーンの言葉を受け、コスモは初めて変身した時にスターから言われた事を思い出す。

「知らないからもっと知りたい……わたしも会って話してみたい……この星の人達と!だってさ、キラやば~っ☆だよ。何でも好きな姿に変われるなんて!」

そして再起したコスモはアイワーンのエネルギー砲の砲身を蹴り上げてビームを空撃ちさせるが、アイワーンは尚もコスモに対する怒りと憎しみを燃え上がらせる。

「アタイの居場所を無くしたお前だけは、絶対!許さないっつーの!!」

目から涙を浮かべてそう叫ぶアイワーンの姿から、コスモは気付いた。自分が故郷を奪われた憎しみから、アイワーンと同じく相手の大事な居場所を奪う加害者の側になっていた事実に……。
再び放たれる石化のビームを前にコスモは逃げず、全て分かった上でアイワーンに謝罪し、許す事を宣言する。するとコスモの身体が黄金の光を放ち、石化の攻撃を無効化する。そして過去に囚われるのではなく、共に未来へ向かって歩いていきたいと叫ぶコスモの内から放たれた青白い光により、アイワーンはオリーフィオを失ったユニの悲しみを知った。それはコスモの中のトゥインクルイマジネーションが覚醒した瞬間であり、同時にフワとスタープリンセスダークネストもまたそれを感じ取っていた。

斯くして5人のスタートゥインクルイマジネーションによってアイワーンロボは浄化され、ユニとアイワーンは互いへの憎しみから解放される。その場に座り込むアイワーンに、ユニは「行く所が無いんでしょ?だったら…」と手を差し伸べる。

スタプリ38話


そんなユニの厚意に対して、相変わらず素直になれないアイワーンは何時もの悪態を吐いて飛び去って行ってしまった。だが、ユニの表情は憑き物が落ちたかの様に晴れやかであった。

見事にトゥインクルイマジネーションを見つけ出したユニは、仲間達と共に再び地球への帰路に就く。ハッケニャーンの告げた運命の星とはまさしく地球であり、そこで出会ったひかる達こそ共に輝く要の存在であった。


関連タグ

スター☆トゥインクルプリキュア 星空界 宇宙星空連合

関連記事

親記事

星空界 ほしぞらかい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウラナイン星」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 578

コメント