ピクシブ百科事典

プリハート

ぷりはーと

『HUGっと!プリキュア』に登場する変身アイテム。
目次[非表示]

概要

HUGっと!プリキュア』における変身に使用するアイテム。
前面に液晶パネルがついた角丸長方形のデバイスであり、普段はごく普通のスマートフォンとしての機能しか持たない。
しかしミライクリスタルをセットし、本体下部をスライド回転させることでハート型に変形し、プリキュアへの変身機能が発動する。
プリキュアごとの固有技の発動もこのプリハートによって行われる。

ハリハム・ハリーが保管しており、ミライクリスタルを生み出してプリキュアの資格を有するに至った者に渡している。
ハリーが保管していたプリハートは、第2話開始時点で4つであることが判明している。そのうち1つ目は第1話で野乃はな/キュアエールに、2つ目は第2話にて薬師寺さあや/キュアアンジュに、3つ目は第5話にて輝木ほまれ/キュアエトワールに譲渡された。そして最後の1つは「4人目」となる候補が見つかるまでハリーが管理している。
ハリーがプリハートをどのように入手したのかは、彼が自分の背景をあまり語らないので現在のところ不明であるが、ハリーが未来の世界からのタイムトラベラーであることが12話で明らかになっているので、プリハートもまた未来の技術で作られたものなのだろう。

一個足りない?

上述したように初期時点からプリハートは4つあるため、「4人目」となる追加キュアがそのうち登場することが序盤から示唆されていた

そして放送開始から1クール経過してサブレギュラーも出揃ったあたりで、ルールー・アムール愛崎えみるという二人のキャラクターがファンから「4人目」の有力候補と目されるようになる。
ところが15話でえみるがルールーと出会い意気投合し、「一緒にプリキュアになろう」と言い出した事で、視聴者の間でざわめきが起こる。
「現在余っているプリハートは一つしかない」のだから、枠は一人分しか空いてないのだ。

2人はプリキュア!えみるーるー!!



・・・まあ追加キュア候補に変身アイテムがないことは、プリキュアシリーズだと割とどうにでもなってしまうものではあるのだが、一人は脱落してしまうのか、それとも一人は新しい玩具の宣伝・・・もとい新アイテムを作り上げるのか?
脱落は偲びないという事でpixivではどうにかして2人ともプリキュアにする案なども投稿されていたりした。

追加発注


(補充する?)

思ってたのと違うのです!


(一つを二人で使う?)

大丈夫、足りてます(真顔


(一人分の枠を空ける?)

・・・・とファンの間でやきもきとしていたら、本作の追加キュアとしてキュアアムールキュアマシェリの2人が同時に登場するという情報が公式に公開された。
なので、脱落という線は消滅することに。

では、本編においてはこの「プリハートが一つしかない」問題をどう解決するのだろうか?

そして迎えた第20話。
「プリハートを増やすことは奇跡でも起こらない限り無理」とハリーは断言する。一つしかないのではなが試みたように二つに割ることなど以ての外であるし、同じものを作るのも「現代にはない未来の技術で作られてる」ので(はな達には)不可能なのである。
しかし、えみるとルールーの前にOP映像には出てくるがまだ詳細が明らかではない黄金に輝く女神然とした女性が現れ、一つしかなかったプリハートが二つに分裂させる。
すると奇跡的にもプリハートがもう一つ現れたのだった。

奇跡の販促



まさに奇跡としか言いようのない展開ではあったが、この20話ではハリーがほまれに「まだ隠してることがあるんじゃないのか?」と問いかけられるシーンもあった。ハリーの隠し事や女神の正体も含め、プリハートの詳細に関してはまだまだ謎が残ったままである。

なお、「5個目のプリハート」はハリーのいる未来の歴史には存在しないため、メロディソードの誕生の時と同じく、未来が改変される分岐フラグが立ったのではという考察もある。
クライアス社にとってだけでなくハリーにとってもいろんなことがおかしくなってきているようであり、この奇跡によって所期の目的である「8個のミライクリスタルを揃える」が叶ったにも関わらず、はぐたんに何の変化もないことにハリーが困惑していることが第21話で描かれている。
(さらにいうなら第2話ではなが夢の中でみたプリキュアの人数は4人であり、あれが未来の幻視ならば5人目の誕生で大きく歴史が変化したことになる)

関連タグ

HUGっと!プリキュア

スイーツパクト→プリハート→???

関連サイト

玩具情報

pixivに投稿された作品 pixivで「プリハート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4081

コメント