ピクシブ百科事典

ルールー(プリキュア)

るーるー

『HUGっと!プリキュア』の敵キャラクター。
目次[非表示]

「不測の事態、 より迅速かつ速かな報告が必要です」
CV:田村ゆかり

概要

アニメ『HUGっと!プリキュア』の敵キャラクターで、クライアス社の社員の一人。
公式サイトによると役職は「アルバイト」であり、支社社員の中では一番地位が低い模様。
ただしチャラリートからは他の社員に報告していない新たなプリキュア出現のことを告げられ、相談を受けるなど、頼りにされている様子も窺わせている。

常に虚ろな目で感情を表に出さないタイプ。話し方も事務的、いや機械的といった印象を与える。
分析や計算などを得意とし、加えて顔に電子基板の様な線が映る描写があり、「データの分析、完了」と言った台詞や、その際に電子的な過程が作動しているような演出から一部ではアンドロイドないしそれに近い存在なのではと考察されている。

余談

名前のモチーフ

感情を表に出さない、アンドロイドっぽい等の特徴から、名前の由来は恐らく“ルール”であると思われる。

光落ちの可能性

シリーズおなじみの少女幹部枠に該当するキャラクターだが、今までにプリキュアシリーズのTV本編に登場した悪の少女幹部はダークプリキュアを除く全員最終的にプリキュア側に寝返っているため、彼女も最終的には光落ちする可能性が浮上している。
実際にどのような運命を辿るかは見守るしかないが、東映アニメーション側での番組公式サイトのクライアス社のキャラクター紹介ページの並び順がルールーが最初となっているあたり、彼女が重要キャラとして扱われるだろうことは確かなようだ(例年のパターンなら登場順=並び順になるので、第1話にて出撃したチャラリートが最初になる)。

中の人

担当声優の田村ゆかり氏はプリキュアシリーズ初参戦。『魔法少女リリカルなのは』シリーズの主人公高町なのは役等で知られ、キュアブロッサム役の水樹奈々とはこちらの作品で敵同士にしてダブル主人公でもあった。⇒魔法少女プリカルなのキュア
水樹と同様に歌手としても知られ同じく共演が多いキュアマジカル役の堀江由衣とはかつて存在していた声優ユニットやまとなでしこの相方でもある。田村のキングレコード所属時代には水樹と堀江の両者を併せた形で雑誌に載ることも多く、輝木ほまれ役の小倉唯とも同社の関係で共演している。(クロスアンジュ)
また、ニチアサ系列では『海賊戦隊ゴーカイジャー』のナビィ以来の出演である。

検索する場合の注意

イラストを検索する場合、単に『ルールー』とだけ検索をすると、某有名なRPG作品同名のキャラが多くヒットするので、検索する場合は『ルールー プリキュア』と検索するのが望ましいだろう。

関連イラスト

一目惚れ
ルールーさん


ルールー
ルールー



関連タグ

プリキュア HUGっと!プリキュア
プリキュアの敵一覧
ガマオ…同じく敵組織のアルバイト。ただ、こちらはかなりの横着者。

pixivに投稿された作品 pixivで「ルールー(プリキュア)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9680

コメント