ピクシブ百科事典

バトンタッチプリキュア!

ばとんたっちぷりきゅあ

プリキュアシリーズの改編期である毎年2月に、前作と新作のメイン主人公によって、文字通り「バトンタッチ」される様子を指す。
目次[非表示]

概要

通常、テレビ番組は4月と10月が改編期である(最近は1月、7月の改編も目立ってきた)が、プリキュアシリーズは新学期商戦との絡みから、2月が改編期となる。この時期に於いて、前作のメイン主人公から、新作のメイン主人公へ、文字通り「バトンタッチ」される様子を指す。

スーパー戦隊シリーズでは、最終回後の提供クレジットで実際にバトンタッチすることが恒例となっていたため、プリキュアファンの中では最終回直後に次回作のプリキュアへバトンタッチするイラストを描くことが流行した。

初投稿

最初に当タグに該当するキャラクターが描かれたのは、『Yes!プリキュア5GoGo!』の主人公である夢原のぞみキュアドリーム)から、『フレッシュプリキュア』の主人公である桃園ラブキュアピーチ)へと引き継がれる光景だった。(関連イラスト(※)参照。)

中の人もバトンタッチ!

映画「プリキュアオールスターズ」が定着するようになってから、毎年1月下旬のアフレコ時に、メイン主人公間でのバトンタッチが行われるようになっている。

元々は仲の良い三瓶由布子(『Yes!プリキュア5GoGo!夢原のぞみ/キュアドリーム役)・水沢史絵(『ハートキャッチプリキュア!来海えりか/キュアマリン役)・小清水亜美(『スイートプリキュア♪北条響/キュアメロディ役)が2011年公開の『DX3』のアフレコの際に三瓶立ち会いの下水沢から小清水へバトンタッチを行い、その写真を小清水が自身の公式ブログに掲載した事がきっかけとなった。
翌2012年公開の『NS1』では水沢立ち会いの下小清水から福圓美里(『スマイルプリキュア!』(星空みゆき/キュアハッピー役)へのバトンタッチが行われ、ここからメイン主人公間のバトンタッチが慣例化。以後、2013年公開の『NS2』では福圓から生天目仁美(『ドキドキ!プリキュア相田マナ/キュアハート役)へ、2014年公開の『NS3』では生天目から中島愛(『ハピネスチャージプリキュア!愛乃めぐみ/キュアラブリー役)へ、2015年の『春のカーニバル♪』では中島から嶋村侑(『Go!プリンセスプリキュア春野はるか/キュアフローラ)へ、2016年の『みんなで歌う♪奇跡の魔法!』では嶋村から高橋李依(『魔法つかいプリキュア!朝日奈みらい/キュアミラクル)へ、2017年の『映画プリキュアドリームスターズ!』では高橋から美山加恋(『キラキラ☆プリキュアアラモード宇佐美いちか/キュアホイップ)へのバトンタッチが行われている。

オールスターズ時代は初登場から皆勤だったこともあり、代々仕掛け人である水沢が立会人を務めていたが、『NS2』では水樹奈々(『ハートキャッチプリキュア!』花咲つぼみ/キュアブロッサム役)も立ち会いに参加している。

番外バトン

このイベントでは、メイン主人公たるピンクプリキュア役と平行して、他色のプリキュア役声優間でもバトンタッチが行われている。
『NS1』では水沢から豊口めぐみ(『スイートプリキュア♪』黒川エレン/キュアビート役)を経由して西村ちなみ(『スマイルプリキュア!』(青木れいか/キュアビューティ役)へ、大久保瑠美(『スイートプリキュア♪』調辺アコ/キュアミューズ役)から金元寿子(『スマイルプリキュア!』(黄瀬やよい/キュアピース役)へ。『NS3』では「長峯ブルー継承」と称して水沢から潘めぐみ(『ハピネスチャージプリキュア!』白雪ひめ/キュアプリンセス役)へのバトンタッチが行われている。『春のカーニバル♪』でも潘から浅野真澄海藤みなみ/キュアマーメイド役)、北川里奈大森ゆうこ/キュアハニー役)から山村響天ノ川きらら/キュアトゥインクル役)のバトンタッチが行われた。

また、『春のカーニバル♪』では、さらに小堀幸ぐらさん役)から東山奈央パフ役)・古城門志帆アロマ役)へ、『奇跡の魔法!』で古城門から齋藤彩夏モフルン役)へと、妖精役声優によるバトンも行われている。

伝統の「バナナバトン」

ここで使われるのは本物のバトンではなく、なぜかバナナ
最初非常灯で行われていたのが、小清水が水沢からバトンを受け取った時、チキータ(NSシリーズ3作と『春のカーニバル』でタイアップキャンペーンに参加)から差し入れられたバナナをたまたま使ったそうである。(関連リンク1.参照)
とはいえ、大久保→金元は缶ジュースでバトンタッチをしていたり、水沢→潘はチキータ繋がりかなんとパイナップルでバトンタッチしている(関連リンク2.参照)。妖精役2人によるバトンに至ってはイチゴでのバトンタッチになっている。また、バナナであっても潘から浅野のバトンタッチはバナナを房ごと使っている。

2016年はチキータが『ミニオンズ』のスポンサーに回ったため、嶋村→高橋は前売券特典のジュエルバッグで、古城門→齋藤はエアバトンでバトンタッチを行っている。
2017年の高橋美山へのバトンタッチは、『魔法つかい…』の重要アイテムであったいちごメロンパンがバトン代わりに使われていた。

そして公式が追いついた

プリキュアシリーズにおいては、新番組に交代してまだ間もない春に上映される映画『プリキュアオールスターズ』(別名「プリキュア新人研修」)の劇中にて「当代桃キュアと先代桃キュアが顔合わせする場面」が描かれるのが毎年の恒例行事ではあったものの、戦隊シリーズのようなTVシリーズ最終回でのバトンタッチは、長らくファンアートのみであった。
スイートプリキュア♪』では45話から47話のエンドカードで『スイート』と次作『スマイルプリキュア!』双方のプリキュアが共演するイラストが描かれたものの、それ限りに終わっている。
だが2015年。シリーズ10周年である『ハピネスチャージプリキュア!』最終回では次作『Go!プリンセスプリキュア』とのバトンタッチが、一枚絵ではなく動いて喋るアニメーションで描かれることになった。
2016年も『プリンセスプリキュア』最終回にて次作『魔法つかいプリキュア!』への引き継ぎが描かれ、継続と定着への二歩目を踏み出したと言えるだろう。
その次の2017年では、何と『魔法つかいプリキュア!』最終回の本編中に次作『キラキラ☆プリキュアアラモード』の主人公である宇佐美いちか/キュアホイップが先行して登場しており、本編終了後の引継ぎではキュアミラクルが「さっきの!?」という台詞を発するという心憎い演出となっている。





玩具での扱い

財団Bが商機の匂いをかぎつけたのか、なんとバトンタッチリンクルストーンセットなるものを発売。ドレスアップキーデザインのリンクルストーンというにくいデザインで、パッケージイラストはキュアフローラキュアミラクルが手を合わせている姿。
さらに翌年もバトンタッチアニマルスイーツセットを発売、こちらではホイップクリームが添えられたいちごメロンパンとモフルンをモチーフにしたチョコムースケーキ(どちらも上述の本編内でも登場している)に。また『映画プリキュアドリームスターズ!』の前売券の特典にもモフルンさくらマフィンがつけられている。

映画から始まった「プリキュアの世代交代を祝う文化」とその成長とが感じられ、今後の更なる路線継続に期待が高まっている現状と言えよう。

主人公格(ピンクプリキュア)同士の関連イラスト

2006年:キュアブラック(美墨なぎさ)→キュアブルーム(日向咲)

そして伝説へ・・・



2007年:キュアブルーム(日向咲)→キュアドリーム(夢原のぞみ)

咲&のぞみ



2009年:キュアドリーム(夢原のぞみ)→キュアピーチ(桃園ラブ) ※左側が初投稿イラスト

バトンタッチ
バトンターッチ♪



2010年:キュアピーチ(桃園ラブ)→キュアブロッサム(花咲つぼみ)

バトンタッチプリキュア!
新世代へバトンタッチ!



2011年:キュアブロッサム(花咲つぼみ)→キュアメロディ(北条響)

物語は次のステージへ!
たっち!



2012年:キュアメロディ(北条響)→キュアハッピー(星空みゆき)

あなたは明日のプリキュア!~響からみゆきへ~
世代交代



2013年:キュアハッピー(星空みゆき)→キュアハート(相田マナ)

バトンタッチ
はい交代っ!がんばってね~♪


この想いを・・・



2014年:キュアハート(相田マナ)→キュアラブリー(愛乃めぐみ)

「後は任せたよ」「はいっ!」
後はまかせたよ!


ドキプリからハピプリへ



2015年:キュアラブリー(愛乃めぐみ)→キュアフローラ(春野はるか)

キュアフローラとラブリー
先輩プリキュアの意志を受け継いで



2016年:キュアフローラ(春野はるか)→キュアミラクル(朝日奈みらい)

ミラクル×フローラル
【Go!最終回】これからも終わらない物語


バトンタッチ



2017年:キュアミラクル(朝日奈みらい)→キュアホイップ(宇佐美いちか)

魔法アラモード
ミラクルホイップ



関連イラスト 番外編

赤キュア

イケメンコンビ


黄キュア

カレーリレー
ピース「がんばってね、後輩!」


緑キュア

勇気りんりん緑の大地


青キュア

受け継がれし“称号”
バトンタッチ!!


ようこそ同じ土俵へ
えりかからひめへ


紫キュア

キュアフォーチュンとキュアムーンライト
マジカルからマカロンへバトンタッチ!!


その他

プリキュア新旧バトンタッチ!
二階堂と相楽くん


ワンドロ:7/3 「せいじ・ブルー」
ハピネスチャージ な一コマ


元祖

このバトンタッチの起源は驚く程古く、なんと初代の「魔法使いサリー」と「ひみつのアッコちゃん」の間で交わされていたのである。

アッコちゃん&サリーちゃん



関連タグ

プリキュア 映画「プリキュアオールスターズ」
最終回 戦隊モノ最終回恒例行事 ピンクチーム

バトンタッチした/されたピンクチームのコンビタグ

なぎ咲 咲のぞ ラブのぞ ラブつぼ
つぼひび みゆひび マナみゆ マナめぐ
めぐはる はるみら みらいち

関連リンク

1.シネマトゥデイ 歴代プリキュア声優集結!恒例イベント、誕生秘話が明らかに!
2.水沢史絵『Fumie'sBlog』"プリキュア10周年"

pixivに投稿された作品 pixivで「バトンタッチプリキュア!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 425796

コメント