ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:松岡洋子

概要

30話に登場した妖精。
亀を思わせる姿をしており、「亀は万年」のことわざの通り、1万年以上は生きている妖精である。プリキュアシリーズ初の爬虫類妖精でもある。
▼こちらが普段の姿。中央上部。

【考察】亀は万年(憂鬱)/セバスカ―の秘密?


かなりの高齢であるが、プリキュアシリーズにおける妖精が齢を重ねる毎にプリキュアを凌駕しかねないほど強くなっていくのは、五代薫子キュアフラワーと出会って半世紀近くなっても3人がかりで攻めてきた新人プリキュアと互角に戦い、ひと睨みでスナッキーの戦意を喪失させたコッペ様で証明されている。
メランもまた、妖精と呼ぶにはあまりにも強力過ぎる存在であった。

詳細(ネタバレ注意)

かつては1万年前のプリキュアの一人であるキュアエンプレスのパートナーであった。
現在はエンプレスが使用していたプリキュア三種の神器の一つ「水晶の鏡(マジカルラブリーパッド)」を、洋上の孤島の洞窟で一人で守り続けている。
水晶の鏡を求めて島を訪れたプリキュアたちに試練を与えるため、ドラゴンに変身して戦いを挑んでくる。最終的に戦闘ではプリキュアに負けなかったが、キュアハートにエンプレスの面影を感じたことで水晶の鏡をプリキュアたちに託した。
いっそ彼女がジコチューと戦った方がいいんじゃないかと思うくらいの強さを誇るが、「新しい時代はお前たちで切り開いてこそ価値がある」と現代のプリキュアたちへの同行は断っている(その前に「私はもう十分生きた」とも言っていることから死期が近いとも考えられる)。
この回以降の本編では登場していないが、2015年3月公開の『プリキュアオールスターズ春のカーニバル♪』では「39フェアリーズ」のMVシーンにおいて妖精態で登場している。

能力

前述のとおり、ドラゴン(亀の様な姿をしているから、ガメラの親戚だと思った)に変身する能力を持つ。口から炎のブレスを吐き、鱗はプリキュアの打撃を受け付けないほど頑丈。更にラブリーフォースアローエースショットの同時攻撃をもってしても破れないバリアを展開することもできる。
ほぼこいつこいつを足したレベル、と言えばその実力の高さが伝わるだろうか。

中の人

演じる松岡洋子はプリキュアシリーズには『映画ふたりはプリキュアMaxHeart』のスクエア役以来の出演でTVシリーズには初登場となる。

関連

ドキドキ!プリキュア キュアエンプレス

関連記事

親記事

ドキドキ!プリキュア どきどきぷりきゅあ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メラン(プリキュア)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 79553

コメント