ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

プリキュアの歴史

ぷりきゅあのれきし

プリキュアの歴史とは、「プリキュアシリーズ」作中における過去のプリキュア達についてのまとめ記事。
目次 [非表示]

概要

この記事では、本編において明かされた「過去に存在・活躍したプリキュアの出来事」を年数毎にまとめている。

時系列順で並べてはいるが、以下に示すものは一部を除いて全てが別世界におけるお話である。よって全ての歴史に繋がりがあるわけではく、歴史として一本化されているわけでもないことを留意されたし


つまり、「キュアアンジェとキュアフラワー」、または「キュアミラージュとキュアテンダー」の2組は、それぞれに関しては同一の世界観の存在であるため時間的な繋がりが存在する。

一方、双方の組同士とは世界観は異なるため一切繋がりはなく、さらに言えば1万年前もの太古に存在したとされるトランプ王国のプリキュアとはどちらも関係性が一切ない。

逆に、これらを考えなしに統合してしまうと、劇中で「初代プリキュア」とされたキュアアンジェの設定の根幹が揺らいだりと、いろいろ混乱が生じてしまう。


あくまでこの記事はそれっぽく歴史を並べてプリキュアの歴史書といった風に並べているだけである。世界観的に関わり合いがあるかは登場作品を見て判断されたし。


宇宙創生前

ふたりはプリキュアSplash☆Star』内でのできごと

宇宙が誕生するよりも前、なにも存在しない暗黒の静寂な世界の時代に、後に「ダークフォール」の黒幕となるゴーヤーンという滅びの化身が存在していたが、宇宙の創生により誕生した星や生命にゴーヤーンは鬱陶しさを感じるようになる。


存在していた者
Gouyaan
ゴーヤーン

スター☆トゥインクルプリキュア』内でのできごと

スターパレス」にて宇宙の創造を司る13星座のスタープリンセスたちが存在していたが、その中のひとりで後に「ノットレイダー」の支配者となる蛇遣い座が生命にイマジネーション(想像力)を与えることに反対して離反したことで、スタープリンセスは12星座へと減ってしまう。



侵略者
蛇遣い座のプリンセス
蛇遣い座

宇宙創生期

ふたりはプリキュア』および『ふたりはプリキュアMaxHeart』内でのできごとである。

なにもなかった無の世界に突如として大きな爆発(ビッグバン)が発生し、その爆発によって「宇宙」が生まれたことで無数の星が誕生し、数多の生命が生まれるようになる。

宇宙が誕生する直後、「光」と「闇」という概念も誕生することになり、光からは後に「光の園」の女王となるクイーンという光の化身が誕生し、闇からは後に「ドツクゾーン」の帝王となるジャアクキングという闇の化身が誕生する。


守護者
みなぎる勇気!あふれる希望!
クイーン


人間界誕生前

魔法つかいプリキュア!』内でのできごとである。戦った場所は人間界と魔法界の元となる「花の海」。

当時、花の海を守護していたマザー・ラパーパという神秘的な存在が、宇宙の混沌から生まれた「終わりなき混沌」と呼ばれるデウスマストとその眷属たちと戦っていた時期。

結果はマザー・ラパーパの勝利であり、デウスマストの眷属たちは封印され、デウスマスト本人は宇宙の彼方へと追放されるが、マザー・ラパーパも長きにわたる激闘によって負傷する。

マザー・ラパーパの負傷の影響で花の海は2つの世界に分離され、1つは人間界に、もう1つは魔法界へと姿を変える。




1万年前(紀元前8000年頃?)

ドキドキ!プリキュア』内でのできごとである。戦った場所は「人間界」。

キュアエンプレスキュアマジシャンキュアプリーステスという3人組のプリキュアが妖精のメランとともに、当時の宇宙を支配していた「ジコチュー」と呼ばれるプロトジコチューとその手下たちと戦っていた時期。

この時代のプリキュアたちは、「三種の神器」と呼ばれるアイテム(マジカルラブリーパッドエターナルゴールデンクラウンミラクルドラゴングレイブ)を駆使して戦う。

結果は両者引き分けであり、プリキュアたちは力尽き、プロトジコチューは「エターナルゴールデンクラウン」の力によって「トランプ王国」の地下に封印された。




数百年前

トロピカル〜ジュ!プリキュア』内でのできごとである。戦った場所は「人間界」で、近世のヨーロッパと推測される。


グランオーシャンに伝わる魔女から人魚と人間の世界を救った伝説の戦士であるキュアオアシスが、破壊の化身である破壊の魔女と戦っていた時期。

キュアオアシスは現代のプリキュアと同じくハートルージュロッドを使用していた。

激しい戦闘の末、破壊の魔女は「決着は明日にしよう」と言い残してその場を去ったため、戦いの決着はつかなかった。このできごとを発端に破壊の魔女はあとまわしの魔女に変貌。キュアオアシスは魔女に二度と会うことなく寿命を迎えたため、永遠に決着がつく事は無くなった。




400年前(17世紀頃?)

ハートキャッチプリキュア!』の映画版でのできごとである。戦った場所はフランスの「パリ」。

キュアアンジェと呼ばれる作中初代のプリキュアが、「砂漠の使徒」が最初に送り込んだ幹部・サラマンダー男爵と戦っていた時期。

結果はキュアアンジェの勝利であり、サラマンダー男爵は「モンサンミッシェル」の中に封印される。しかし、以降の作中の歴史に因縁を残し、プリキュアと砂漠の使徒が憎み合う「負の連鎖」の誕生となった出来事でもある。

また、これ以降の作中のプリキュアたちは「プリキュアパレス」という城の中に像が建てられている。




300年前(18世紀頃?)

ハピネスチャージプリキュア!』内でのできごと

戦った場所は「月」と推測される。

当時、日本の「ぴかりが丘」にある「ぴかり神社」で巫女をしていたキュアミラージュが、妖精のファンファンや地球の精霊であるブルーとともに、正体不明の巨大な敵と戦っていた時期。

キュアミラージュたちは、「シャイニングメイクドレッサー」を駆使して戦った。

結果はキュアミラージュたちの勝利であり、巨大な敵は「アクシア」の中に封印された。しかし、ブルーに恋を寄せていたキュアミラージュが、当のブルーに恋心を拒絶されたことで酷く悲しみ、そこを黒い鏡の精・ディープミラーに唆されたことで、キュアミラージュはクイーンミラージュという悪の存在へと変貌し、幻影帝国を結成した。



侵略者
憎め!憎め!
謎の巨大な敵

ひろがるスカイ!プリキュア』内でのできごと

戦った場所はスカイランド

当時のスカイランドのプリンセスエルレインが祈りを捧げて変身したキュアノーブルと呼ばれる伝説のプリキュアが、スカイランドに侵攻してきたアンダーグ帝国の皇帝カイザー・アンダーグと戦っていた時期。

娘であるカイゼリン・アンダーグの説得に耳を貸さず、尚もスカイランドを攻め滅ぼそうとするカイザーに激昂したノーブルは戦いの最中にプリキュア・マジックアワーズエンドを繰り出すも、そこに戦いを止めに来たカイゼリンが割って入り傷を負ってしまう。まさかの事態にお互いが涙してしまい、ノーブルはカイザーにアンダーグ・エナジーによるカイゼリンの傷の治療を提案。それをカイザーが実行した事で戦いは終息し、スカイランドとアンダーグ帝国との間に和平が結ばれた。

しかし現代のスカイランドではアンダーグ帝国に関する記録が残っておらず、アンダーグ帝国の女帝となったカイゼリンも現代のプリンセスであるエルに対して恨みを抱くなど、300年の間に両国の和平が崩れる様な何かしらの出来事が起きたと思われるが、第47話にてカイゼリンは「和平を結んだ後にキュアノーブルがアンダーグ帝国を裏切りカイザーを手にかけた(要約)」と答えた一方、エルレインは「和平を結ぶも突然アンダーグ帝国が一方的に交流を断絶した(要約)」と答えており、両者の証言が完全に食い違っている。

しかし第49話にてカイザーを殺害した真犯人はスキアヘッドである事が明らかになり、カイゼリンがプリンセスを憎んでいたのはスキアヘッドにより記憶を彼自身の都合のいい様に書き換えられていた為というのが真相であった。




100年以上前

キラキラ☆プリキュアアラモード』内でのできごとである。戦った場所は「人間界」。

当時、日本の「いちご坂」を守護していたルミエルという女性が、「キラキラルをうばう存在」と呼ばれるノワールとそのしもべたちと戦っていた時期。服装からして明治から昭和初期あたりと推測される。

戦いの詳細は不明だが、少なくともルミエルはディアブルを戦闘不能にまで追い詰めていたが、ノワールを完全に封印することは叶わなかった模様。

また、同時期にはノワールの分身にあたるエリシオが誕生する他、ビブリーがノワールのしもべになっている。


守護者
昔のプリキュアさん
ルミエル


50年前(1950年代?)

『ハートキャッチプリキュア!』内でのできごとである。戦った場所は「人間界」。

キュアフラワーに変身する五代薫子(のちに花咲空と結婚する事で花咲姓を得て花咲薫子となり、さらにのち花咲つぼみの祖母となる)が妖精のコッペとともに、「砂漠の使徒」の王になったデューンと戦っていた時期。

結果はキュアフラワーの勝利であり、デューンは宇宙へと逃亡した。

しかし、デューンに「憎しみ」の感情を増大させることになり、以降のキュアブロッサム(花咲つぼみ)たちの世代を巻き込む出来事であったとも言える。



侵略者
でゅーんさま
デューン

3年前(近代)

『ハピネスチャージプリキュア!』内でのできごとである。戦った場所は「人間界」。

キュアテンダーに変身する氷川まりあ氷川いおなの姉)が妖精のぐらさんとともに、「幻影帝国」のプリキュアハンター・ファントムと戦っていた時期。

結果はファントムの勝利であり、キュアテンダーは「プリキュア墓場」という空間に封印されることになる。

このことが原因で、まりあの妹・氷川いおながファントムに憎しみをいだくことになり、姉の変身アイテムを受け継いでキュアフォーチュンとなった出来事でもある。




遥か未来

※厳密には過去ではないが、間違いなく本編の出来事と因果関係が成立するためこちらに記載。


HUGっと!プリキュア』内のできごとである。戦った場所はハリハム・ハリーが暮らしていた、遥か未来の「人間界」。

クライアス社が突如世界から未来を奪うため襲撃、元々欲に溺れ明日への希望を失いつつあった人々の多くはなすすべなく時間を止められてしまう。事態を解決すべく、4人のプリキュアがクライアス社と対決する。

結果はクライアス社の勝利であり、プリキュアは3人が倒され、残る1人であるキュアトゥモローは投獄されるが、ハリーと共に脱獄し、「ミライクリスタル」の力で時間逆行を図る。

この時、ハリーと赤ん坊に退行してしまったキュアトゥモローが、そして彼らを追ってきたクライアス社の面々が現代にやってきたことで、はなをはじめとする現代の「はぐくみ市」の「のびのび町」も未来を巡る戦いに巻き込まれることとなる。

なお、最終回の描写から具体的には推定2040年代程度と案外近い将来の話であるが、メイン視聴者の子供たちにとって放送当時から約20年先というのは自分の半生の数倍ということになり、とてつもなく長い時間になる。


守護者
キュアトゥモロー
はぐたんキュアトゥモロー、他3名
妖精
ハリハム・ハリー
ハリハム・ハリー※ハリーは当初、クライアス社の社員としてキュアトゥモローたちと敵対していたが、後に改心してプリキュア側につく。


時期不明

スイートプリキュア♪』内でのできごと

詳細の時期は不明。戦った場所は「メイジャーランド」。

音の精霊であるクレッシェンドトーンとその戦士である調辺音吉が、宇宙の「悲しみ」から生まれた悪の化身であるノイズと戦っていた時期。

結果は両者引き分けであり、激闘の末、クレッシェンドトーンは「魔響の森」と呼ばれる場所に封印され、ノイズは音吉によって石板の中に封印される。

封印されている間もノイズは力を蓄えており、メイジャーランドの国王であるメフィストやその三銃士(バスドラバリトンファルセット)を洗脳して配下に置き、彼らを利用して「マイナーランド」を建国する。



侵略者
ノイズ完全体
ノイズ

このほか、小説『スイートプリキュア♪』によれば、何時後のの出来事かは不明だが、音の持つ“響”を奪い取る怪物・ヴァニッシュに襲われ滅亡寸前に追い込まれた事があるらしい。なお、事の顛末についての詳細は不明だが、少なくともTV本編を見る限り何とか撃退できた模様。



Go!プリンセスプリキュア』内でのできごと

詳細の時期は不明だが、相当昔とのこと。戦った場所は「ホープキングダム」。

先代のキュアフローラ先代のキュアマーメイド先代のキュアトゥインクルというホープキングダムの3人のプリンセスプリキュアが、ホープキングダムの「絶望」から生まれた「ディスダーク」のディスピアとその三銃士たちと戦っていた時期。

結果は先代のプリンセスプリキュアの勝利であり、ディスピアとその三銃士はホープキングダムの辺境にある「絶望の森」に封印される。

封印されている間もディスピアは力を蓄えており、ホープキングダムの王女をトワイライトという自分の配下に変貌させ、更には王女がいなくなったホープキングダムの民たちの絶望を吸収した後、長い時を経てディスピアは復活を果たす。




ヒーリングっど♥プリキュア』内でのできごと

詳細な時期は不明だが、弥生時代に相当すると考えられる。戦った場所は「人間界」。

フウ」という少女が変身したプリキュアが、まだ幼いヒーリングアニマルだった「テアティーヌ」と共に、キングビョーゲンと戦っていた時期。

結果はプリキュアの勝利であり、キングビョーゲンは力を失い意識だけの存在になった。

戦いの舞台になった場所は後のすこやか市となり、当時の風景として水田竪穴式住居が描かれていた。

なお、現代に登場した風鈴アスミ/キュアアースは先代プリキュアを模した精霊だが、先代プリキュアの名前がキュアアースだったかは不明。




その他

上記のシリーズ以外でも『ふたりはプリキュア(及びMaxHeart)』・『ふたりはプリキュアSplash☆Star』・『Yes!プリキュア5(及びGoGo!)』・『フレッシュプリキュア!』・『スマイルプリキュア!』内で「伝説の戦士プリキュア」との呼び方が出ているため、それぞれの主人公たちより昔にプリキュアがいたことは仄めかされている。


また、S☆Sの第2話ではゴーヤーンの口からその言葉が出ており、同時に過去のプリキュアのイメージが映された(シルエットになっているが姿は明らかに初代)。


関連タグ

プリキュアシリーズ プリキュア

プリキュア戦士一覧

プリキュアの敵一覧

関連記事

親記事

プリキュアシリーズ ぷりきゅあしりーず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2120

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました