ピクシブ百科事典

ルールー(プリキュア)

るーるー

アニメ『HUGっと!プリキュア』に登場するクライアス社の社員の1人。
目次[非表示]

「プリキュアの分析は完了済み。排除成功確率99%……」
CV:田村ゆかり

概要

アニメ『HUGっと!プリキュア』の敵キャラクターで、クライアス社の社員の一人。
公式サイトによると所属は「あざばぶ支社」で役職は「アルバイト」。あざばぶ支社のメンバーの中では地位が一番低い模様。
淡い紫色の髪と、濃い紫色の常に虚ろな瞳が特徴的で、感情は希薄、表情も無機質な印象を与える。

話し方は事務的、というよりも機械的。言葉遣い自体は中性口調で、会話では基本的に敬語を使用する。
一人称は「わたし」、二人称は「あなた」。呼称はチャラリートを「係長」、パップルを「課長」「パップル様」と役職名または敬称つきで呼び、はなたちプリキュアは「キュア○○」と変身名(面と向かってはファーストネームを呼び捨て)で呼んでいる。
ただし、チャラリートが組織を去った後は彼を呼び捨てにしていた。

役職的にはクライアス社では一番の下っ端だが、OPアニメでのクライアス社メンバー集合シーンではルールーが一番目立っており、彼女は当初から重要キャラであることが匂わされている。
ちなみに、東映アニメーション側での番組公式サイトのクライアス社のキャラクター紹介ページの並び順はルールーが最初となっている(例年のパターンなら登場順=並び順になるので、第1話にて出撃したチャラリートが最初になるはず)。

髪は普段三つ編みのアップ髪にして結い上げており、頭頂部には猫耳風のシニヨンがある。黒のカチューシャを着けており、両耳には銀色のアクセサリーを装着している(ちなみにカチューシャには時計機能が付属している)。
また黒と紫を基調とした衣装を纏い、襟の詰まったノースリーブ風の服にタイトスカートを穿いてマントを羽織り、ガーターベルトを用いた黒のブーツを履いている。背丈は現代日本の女子中学生と比べて高めである。

ルールー
ルールーちゃん



人物

社には非常に従順で、冷静かつ理知的。与えられた仕事は速やかに遂行し、基本的には断らない。
そして常に無表情で、感情を表に出すことは無い…と言うよりほぼ無感情。パップルに理解を求められた恋愛感情や、人の情に動かされるプリキュア達のことを「理解不能」としており、物事を「効率」「非効率」でしか考えることができず、行動に付随する「感情」についての理解が薄い。パップル曰く「心が無い機械人形」

その能力や断らない性格から、上司にあたる係長のチャラリートや課長のパップルからは絶大な信頼を得ており、特にチャラリートからは他の社員に報告していない新たなプリキュア出現のことを教えられて相談を受けたりしていた。
しかし実のところ彼らから残業をさせられたり出撃を代理で頼まれたりと、パシリ同然に使われているところもある様子。その姿は上司に仕事を押しつけられる部下や新人そのものである。
だが、ルールー自身はあくまでクライアス社の為に行動しており、会社の利益にならないと判断すれば上司にも平然と逆らっている。

無題
ルールーちゃん



ただ、彼女は会社という組織に仕えているのではなく、「マスター」と呼ばれる個人に仕えている様子。第7話でパップルが自分の仕事をルールーに押し付けた時はそれを盲目的に受け入れるのではなく「マスターが望んでいるならば」と確認をとろうとしている。このことから「マスター」なる存在がルールーがクライアス社の利益のために働くことを望んでいるから、ルールーはそう振る舞っているということのようだ。
会社の就業規則には従うが、それ以上の労力は「マスター」の望みに繋がらない限りはやらないという割り切りも見える。
第13話からルールーは「ルールー・アムール」の偽名で野乃はなの家庭にホームステイという形で潜入してスパイ活動をしているが、これは会社の業務ではなく有給休暇をわざわざとって自主的に行っている。
そしてルールーはホームステイ生活で得た情報を会社に対してではなく「マスター」本人に対して逐一報告しており、彼女の優先順位がクライアス社という組織よりも「マスター」という個人の方が高いのは明白である。

「マスター」の望みを叶えることだけを考えていて自身の価値観が存在しないようにも見えるルールーだが、しかし実は任務と無関係なところでも「効率的でない行為」を嫌う傾向があり、これは目に見えてわかるルールーの性格的個性となっている。「マスター」もしくはクライアス社からの明確な命令がない限りは、非効率的行為に付き合わされることに否定的な見解を「自分の意見」としてはっきり示し、それをやるべき理由が自分の中で理解できない限りは受け入れない。
それはルールーが人間的な感情が理解できない機械的な印象に繋がっているが、実のところこれは彼女が「タダの機械」に完全に徹しきれていない面がわずかながら見える部分である。
その事は本編でも少しづつ触れられ始めており、第14話では自身が発注したオシマイダーが園児達を直接狙った際には自らの意思で攻撃を中止させている。

正体

第16話で正体が「機械人形」と確定し、第17話でクライアス社製のアンドロイドRUR-9500であることが明かされた。「ルールー」の名は社から付けられた通称である。
ルールーが作られた本来の目的は未来を奪われて時間が止められた世界の人間たちを管理することであり、ミライクリスタルの探索はあくまで「マスター」の要請で行なっているイレギュラーな任務であったようだ。クライアス社製という事実を考えると、「マスター」の正体も社の関係者だと思われる。
第17話でのハリハム・ハリーの発言によると、クライアス社はルールーとは別タイプのアンドロイドも製造しているらしい。

第17話で明かされたこれらの事実ははな達にとっては衝撃となったが視聴者目線では登場当初からバレバレで、Pixivでは第17話以前から「ルールー=ロボ」ネタも当たり前のように投稿されていた。

アンドロイドルーちゃん
RUR-9500 ルールー


特にルールーが本格的に行動を始める第13話以降は彼女が人間ではないことを示す描写は何度もあり、第13話ではなに「わたしの正体を知ってもあなたは…」と呟いている他、第14話では分析の際に「人間の生態には…」と続ける台詞がある。
第17話では「RUR-9500 ルールー・アムール」の名前をキュアエール(野乃はな)に拳を打ち込みながら告白した。

能力

主に確率計算・データ解析等の情報分析を得意とする。
そのスキルは大変優秀で、第4話にてチャラリートのわずかな情報から「新たなプリキュアの攻略法」をインストールしたデータを作製しており、そのデータを元に発注されたオシマイダーはこの回の戦闘でプリキュア達を窮地に追い込んでいた。
出撃時はUFO型戦闘機に乗り込み、内部にはメカやモニターが搭載され、情報分析ができる造りになっている。
第7話の初出撃時の戦闘ではプリキュア達の特徴と弱点を分析し、それを基に作り出したオシマイダーでキュアエールキュアエトワールをダウンさせピンチに追い詰めた。

オシマイダーの発注プロセスは、電脳空間を思わせる固有結界で(この際一瞬電子風の線が素肌に走る)、ネガティブウェーブを照射してトゲパワワを抽出した後、某音ゲーのようなパネルを踏み、出したデータを半透明のモニター状にして発注するというもの。全体的に近未来感が押し出されており、異様に気合いの入ったバンクが視聴者間で話題になった。このバンクが披露されたのは作中たったの2回(第7話、第14話)と非常にレアである。

ルールーちゃん
発注! オシマイダー!


オシマイダーの方もルールーが事前に分析したデータを元に発注しているため強力だが、強化の内容はあくまでも過去のデータを基準にしている。そのため応用が効かず、想定を超えた出来事が起きると途端に劣勢になる弱点がある。前述の第7話でも、戦闘力が最も低いと考えていたキュアアンジュがパワーアップしたことで敗北を喫した。

もちろん頭脳も身体能力も常人とは比べものにならず、教科書やテキストを瞬時に丸暗記する頭脳や、テニスボールを粉砕し、校内の柱を半壊させるパンチ力を有している。
また、立体映像で光のキーボードを出現させ、それを用いて近況報告レポートを作成する芸当も披露したり、HUD機能が搭載されていたりする他、第12話では相手に記憶改竄を施す能力を使用している。

第17話で披露されたクライアス社が開発した新型パワードスーツを着用した際は、スーツに搭載されている戦術高エネルギーレーザーやミサイルによる攻撃のほか、スーツを破壊された後は竜巻状のバリアを展開したり腕を重砲に変形させて攻撃するなどの能力を見せていた(ただしその辺りは、着用していたパイロットスーツの付属機能の可能性あり)。

RUR-9500
俺はルールー・パワードスーツで行く!


しかし、そういった数々のシリアスな能力の他に、カチューシャに時計が表示され音声アラームが流れる機能があったり、プリキュア分析モニターには「けっこうプリキュア」と表示されるなどユニークな部分もあって、もしかするとクライアス社にも遊び心のある人がいるのかもしれない。

このように高度な性能を持つルールーだが、もっとも特筆すべき事は人間への擬態能力である。
外見は人間と全く変わらず、その肌感触も人間と同様。14話ではなにハグされた時もアンドロイドだと気づかれることはなかった。さらには人間と同じ食物を摂取でき、涙を流すことさえできるので、第18話のように自ら内部構造を披露でもしなければ、アンドロイドと発覚する心配はほぼ皆無。ハリーがこのタイプの存在を知らなかったことからすると、クライアス社においても最新鋭機種のようである。
ちなみに味覚も完備されているのだが、14話で野乃家の食卓につくまで「美味しい」という感覚を経験した事がなかったことから、それまでにまともな食事をした事がなかったようだ。
このことから、普段はエネルギー補給だけを目的にした無味無臭のケミカル的なものを摂取してるのか、食物の摂取は人間に擬態するためだけの機能であってエネルギーの供給は食事で行っているわけでないのかのどちらかであるようだ。

本編での動向

チャラリート係長の部下時代(第1話~第5話)

第3話では今までの報告を怠っていたチャラリートに「上層部から報告書の催促です。迅速かつ速やかな提出をお願いします」と催促に向かうが、当のチャラリートからは新たな2人のプリキュアの出現に焦っていると主張される。しかし、「不測の事態、より迅速かつ速やかな報告が必要です」と理知的な正論で応対。
チャラリートは内心「自分が新しいプリキュアの新しいミライクリスタルを奪えば手柄になる」と考えており、会社に報告されると自分以外の誰かが新しいプリキュアを倒してしまうことを恐れ、「仲間を出し抜きたいからこの事は黙っていて」とすごく調子のいい事をルールーに頼む。だがルールーは従順にそれを受け入れ、この時は上層部に報告しなかった。
チャラリートからは「さっすがルールーちゃん、持つべきものは可愛いバイト」と感謝される。この発言から、アルバイトであることが作中で初めて明言された。
また、ルールーはこの時に「ミライクリスタル・ホワイト」のヒントが新たなプリキュアの元にある確率を割り出している。結果は95%(しかし「新たなプリキュア」である野乃はな達自身は「ミライクリスタル・ホワイト」が自分の近くにあるなんて思いもしていなかった)。

ハグプリ3話
クライアス社



第4話ではチャラリートからの依頼で「新たなプリキュア」の攻略データを作成し、それを詰め込んだストレージデバイスを彼に提供する。これにあたって残業までさせられていた
「新たなプリキュア」のことは会社への報告はしてないので、もちろんこれは業務扱いではない。つまり上司の都合でサービス残業されていたことになるが、チャラリートは「ありがとさんで〜す」とヘラヘラするだけ。
なお、同話にてこのデータをインストールされたオシマイダーは、キュアアンジュのハートフェザーをバットによる打撃で打ち破り、プリキュア達を強力なパワーで窮地に追い込んでおり、バイトの立場でありながら、係長のチャラリートより有能であることを知らしめた。

第5話では前話で自分が作った攻略データをインストールしたオシマイダーが敗北したことで、このまま自分とチャラリートだけでは新しいプリキュアに対応できないと判断し、チャラリートが新たなプリキュア出現の報告を怠っていたことをリストル等の上層部に報告する。
窮地に立たされたチャラリートはルールーを裏切り者のように睨むが、彼女は「組織運営において報告、連絡、相談は重要。罰せられるのは当然の事」としれっと発言し、正論を言われたチャラリートは苦い顔をするだけでまともに言い返せず、その後自ら最後のチャンスを懇願する事となる。
相手が上司であろうと引け目も一切の情もなく、ルールーはあくまで事務的にクライアス社第一であることがよく解るシーンである。

パップル課長の部下時代(第6話~第12話)

第6話では前話で「最後のチャンス」を与えられて出撃したチャラリートが敗北したことを受け、自分の机が無くなっていて慌てふためくチャラリートに、「机は倉庫に移動済みです」と事務的に冷たい一言。相変わらずの無表情で彼の左遷部屋行きを暗に示す。
これ以降は、クライアス社の課長にあたるパップルの部下として行動するようになる。

第7話ではデスクワークの最中、「今日って暇だったりする?」と上司になったパップルから声を掛けられる。彼女曰くシーカレに誘われたのだとか。代理の出撃を依頼されたのだ。
聞き慣れぬ「シーカレ」という言葉に「登録情報の無い言葉です」と反応する。「仕事も大切だけど、やっぱラヴも大事じゃない? そのへん、同じ女子ならわかるでしょう?」と問いかけられるも、返答は「ラヴ… 申し訳ありません。(恋愛感情は)理解不能です」と返答。
恋愛感情への理解が乏しいことが発覚し、これを受けたパップルは「あら、アンタには(恋愛沙汰は)まだ早すぎたのかしら?」と返している(パップルはルールーの正体を知っている上での発言である)。
仕方なくパップルから依頼された出撃を承諾し、プリキュアの排除確率を即座に分析し、成功確率は99%と導き出す。そして、戦闘機に乗り込んで出撃し、発注したオシマイダーでキュアエール達3人を圧倒した。
プリキュア達のデータは既に分析済みだった。この際淡々と語られた分析は――

「キュアエール、あなたの動きは直線的で読みやすい。キュアエトワール、あなたの身体能力は群を抜いている。だけど…思いがけない出来事に対して非常に脆い。」
「そしてキュアアンジュ、あなたの戦闘能力は最も低く…得意なバリアもわたしのオシマイダーで破壊可能。」

排除完了と思われるも、成長したアンジュはハートフェザーを攻撃に転用して反撃。確率上は1%であった敗北を喫する。
なおこの回の出撃では終始戦闘機に乗って指示を出していたので、はな達プリキュアとは出撃した社員の中で唯一顔を直接合わせていない。

\発注、オシマイダー/
UFOバイトルールーちゃん(HuGっと!プリキュア)


第10話ではデータに無いホワイト以外のミライクリスタルが5つ(ピンク・ブルー・イエロー・ネイビー・オレンジ)出現していることを分析し、ミライクリスタルはアスパワワの結晶である故、アスパワワそのものも著しく増加するであろうという予測を立てる。

第11話では嘗て上司だったチャラリートがトゲパワワを注入され、怪物化する様を傍観する。やはりというのか、温情めいたものは彼女の中には無かった模様。
その後は、新たな上司となったパップルの作戦に同行しており、無表情でパップルにつき従っていた。
なおはな達は終始オシマイダー化したチャラリートの相手に集中していたため、パップルとルールーがいたことには気づいておらず今回も顔は合わせていない。
目立った行動は無かったが、生み出されたを拒否しメロディソードの"応援"でチャラリートを浄化したプリキュアにも、いつも通りの無表情で呟くだけだった。

「プリキュア、理解不能…」

第12話ではパップルが敗退続きの中、メロディソードの出現が想定外であること、以降アスパワワが増加しトゲパワワが減少していることを報告し、結果的には肩身が狭いパップルを擁護することになった。
パップルの出撃後何やら考え、後に一人で情報分析。全てが想定外なプリキュア、特にメロディソードを生み出したキュアエールに注目し、「より多くのデータが必要」とプリキュア達の以前の出現場所を分析する。つまり、ルールーはプリキュアの変身者の正体をこの時点まで掴んでいなかったことになり、チャラリートは最後まで情報を共有しないまま退職していた様子。
翌朝、単独で野乃家に侵入。台所で料理を作っていたすみれ電子的な術をかけ、その影響ですみれは気を失う。はなが帰宅した時には、「知り合いの娘でホームステイに来た」『ルールー・アムール』として潜り込んだ彼女がいたのだった。
はなとルールー、両者の直接的な初対面。対外的な笑顔を浮かべ彼女は言う、「よろしくお願いします。野乃はなさん」と。
この運命的な出逢いから彼女は茨の道を歩み始める…。

ルールーちゃん
恐怖の訪問者



プリキュアへの潜入任務(第13話~第16話)

第13話では前回から続きはなに対して「会ったことありますよね、はなさん」と挨拶し、「知り合いの娘さん」と紹介されているはなは「ルールーと会ったことがあってもおかしくはない」と疑問には持たず、ルールーとはなとの嚙み合わない共同生活が始まった。
最もルールー本人もはな達と直接顔を合わせていないので、どちらにせよ会ったことはなく、ルールーがクライアス社の社員だとプリキュア側が気づく訳もないのである。

登校準備をするルールーちゃん
ルールーちゃん



ラヴェニール学園へ転校手続きを終え、はなと同じクラスに編入される。容姿端麗、勉強もスポーツも常人離れしたルールーは学園の生徒たちの話題の的になる。
しかし、当のルールーはあくまでプリキュアの秘密を探るための潜入活動が目的のため、近づいてくる生徒達にはまるで興味を示さない。
そんなルールーを歓迎しようと、はなはクラスメイト達を自宅に呼んでサプライズで歓迎パーティーを開いたが、ハリーとはぐたんの二人羽織のおでん芸を「大人が未成熟な赤ちゃんに食事を手伝わせるのは無駄が多い」とマジレスし、パーティーの手巻き寿司を「寿司を不完全な状態で出して食べさせる側に作らせるのは効率が悪い。作り手が最後まで寿司を巻いたほうが時間の短縮になる」と切って捨て、挙句に「そもそも最初に自己紹介の挨拶をした時点で互いの存在は認識できたはず」と歓迎会の意味そのものを否定し、最後は意味がないので失礼しますと与えられた自室に戻っていった。
この態度によって周囲から距離を置かれたが(ルールー本人曰く自分に話し掛ける生徒は以前より80%減ったとのこと)、ルールーは気にする様子もない。
さすがのはなもこれには参ったと言う感じで、ルールーにどう接すれば良いのかわからずよそよそしくなってしまう。

はなが自分に話しかける回数が減少したことで、ルールーはこれ以上のスパイ活動は無駄だと判断して見切りをつけ、「文房具を買いに行く」と嘯いて外出し、普段通りプリキュアの能力を分析した上で倒すべくオシマイダーを暴れさせる。
はなはオシマイダーが現れた方向にルールーが向かったと聞いて、彼女が騒ぎの巻き添えになっている可能性を危惧してキュアエールへの変身後も必死にルールーを探し回っていた。
ルールーはそれが理解できず、エールを孤立させた後、彼女が気を失った隙に静止空間を展開させる。そしてルールー・アムールの姿で現れ「なぜわたしを探しにきたのですか?」と問い質す。
エールは自分の正体がルールーにばれたと焦るが、それ以上にルールーが無事だったことを喜ぶ。そして、自分がルールーに気を使い過ぎて壁を作っていたことを謝り、「ルールー、家族になろう!」と大胆な宣言をした。
これからも価値観の違いでぶつかることもあるかもしれないが、なんとかなると楽観的な言葉を口にするエールに、「なんとかなる根拠がない」と相変わらずの調子で返すも、エールは「根拠… うーん…」と暫し悩んで口にする。

「ルールーが好きだから! それじゃ…駄目?」

その言葉にはっとなり、ルールーは今まで経験したことのない痛みを胸の奥に感じる。そして虚ろな瞳には、光が一瞬宿ったのだった。

即座に撤退し静止空間を解除した為、その会話は結局はな=エールに夢と思われ、特に言及されることは無かったが、戦闘終了後は皆の前に姿を現し、中止するつもりだった潜入調査の継続を決定。何事もなかったかのようにはなの前に現れ一緒に帰宅する。
ルールーの中では何かが確かに変わり始めており、終盤では「美味しい」という表現をはなに教えてもらい、ラストシーンでは既に眠ったはなに「おやすみなさい…」と声を掛け、微かに変化の兆しを見せた(ルールーの行動から考えれば非効率的な行動の筈)。
眠りに就く前、ルールーの胸中には確かに「胸の痛み」として奇妙な感覚が疼いており…。

はぐっと!
好きだから!



第14話では野乃家にてあてがわれた自室にて、「人間の生態にはまだ不可解な点も多い」と夜に一人で分析作業を開始、続けてほか2名のプリキュアの所在についてはいまだ不明」と発言し、さあや、ほまれがプリキュアだとは知らなかったことが発覚する。
翌朝、保育園のお仕事体験に向かうはな、さあや、ほまれに同行する。エプロンを着けて、保育園ではさあやの目を盗んで、彼女の持参した「保育基本テキスト 抱きしめてベイビー」をデータをインストールするかのごとく超スピードで読破する。
面倒を見ることになった1歳児達を「かわいいよね、ルールー」とはなに言われて「えっ? はい、かわいいです」と返す。このときの棒読みっぷりから本心から思ってないのは明白。
はぐたん達に頬をつねられ涙目のはなを、大量の折り鶴を作ってはぐたんの気を逸らし結果的に助ける。
テキストで覚えたというルールーだが、テキスト内の栄養学の記載を「浅い」と評価したため、これまで知識に関して対等な相手がいなかったさあやから一方的にライバル視され、ルールーとさあやの園児分析バトルが勃発する。
さあやを珍しく張り合わせ、「やりますわね」「あなたもね」「フフフフ……」「フフフフフ……」と不敵に笑い合うなど、なんだか結構楽しそう。しかも園児を喜ばせるため顔芸までした。
なお、ルールーが笑い声を挙げたのはこのシーンが初めて。よもやこんなところで初めての笑い声となるとは…

ハグプリ14話
さあやVSルールー



お昼寝の時間となり、赤ちゃんを寝かしつけたルールーに微かな笑みが浮かぶ。「泣いたり笑ったりする赤ちゃんに何故必死になるのか」とはな達に問うが、答えは「かわいいから」。そしてルールーもきっとそうだと指摘される。
本人は無意識だったが、見てればわかると言われる程その思いは表情に出ていたのだった。それはまるで、心がある人間のように…。

一方でクライアス社としての本分を忘れた訳ではなく、吉見リタと2名の保育士のトゲパワワを発見すると、勤務姿に戻って速やかにオシマイダーを発注。陰から冷徹に戦況を観察し、プリキュアが園児たちの安全を気にするあまり戦いに集中できず追い込まれると、チャンスとすら思って勝利を確信する。
しかし、オシマイダーが保育園の赤ちゃん達を襲撃しようとする様を見て、ルールーの中の何かが動いた。次の瞬間ルールー・アムールの姿に戻って、一切の打算や計画性もなく園児たちを守ってオシマイダーを制止してしまう
アンジュは何かに気づいた様子を見せたが、何も言及せず、ただ園児達の事をルールーに頼み、ルールーは黙って頷く。
これが元でオシマイダーはプリキュアに浄化され、自身の行いに気づいたのか、職業体験終了後、無邪気に笑うはぐたんを見て戸惑いにも似た表情を見せる。
今話は表情のバリエーションが前回よりも増えてきており、何より自らが生み出したオシマイダーを前に立ちはだかるという、機械人形にあるまじき自己矛盾した行動に出る。その非合理的な行動は、ルールーの中で何かが変わり始めていることの証でもあった。

不審者、発見
ボセイノメバエ



なお、この戦闘の一部始終はパップルに目撃されている。パップルはやや不満気に去っていったが…

第15話では卵1パック20円という限定品セールのチラシを手に入れた野乃家に対して自ら代理で買い物に行くことを申し出て、大感謝されて初めてのおつかいに送り出さられる。一方、当のルールーは「なんで命令もされないのにわたしはこんなことを…」と自分の行動に疑問を感じていた。
買い物の道中で一匹の猫と遭遇し、どうということはなかったがそこに突如、キュアえみ〜るを名乗る謎の少女が現れて、ルールーはその名前に「あ……新たなプリキュア!?」と劇中で初めて冷や汗をかくほどの衝撃を受ける。
そのキュアえみ〜るをHUD機能で分析し、ミライクリスタルの反応はないがアスパワワの量はプリキュア並、「けっこうプリキュア」という判断だった。
なお、ここで視界に映るものはカメラアイで映像データとして知覚ソフトウェアに送り、詳細なデータを解析している事が発覚。加えてカチューシャにはタイマーとアナウンス機能があり、時計機能がついていることが明かされた(カメラはともかく時計はなぜそんな位置に)。
判断を思案しつつも、とりあえずは任務を達成するためスーパーに向かうルールーに、安全を守るためとつきまとってくるキュアえみ~るに「この人は何なのですか…」と流石に困惑。

彼女はルールーの安全を守るどころか、運の悪さとドジで自分が色々と危険な目にあうばかり。さらにキュアえみ〜るは通りすがりのいろんな人の手助けを健気にするがこれも失敗ばかり。
失態を自覚して落ち込んでいるキュアえみ〜るに対し、ルールーは「あなたが声をかけた人はみな笑顔になっていました。それがなぜなのかはわかりませんが」と、その行動が結果的に人々に笑顔をもたらしているとあくまで冷静に事実を述べる。
この言葉はキュアえみ〜るを勇気づけ、ルールーを気に入ったキュアえみ〜るは、自分の家に遊びに来ないかと照れながら誘い、ルールーは彼女が本当にプリキュアの可能性であることを捨てきれなかったためこれを承諾する。
だがキュアえみ〜るは、先に「自分は本当はプリキュアではないのです」として自分の素顔を晒す。彼女の正体は愛崎えみるだったのだが、それでもルールーはえみるに言いようのない興味を持ち、彼女の家に訪問する。
なお自己紹介となった際、偽名である『ルールー・アムール』を美しい名前とえみるに評された際には戸惑いを覚えている。

えみるの自室でピアノやバイオリンを見つけ「これはなんですか」と尋ね、音楽を奏でる楽器だとえみるが答えると、ルールーは「音楽とは……何ですか」と答える。
えみるは一瞬びっくりしたが、それならば最も素晴らしい音楽を聴かせてあげようと、彼女は愛器のギターを取り出しルールーにバラードを聞かせる。そしてえみるは言う。ギターは自由なのだと。
えみるが奏でるギターの旋律と歌声に得体の知れない苦しみを感じ、しかし決して不快ではなく、「もっと、聴きたい…」と頬を染めて呟く。これがルールーと音楽との出逢いの瞬間だった。

えルっと!
愛崎 えみる&ルールー


だがそこにえみるの兄・正人が現れ、ギターなんかよりもっと女の子らしく、愛崎家の令嬢にふさわしい音楽をやるべきと主張。その趣味を全否定する主張に対して、えみるが俯いているところを理路整然ながら食ってかかるように反論する。

「あなたはえみるのマスターなのですか? マスターでないなら命令に従う義務はない筈です」

正人はたじろいで逃げるようにその場を去っていったが、その後もルールーは「なんなのですか、あの人は! あなたは先ほど言いました。ギターは自由なのだと。かっこいいのだと。もっとも愛するものだと。それをあのように否定するなんて…」とふくれっ面で怒り続ける。
そして、えみるが「ありがとう、ルールー。私のために怒ってくれて」と感謝した時になって、ルールーは自分の言動が『怒り』に基づくものだと初めて認識した。

なお、えみるとのやり取りから見るに、観察対象ということを抜きにしてもルールー個人としてはプリキュアやヒーローそのものに対して嫌悪感を抱いていない模様。『マスターがいるならその存在に従うべきだが、そうでないなら命令を聞く必要はないし命令する理由もない』というのがルールーの持論らしい。
これは逆に考えれば、「マスター」の命令と無関係なことは自由であっても構わない……いや、自由であるべきだということでもある。だがそれはクライアス社という組織にとってはあまり都合が良いことではないのかもしれない。

そんな時に街中にオシマイダーが現れ、えみるは自分も何かできるかもしれないと無茶なことをいって、キュアえみ〜るの衣装を着て現場に駆けつける。
ルールーにとってはえみるが危険な目に会おうが守る理由はなかったが、「あなたは本物ではないでしょう」と疑問をぶつけるも、えみるは「偽物でも街の危機を放っておけない」と揺るぎない言葉を放ち、ルールーが何も言うことはなかった。
最終的にキュアえみ〜るは逃げ遅れた子供を助けたが、自分の行ったことに今更恐怖を感じ取る。そんなえみるに、ルールーは保育園のことを思い出し「わたしも同じことをしました。わたしはなぜ…あんなことを」と呟いた。
ルールーが具体的に何をしたのかえみるは知るよしもなかったが、それでも自分と通じ合っているものがあると感じたえみるは、さらに感激してルールーの手を取り「ルールー、わたしと一緒にプリキュアになりましょう!」と誘う。
一瞬の戸惑いを垣間見せたが、与えられた『キュアらりるれルールー』なる称号、さらには『えルっと!プリキュア』という締まらないイメージに、ルールーは「お断りします」と即座に拒否。なおもせがむえみるに養豚場の豚を見るような目で「お断りします」と再度拒否するも、えみるは全く意に介せず。その後はな達に関係を問われて「友達なのです!」と称してくるえみるに、ルールーは「他人です」と返し、それをお互い譲らず連呼する漫才めいたやり取りを繰り広げた。
本編を視聴してもらうとわかるが、今回はカオスギャグ回ということを抜きにしても更なる情緒面の成長が見えた。見せる表情も、単なる無表情ではなくなっている。

ハグプリ15話
運命なのです!


しかしこの様子はまたもやパップルに見られており…

第16話ではこれまでの戦いにおいて、薬師寺さあやと輝木ほまれがプリキュアだと確信するが、別段干渉しようとはしなかった。
そんなルールーにパップルが校舎内にて接触し、彼女から何をちんたらやっているのかと忠告され、「プリキュアの正体がわかっているならばプリハートを奪えばいい」とアドバイスを受ける。
はな達と過ごしていく中で様々な感情を学び得ていくルールーだが、それは同時にクライアス社に所属する『機械人形』として本来あってはならない不具合だった。
上司からの命令と、それを拒もうとする理解不能な自分自身の中に存在する何かのせめぎ合いに葛藤するも、最終的には任務の遂行を優先する。パップルが座る階段の、影へと足を踏み入れて。

心
通報される可能性82%の人



ほまれは十倉じゅんな百井あきとの関係が自分のせいでギクシャクしていることに気を揉んでいた。そんな中、それを不器用に元気付けたハリーに少しときめいて、彼が去っていたところをポーッとしていた。そんなところにいきなり現れ「発汗……瞳孔が開いている。心拍数が上昇、150、151、152、153……」と冷静にバイオリズムを分析。自分の感情を覗かれているような気がして、真っ赤になってほまれは逃げ去る。
そして、一人残されたルールーは「輝木ほまれ、集中力67%ダウン。おかげでプリハートを奪えた」と呟くが、「この計画は理に叶っている。正しい選択…」と自分を納得させようとしても、もう彼女の中にはそんな合理的論理では抑えきらないものが溢れ返っていた。
そしてプリハートを奪ったことについてパップルに報告するも、回収しようとするパップルには「解析でき次第、社に報告します」という建前で渡すことはしなかった。
パップルは「まあいいわ」と語り、オシマイダーを暴れさせ、パップルの目論見通り人数が欠けたプリキュアは大ピンチに陥り追い詰められていく。

いつの間にかプリハートがなくなり変身できなくったほまれは、傷だらけになっていく仲間の危機に、変身できないまま無茶を承知で生身でオシマイダーに立ち向かおうとする。
その姿が、ルールーの何かを突き動かした。静観していた彼女は遂に…

「わたしには助けられない。だから……行きなさい! プリキュア!!」

かつてないほど強い声をあげながらほまれの前に現れて、持っていたプリハートを突き出す形で返却する。
その結果ほまれは無事に変身を果たして、プリキュアは逆転勝利するが、全てが終わりエール達に事情を問い詰められるルールーを待ち受けていたのは、パップルによる制裁だった。
戦いが終わった後、キュアエール達から事情を聞かれそうになるも、エールを庇うように突き飛ばして何かを告げようとした瞬間、強烈な攻撃を浴びせられ、全身をショートさせ高温を発しながら機能停止。
崩れ落ちたルールーは微動だにせず、「出来損ないの機械人形」と罵られ、パップルに「調整」と称して回収されていってしまう。
これと同時にはな達は、ルールーが敵のスパイかつ機械であることを知ってしまうことになった。

つらいよ
ルールー・アムール


一瞬だけ微笑みらしきものを浮かべた彼女が、切れ切れな映像と化す視界に最後に捉えたのは、突然の出来事に唖然となりながらも自身の事を見つめるエールの姿だった…。

戦闘マシーンにチェンジ、そして……(第17話)

はな達との思い出のデータを消去されたうえ、リストルによって開発中の戦闘用パワードスーツの実験台にされ、不要なメモリーを消去されていく中、ルールーは自分を思い起こした。
本来の役目、時間を奪われた人々の風景、そしてそれを管理していた自分。

「そこには痛みも苦しみも無い。これが正しい世界。これが…『正しい』世界…」

戦闘用プログラムをインストールされ、打倒プリキュアというプログラムに従い無断出撃し、自身を探し回っていたはな達と邂逅。はなが伸ばした手を払いのけ、冷酷に彼女は言い放つ。

「プリキュア…倒す」

プリキュアの戦闘データ以外の全ての記憶をデリートされ、はな達と過ごした日々を忘れ去ってしまい、プリキュア打倒のみを掲げる状態ではな達を襲撃する。
パワードスーツ装着のルールーに、「このままじゃ話もできない」とのほまれの判断でプリキュア達は変身する。一般市民たちは逃げ惑うが、一人だけ逃げずにこの様子を見届けようとする少女がいた。
説得を試みるプリキュア達の的確な弱点を突いて追い詰めていくも、当初の評価に反してしぶとく抵抗するプリキュアの姿を受け、残された戦闘データのみならず、「もっとデータが必要」と詳細な分析を試みるも、彼女たちの情報を深く深く検索していくうちに、ルールーの中には消されたはずの断片的な思い出がフラッシュバックしていく。
存在しないはずのデータが自分のメモリーを次々と侵食していくことにルールーは苦しみだし、背を向けながら3人の名を苦しそうに呼び出す。
動きが鈍ったパワードスーツにスタースラッシュとフェザーブラストが炸裂し、パワードスーツは砕け散り、消された記憶を戻り戻す。
消された筈の記憶を再構築できたのは、「(本当は)ルールーが消すのを嫌がったからではないか」とアンジュは分析している。

俺はルールー・パワードスーツで行く!
拳のツキアイ



だがそれだけでは終わらなかった。次の瞬間、ルールーは「胸が…痛い!」と叫んで、突然起こった理解不能な胸の激痛に悶え始める。
自分自身には破損個所はないのに、胸が張り裂けそうな痛みに耐えかね、尚もフラッシュバックする記憶の中、手を差し伸べようとするプリキュアに向かって「わたしに近づかないで!」と叫びながら腕を銃砲に変形してなりふり構わず攻撃を再開する。
「来るな!!」と叫ぶ自身に対して、「そんなの無理!!」と頑なに返しながら懸命に歩み寄ろうとするエール。その救いの手を拒絶するかのように竜巻の防御バリアを生み出して身を守ろうとするが、エールはアンジュとエトワールの援護を受けてバリア内に単身突入。
そしてプリキュア恒例の「ピンク主人公による肉体言語による説得」が行われ、ルールーとエールは熾烈な一騎打ちを繰り広げる。

攻防を繰り広げながらルールーは叫ぶ。
自分は未来を奪いに来た敵だと。
人間ですらない、クライアス社製のアンドロイドで真の名前は『RUR-9500』だと。
すみれの記憶を改竄して潜り込んだスパイだったと。
はなの家族や学校のみんな、街の人々─────その何もかも全てを騙していたと。
ルールーは苦しみながら全てを告白しエールに拳のラッシュを浴びせて行く。不可解な胸の痛みは皆を騙していた事実に基づく罪悪感ではないかとハリーは考えていたが、エールはそれを正面からカウンターで受け流しつつ、「騙されてなんかない! わたしがそう思ってないからそうなの!!」と理屈にならない理屈で反論する。
その言葉にルールーはショートして一層苦しむ。「何故許そうとするのです。もう優しくしないで!」と、ルールーは思いを吐露して叫ぶ。はな達と触れ合うと、この胸の痛みが、『正しい』世界を壊していくと。

「わかっているのです、あなたたちの力の源は心。それがわたしの回路にバグを作った……こんな痛みに苦しむくらいなら、記憶は消されたままがよかった…」

エールはその言葉に「苦しいのはわたしも一緒」と返す。そして言った。「家族になろう」と語ってきたあの時と何も変わらぬ言葉を…。

「ルールーのことが…好きだもん。いまさら、嫌いになんてなれない!」

遂に戦意を失い、バリアも解除して崩れ落ちるルールー。
そこにはぐたんがやって来て、「よちよち」と彼女の頭を撫でる。それがトリガーとなり、ルールーは張り詰めていた何かが切れて、堰を切ったように号泣する。それはまるで、この世に産まれた赤子が声を上げるかのようだった。

ルールーの行動を監視していたパップルはさっさと命令を果たせと叱咤するが、ルールーはそんなパップルにビームを放ち言い放つ。

「去りなさい! わたしのプログラムは上書きされました…もう、従順な機械人形ではありません!」

ルールーはクライアス社との完全な決別を宣言し、こうして彼女はチャラリートに続く2人目の離脱者となった。
胸の痛みを暖かいと感じた頃、それがバグではなく"心"だと教えられる。はな達と、人間と同じ"心"だと。
そして、はなの広げた両手にルールーは歩み寄りハグされた。

「おかえり、ルールー!」

「ただいま…」

はなにハグを返しながら至上の笑顔を浮かべ、かつて心が無かった機械人形RUR-9500……いや、"ルールー・アムール"という名の少女は本当に在るべき場所に帰ってきたのだった。

無題
おかえり!



この回のサブタイトルは「哀しみのノイズ…さよならルールー」という退場を匂わせるものだったため、生存およびクライアス社離反、プリキュア陣営入りという結末が、視聴者にとっては(いい意味で)タイトル詐欺になった。
サブタイトルはノイズ発生&機能停止→パップルに回収された前回のラスト、もしくはクライアス社のルールーが心を持ったが故に発生するノイズによる苦しみの果てに退場→はなの家族であるルールー(=ルールー・アムール)として生まれ変わることへの暗示が含まれているのかもしれない。

なお、ルールーが涙を流したその瞬間からルールーの瞳にハイライトが入るようになり、目つきの鋭さも和らいでいる。つまりキャラクターデザインそのものが一部変更されたことになる。まさに別人に生まれ変わったということだろう。
因みに第17話終了後、クライアス社HPが更新され、あざばぶ支社の組織図からルールーに×印がつけられた他、採用情報ページの「未経験者歓迎、係長経験者優遇」と書かれた応募資格欄には「アルバイトも募集!」という文が追加されている。

一方、この一連のあらましはえみるに目撃されており、それがさらにルールーのその後の運命を劇的に変化させることになる。ルールーの物語はここで幸せなエンディングを迎えるのではなく、ここから新たに始まるのだ。

これ以降の彼女については、ルールー・アムールの項目を参照。

余談

モチーフ

感情に乏しい、アンドロイドである等の特徴から、名前の由来は恐らく“ルール”であると思われる。
また、“ロボット”という語源を生み出したとされるSF古典で、人造人間の人類に対する反乱を軸にを描いた、作家カレル・チャペックによる戯曲『R.U.R.』が含まれている説も。
あざばぶ支社の社員はチャラリート(現代)パップル(バブル期)ダイガン(団塊の世代)と時代もモチーフの一つになっており、ルールーはアンドロイドであることから「未来」がモチーフの一つになっていると思われる。

光落ちした少女構成員

ルールーはシリーズおなじみの少女構成員枠に該当するキャラクターだが、今までにプリキュアシリーズのTV本編に登場した悪の少女構成員はダークプリキュアバッドエンドプリキュアを除く全員(霧生満霧生薫イースセイレーンレジーナトワイライトビブリー)が最終的にプリキュア側に寝返っているため、彼女が光落ちする可能性は物語当初から浮上していた。潜入展開及び第17話の離反から、この時点で追加キュアを期待していたファンアートも。

ルールーちゃん
pretty enemy
何だか視線を感じます…
今週のハグプリらくがき
確信



プリキュアシリーズでは「敵組織によって人工的に作られた存在」とされる敵キャラクターは仲間にならないというジンクスがあるが、ルールーは満と薫に次ぐ実に12年ぶりの例外となった(満と薫は敵ボスによって命を分け与えられたホムンクルス的な存在)。
プリキュアシリーズでアンドロイドの敵キャラというのはルールーが初だが、「ラスボスによって仮初めな命を与えられた闇の化身」のようなキャラクター達ならば初代作から定番な存在であり、彼らは基本的に誰かに倒されてしまうのか、戦意を失ってプリキュア達と直接的に関わりあわない人生をそのまま過ごすのか、どちらかになるのが基本であった。プリキュア側と和解したがゆえにその罰で消されてしまったキリヤダークドリームはその典型例である。
ルールーまでの唯一な例外であった満と薫は、敵組織を壊滅させてしまえば自分たちも消滅してしまうリスクを背負っていたにも関わらず、最終クールでプリキュア達の仲間になり共闘もしている。彼女達は最終決戦後にその命を散らしかけるも、地球の精霊たちの力で新たな命を与えられ蘇っている。

アルバイト募集の謎

公式サイトでは彼女が抜けたことでアルバイトが募集中となっている。しかしアンドロイドであるなら製造すればいいわけでわざわざ募集する必要はない。
単に製造コストがかかる・メタ的には同じ人物が存在するのは紛らわしいと言ってしまえばそれまでだが、驚くべきは戯曲名でもある『R.U.R.』の社長の名前がハリー・ドミンであること。新しいルールーが作られない理由は上記以外に開発者がもういないという可能性もある。
もしかして彼女の開発者は…。

中の人

担当声優は本作にてプリキュアシリーズ初参加となる田村ゆかり。
長らくプリキュア声優入りがファンから嘱望されていた田村であるが、今作のルールー役で敵キャラ→プリキュアという光堕ちキュアとして声優入りした。
田村はオーディションでは愛崎えみる/キュアマシェリ役も受けていたと言う。

なおニチアサキッズタイム諸作品のレギュラーとしては、『海賊戦隊ゴーカイジャー』のナビィ以来7年ぶりの出演となる(よく誤解されるが、『勇者王ガオガイガー』は1998年のテレビシリーズではなく2000年のOVA『FINAL』に出演)。

田村の代表作・代表キャラと言えば『魔法少女リリカルなのは』シリーズの主人公高町なのはが挙げられるが、『ハートキャッチプリキュア!花咲つぼみ/キュアブロッサム役の水樹奈々とはこちらで敵同士にしてダブル主人公でもあった。⇒魔法少女プリカルなのキュア
田村・水樹と言えばかつてのスターチャイルド(キングレコード)三大歌姫の残る一人にして『魔法つかいプリキュア!リコ(十六夜リコ)/キュアマジカル役の堀江由衣となるが、彼女とはアーツビジョン時代からの盟友であり、かつて存在していた声優ユニットやまとなでしこの相方でもある。
そしてこの3人は、田村のキングレコード所属時代には水樹と堀江の両者を併せた形で雑誌に載ることも多く、プリキュアオールスターズの舞台で三大歌姫が久方ぶりに揃うかも知れない。

今作のプリキュア声優たちは若手中心であり、田村との共演はほぼ本作が初になるが、唯一輝木ほまれ/キュアエトワール役の小倉唯とは、キングレコードの関係で共演している(『クロスアンジュ』)。

Meow
ルールーちゃん(HuGっと!プリキュア)



検索する場合の注意

イラストを検索する場合、単に『ルールー』とだけで検索すると某有名RPG作品同名のキャラが多くヒットするので、検索する場合は『ルールー プリキュア』又は『ルールー・アムール』と検索するのが望ましいだろう。イラスト投稿者は本記事のタグを付けることを推奨する。

関連イラスト

ルールーちゃん喋りましたね!
ルールーちゃん


るーるるる
一目惚れ


ルールーちゃん
アムールさんがあまりしなさそうなポーズ描きました



関連タグ

プリキュア内

プリキュア HUGっと!プリキュア
プリキュアの敵一覧 ルールー・アムール ルールーロボ
RUR-9500

ガマオ:ルールーと同様、敵組織のアルバイト繋がり。ただし、こちらはルールーとは異なり、かなりな横着者かつ救いようがない悪人として描写されており、悪い意味で人間味がある敵キャラクターである。最も彼に限らずプリキュア5は本作と違い、敵に対して基本的に容赦なさ過ぎる傾向だった(キュアエールがチャラリートを倒すのではなく救う方を選んでいただけに……)。

キリヤ霧生満霧生薫イースジュリオ:ルールーと同様、仮な姿で主人公達に接近した敵キャラクター繋がり。

プリキュア以外

3型目渡辺麻友:中の人が同じ、普段は感情を出さないアンドロイド疑惑のある人。人前やライブ中は感情がないようには見えないが、本来の顔ではないのかもしれない。相方と中の人が同じAKB0048のメンバー6代目柏木由紀とは日頃から仲が良い。

阿万音鈴羽:中の人とバイト繋がり。髪型も若干似ている。『HUGっと~』放送期間内に『Steins;Gate0』も放送している。

ルウ・ルー:よく似た発音の名前と、紫の髪繋がり。この少女も表情が乏しい。

結月ゆかり:紫の髪、機械繋がり。髪型も似ている。感情により別人のような音声になることもある。

チェイス30分違いの世界にいた、同じく味方側に寝返った機械人形の敵役。イメージカラーが紫、表情に乏しい点も共通。→キュアチェイサー

pixivに投稿された作品 pixivで「ルールー(プリキュア)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1187715

コメント