ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

バトンタッチプリキュア!

ばとんたっちぷりきゅあ

プリキュアシリーズの改編期である毎年1月最終日曜日に、前作と新作のメイン主人公によって、文字通り「バトンタッチ」される様子を指す。
目次 [非表示]

概要編集

通常、テレビ番組は4月10月が改編期である(次いで1月7月の改編が多い)が、プリキュアシリーズは新学期商戦との絡みから2月が改編期となる。この時期に於いて、前作のメイン主人公から次作のメイン主人公へ文字通り「バトンタッチ」される様子を指す。


初投稿編集

最初に当タグに該当するキャラクターが描かれたのは、『Yes!プリキュア5GoGo!』の主人公である夢原のぞみキュアドリーム)から、『フレッシュプリキュア』の主人公である桃園ラブキュアピーチ)へと引き継がれる光景だった。(関連イラスト(※)参照。)


公式では編集

プリキュアシリーズにおいては、新番組に交代してまだ間もない春に上映される映画『プリキュアオールスターズ』(別名「プリキュア新人研修」)の劇中にて「当代ピンクプリキュアと先代ピンクプリキュアが顔合わせする場面」が特別な演出で描かれるのが毎年の恒例行事ではあったものの、TVシリーズ最終回でのバトンタッチは、長らくファンアートのみであった。

スイートプリキュア♪』では第45話~第47話のエンドカードで『スイート』と次作『スマイルプリキュア!』双方のプリキュアが共演するイラストが描かれたものの、それ限りに終わっていたが、2015年の『ハピネスチャージプリキュア!』最終回では次作『Go!プリンセスプリキュア』とのバトンタッチが、一枚絵ではなく動いて喋るアニメーションで描かれることになった。

さらに2017年の『魔法つかいプリキュア!』最終回では、本編中に次作『キラキラ☆プリキュアアラモード』の主人公である宇佐美いちか/キュアホイップが先行して登場するようになった。


歴代のバトンタッチ映像は公式で配信されていて誰でも閲覧できるようになっているが、一部のDVD版や再放送では割愛されている(著作権の都合によるものらしく、『魔法つかい』以降では本編にも先行登場する関係上、再放送時にもバトンタッチ映像が流れる)


その後バトンタッチアイテムなるものが玩具化されるようになった。

これらのバトンタッチアイテムに共通することは「新番組の玩具に、前番組のモチーフを組み込んだもの」ということ。そして新番組の放映開始のわずかな時期にしか市場に出回らない期間限定品でもある。時期を逃すと正規の手段では二度と手に入らない。


公式におけるバトンタッチのデータ編集

2015年:『ハピネスチャージプリキュア!』→『Go!プリンセスプリキュア

  • 最終回での次年度主人公のゲスト出演
    • なし
  • バトンタッチアイテム
    • なし

2016年:『Go!プリンセスプリキュア』→『魔法つかいプリキュア


2017年:『魔法つかいプリキュア』→『キラキラ☆プリキュアアラモード


2018年:『キラキラ☆プリキュアアラモード』→『HUGっと!プリキュア

  • 最終回での次年度主人公のゲスト出演
    • 一年後、キラキラパティスリーからみんなが卒業する日。はなとはぐたんはキラパティの「最後のお客さん」としてこの店を訪れる。そしてはながお土産に買ったスイーツのせいで真のラスボスが目覚めてしまう。
    • 戦闘の際は当たり前のように肉弾戦を駆使しているため、肉弾戦禁止宣言がなされたプリアラで、その解禁を告げにきたような象徴的な立ち位置になっている。なお、いちかたちにはキュアエールだと名乗りはしたが、正体は明かさなかった。
    • 今回からはパートナー妖精も最終回本編やバトンタッチ映像に登場する。
  • バトンタッチアイテム

2019年:『HUGっと!プリキュア』→『スター☆トゥインクルプリキュア

  • 最終回での次年度主人公のゲスト出演
    • 自然発生したオシマイダーとハグプリのメンバーが戦う中、それを見守る観衆の中にひかるの姿が。そしてキュアエールの危機にキュアスターが乱入。星型のバリアで敵の攻撃を受け流しピンチを救う。
    • 今年のスターは正体は隠さず、戦い終わって元の姿に戻ったはなとひかるはすっかり友達に。ひかるが不思議なペンを探していると聞かされたはなは、はぐたんが道端に落ちていたペンを拾っていたことを思い出し、それをひかるに渡してあげた。するとそれはひかるが探していたものではなく「はぐたんペン」に姿を変えた。
    • 本編ではひかる(スター)のみ登場したが、バトンタッチ映像ではフワを連れて登場。
  • バトンタッチアイテム
    • スターカラーペン〜だいすきはぐたんver.〜
      • 「変身☆スターカラーペンダント(DX)」や「おせわしてフワ☆トゥインクルブック」の先着購入特典。このバトンタッチアイテムは『HUGっと!プリキュア』最終回に実際に登場しているが、バトンタッチアイテムそのものをアニメ本編中に登場させたのはこれが初。翌年からも四年連続でバトンタッチアイテムそのものが登場していた。

2020年:『スター☆トゥインクルプリキュア』→『ヒーリングっど♥プリキュア

    • 本作ではエンドカードの代わりに星座占いのコーナーが毎回行われたが、最終回ではそれがバトンタッチアニメーションに統合されている。
  • 最終回での次年度主人公のゲスト出演
    • 大人になったひかるが見た夢の中に登場。夢の中は最終決戦直後でひかるはまだ少女時代。
    • 幸せな夢の中では、ひかるは現実では離れ離れになっている羽衣ララと再会し、現実では失っているプリキュアの力も取り戻していた。夢の中のひかるはラテを連れて森を散歩していた花寺のどか/キュアグレースと友達になり、共闘して怪物を浄化。
    • するとフワをかたどったエレメントボトルが生み出され、今日の思い出にラテの首輪にアクセサリとして付けてあげた。夢から覚めた後の現実世界では、大人になったひかるの部屋に首輪にボトルを付けたラテのぬいぐるみが飾られていた。
    • 今作では敵組織と和解したことや自然発生したものでは無いため、この様な形になったと思われ、流石に連続で夢の話をするわけにはいかなかったのか、次々回作と次々々回作では後述の通りCパートで邂逅する形になった。
  • バトンタッチアイテム

2021年:『ヒーリングっど♥プリキュア』→『トロピカル〜ジュ!プリキュア

    • 前作の最終回とバトンタッチにラビリンは登場しなかったが、今回のバトンタッチではちゃんと登場する。
  • 最終回での次年度主人公のゲスト出演
    • 地球の聖域ヒーリングガーデンに、プリキュア達のミスによって人間界からナノビョーゲンウイルスが持ち込まれた。そのせいで怪物であるメガビョーゲンが発生して大騒ぎに。プリキュア達は慌てて対処するも苦戦を強いられ、地球環境を蝕む人間を快く思わないヒーリングアニマルサルローは、「災いを持ち込むのはいつだってお前ら人間なんだ!」と攻め立てる。人間はやはり地球を穢す存在にすぎないと不穏な空気がヒーリングアニマル達の中に流れるなか、ラテがプリキュアと人間たちを信じて必死に祈りを捧げたことで、新たなる希望としてキュアサマーが召喚された。
    • 『ヒープリ』は地球を蝕む敵と戦う主体は妖精であるヒーリングアニマルであり、プリキュアたちはその手伝いをするサポート役という位置付けがある。その中で、ヒーリングアニマルと関わりがないプリキュアの存在が最後に出てきたことで、人間には「未来を変える力」があるという希望を示したという最終回となっており、翌年主人公のゲストとしての登場が当年作のテーマの集約に影響を与えた形となる。
  • バトンタッチアイテム
    • ラテのハートクルリング
      • ラテの顔をしたハートクルリング。サマーが元の世界に送還される際にラテからお礼としてもらった。
      • 今年は例年と違って食玩ルートで展開され、「お菓子売り場でしか手に入らない(=オモチャ屋では買えない)」が売り文句になっている。
      • また、TV本編には登場していないが、他にもプリキュアキラキラパクトがバトンタッチアイテムとして展開される。こちらも食玩ルートでの商品。

2022年:『トロピカル〜ジュ!プリキュア』→『デリシャスパーティ♡プリキュア

  • 最終回での次年度主人公のゲスト出演。
    • 『トロプリ』本編自体はエンディング込みでBパートで終わらせ、Cパートで物語を展開。「Pretty_Holic」の催事出店で飾られているおむすびのオブジェを見て、お腹が空いたゆいがまっしぐら……と思ったら本物では無くてがっかり。直後おむすびを頭に乗せてひょっこり顔を出すまなつ、早速名前を尋ね、名前を聞くとメイク体験スペースへ。トロピカる部の面々にいろいろなメイクを施された後、まなつから「気合いを入れるために」と1本のリップをプレゼントされる。直後ゆいのハートキュアウォッチが光って何かを告げる……と同時にコメコメが飛び出すも、手慣れた様子ですぐ隠すゆい。まなつは気づかなかったふりをしたのか気にしないだけなのかスルーした上で、ゆいと共ににっこり。そしてゆいがやることがあると去って行き、まなつ達は手を振って見送るのだった。
    • ゆいは別れた後どこかの地で変身後の姿を見せ、名乗りを披露した所で『トロプリ』は完結。他作品の登場人物により物語が締めくくられるのは本シリーズ初(上記のようにCパート自体が『デパプリ』へのプロローグとも言える)。
    • 一方で放送後の16時からライブ配信された「キュアサマーのありがとうパーティー!」でもキュアプレシャスがスペシャルゲスト出演。この場でプレシャスのライブ配信用3DCGモデルが初めて公開されている。


2023年:『デリシャスパーティ♡プリキュア』→『ひろがるスカイプリキュア

  • 最終回での次年度主人公のゲスト出演。
    • 昨年に引き続き本編自体はエンディング込みでBパートで終わらせ、Cパートで物語を展開。
    • ソラがランニングをしている途中に、クッキングダムへのお土産に添えるお手紙を書こうとしたがペンが無くて困っているゆいたちに遭遇。ソラはミラージュペンを貸す。そして、ゆいから貰ったおむすびを食べ「ごはんは笑顔」に感銘を受けながらその場を立ち去って行った。
    • 昨年もおむすびが登場しているのでおむすびで始まりおむすびで締めた形となる。
    • Cパートでは変身前のソラとしての登場で、バトンタッチメッセージでキュアスカイの姿を初披露。エルもバトンタッチの最後で姿を見せたが、台詞はなかった。

  • バトンタッチアイテム
    • なし
      • 今回から放送開始前後に発売される「キラキラカードグミ」がバトンタッチアイテムの代わりとして発売されるようになったため、「ゴープリ」→「まほプリ」から続いた恒例のバトンタッチアイテムは未登場。
      • 作中に登場したミラージュペンはひろプリのアイテムでバトンタッチアイテムには当たらない。

2024年:『ひろがるスカイ!プリキュア』→『わんだふるぷりきゅあ!

  • 最終回での次年度主人公のゲスト出演
    • なし

  • バトンタッチアイテム
    • なし
      • 「ハピプリ」→「ゴープリ」以来となる、最終回ゲスト出演もバトンタッチアイテムもないバトンタッチとなった。今回もエルは変身前の赤ちゃんの姿であり、台詞なし。


主人公格(主役キュア)同士の関連イラスト編集

2006年:キュアブラック美墨なぎさ)→キュアブルーム日向咲

そして伝説へ・・・


2007年:キュアブルーム(日向咲)→キュアドリーム夢原のぞみ

咲&のぞみ


2009年:キュアドリーム(夢原のぞみ)→キュアピーチ桃園ラブ ※左側が初投稿イラスト

バトンタッチバトンターッチ♪


2010年:キュアピーチ(桃園ラブ)→キュアブロッサム花咲つぼみ

バトンタッチプリキュア!新世代へバトンタッチ!


2011年:キュアブロッサム(花咲つぼみ)→キュアメロディ北条響

物語は次のステージへ!たっち!


2012年:キュアメロディ(北条響)→キュアハッピー星空みゆき

あなたは明日のプリキュア!~響からみゆきへ~


2013年:キュアハッピー(星空みゆき)→キュアハート相田マナ

バトンタッチはい交代っ!がんばってね~♪


2014年:キュアハート(相田マナ)→キュアラブリー愛乃めぐみ

「後は任せたよ」「はいっ!」後はまかせたよ!

ドキプリからハピプリへ


2015年:キュアラブリー(愛乃めぐみ)→キュアフローラ春野はるか

プリキュア継承(バトンタッチ)先輩プリキュアの意志を受け継いで


2016年:キュアフローラ(春野はるか)→キュアミラクル朝日奈みらい

ミラクル×フローラル【Go!最終回】これからも終わらない物語

バトンタッチ


2017年:キュアミラクル(朝日奈みらい)→キュアホイップ宇佐美いちか

魔法アラモードミラクルホイップ


2018年:キュアホイップ(宇佐美いちか)→キュアエール野乃はな

無邪気にバトンタッチ!伝説のパティシエから後輩へのエール


2019年:キュアエール(野乃はな)→キュアスター星奈ひかる

無題


2020年:キュアスター(星奈ひかる)→キュアグレース花寺のどか

プリキュア2019-2020バトンタッチ


2021年:キュアグレース(花寺のどか)→キュアサマー夏海まなつ

トロプリへバトンタッチ!バトンタッチ!!プリキュア!


2022年:キュアサマー(夏海まなつ)→キュアプレシャス和実ゆい

トロプリ、デパプリ Wプリキュアバトンタッチイラストバトンタッチ


2023年:キュアプレシャス(和実ゆい)→キュアスカイソラ・ハレワタール

バトンパッシングおむすびリレー


2023年:キュアスカイ(ソラ・ハレワタール)→キュアワンダフル犬飼こむぎ

ひろがるワンダフル飼い主(いろはましろ)とペット(こむぎソラ)


関連イラスト 番外編編集

桃キュア編集

プレシャス&グレースPrecious ⊱✿⊰ Grace

💖🦋💖

白キュア編集

繋ぐ

赤キュア編集

イケメンコンビ

黄キュア編集

カレーリレーピース「がんばってね、後輩!」

緑キュア編集

勇気りんりん緑の大地

青キュア編集

受け継がれし“称号”バトンタッチ!!

ようこそ同じ土俵へえりかからひめへ

ソラここ

紫キュア編集

センシティブな作品

属性繋がり(アホな子編集

センシティブな作品

名前繋がり(ルージュプリンセストゥインクル編集

時期プリキュアタイトル発表記念ようこそザ・サード

チーム間バトンタッチ編集

スマプリドキプリ編集

スマイル→ドキドキ

ヒープリトロプリ編集

ヒーリングっど❤トロピカル~ジュ!ヒープリ→☆トロプリバトンタッチ!おいでませヒーリングガーデン♪

妖精編集

妖精もバトンタッチ

その他編集

プリキュア新旧バトンタッチ!
ワンドロ:7/3 「せいじ・ブルー」ハピネスチャージ な一コマ


元祖編集

このバトンタッチの起源は驚く程大変古く、なんと初代な魔法使いサリー/夢野サリーひみつのアッコちゃん/加賀美あつ子の間で交わされていたのである。

アッコちゃん&サリーちゃん


余談編集

プリキュアシリーズのコミカライズを手がける上北ふたごによるなかよし版『MH』の最終回では、咲と舞が本編に先駆けて登場しており、なぎさ達と直接は関わらなかったものの、バトンタッチ的な意図があったものと思われる。


関連タグ編集

プリキュアシリーズ 映画「プリキュアオールスターズ」

最終回 戦隊モノ最終回恒例行事 ピンクチーム 主役キュア

無事之名馬


バトンタッチを交わした主役キュアのコンビタグ編集

なぎ咲 咲のぞ ラブのぞ ラブつぼ

つぼひび みゆひび マナみゆ マナめぐ

めぐはる はるみら みらいち いちはな

はなひか ひかのど のどまな まなゆい

ゆいソラ


関連リンク編集

1.シネマトゥデイ 歴代プリキュア声優集結!恒例イベント、誕生秘話が明らかに!

2.水沢史絵『Fumie'sBlog』"プリキュア10周年"

関連記事

親記事

プリキュアシリーズ ぷりきゅあしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1636971

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました