ピクシブ百科事典

ノイズ(スイートプリキュア♪)

のいず

ノイズとは「スイートプリキュア♪」に登場するキャラクターのこと。
目次[非表示]

概要


ピーちゃん状態通常形態
何か可愛いこが来た
ノイズ完全体
最終形態転生後の姿
今週のノイズ様
ピーちゃん

CV:中尾隆聖

第36話ラストで判明したプリキュア達の真の敵で、巨大な怪鳥の姿をしていると言われる。
かつて調辺音吉に封印されていたがわずかな力を使い、メフィストマイナーランドを建国させ操っていた。第37話で、未完成状態の不幸のメロディを歌ったファルセットにより不完全ながらも復活。不完全体は中の人曰く、「かわいい小鳥」である。怪我を負ったフリをして調辺アコに近づき、隙を見ては音符を奪っていった。当初アコは「ピーちゃん」と名付けてペットの様に可愛がっていたが、第40話で遂に本性を現す。
第44話でファルセットが、完成した不幸のメロディを歌ったことにより、遂に完全態へと成長してしまった。

完全態の姿は鳥というより龍の姿に似ており、人語も喋る。世界中から音を奪い、完全なる静寂を目指して本格的な行動を開始する。赤い目の黒い龍(実際は翼竜に近い)とは、まるで真紅眼の黒竜である。
第45話ではメイジャーランドに侵攻し、遂には音吉とクレッシェンドトーンを封印してしまう。更に翌回ではトリオ・ザ・マイナーを吸収し、姿を人型へと変えた。その姿はまるで「BF」である。一回り小さな姿へと変身するのは中の人繋がりでフリーザを思わせるが、「他人を吸収してパワーアップ」するという点ではセルをも思わせる。

その正体は、人々の負の感情が具現化された存在であり、その経緯で誕生した自身の存在と自身を生み出した世界を忌み嫌うようになり、静寂な世界を望むようになった。
最期は、その誕生の経緯を知ったクレッシェンドキュアメロディ達によって光となり浄化された。ハミィが幸福のメロディを歌ったことで平和が戻った後は、「ピーちゃん」として羽毛が白くなった姿で響達のもとに戻ってきて(転生?)、悲しみも受け入れて生きることを決意をしたのだった。

映画『プリキュアオールスターズ春のカーニバル♪』では彼のその後の様子が描かれている。アコを通して長年の宿敵であった音吉とも笑い合えるようになっていた。


また2016年3月公開の映画『プリキュアオールスターズみんなで歌う♪奇跡の魔法!』にて、最終形態で登場しているが、こちらは魔女ソルシエールがプリキュアの記憶を元に再現した複製体であり本物ではない。

中の人について

演じている声優の中尾隆聖は、全ての形態において声音をちゃんと変えて演じている。第一形態は言葉は喋らず、ピーピーと鳴いているだけであった。第二形態からは人語を喋るようになるが、声は加工されている。最終形態では地声になり、このイケボは必聴である。

また、あるアニメのイベントで、「ピーちゃん」という名前の由来が明らかになった。スイートのオーディション時に、中尾は設定資料集の紙を見せられ、「これをやってください」と言われたそうである。すると、ピーと鳴いたそうである・・・

また、中尾は4代後の劇場版中編敵役を演じることになる。


関連イラスト

タグ登録は主にノイズが多い。
また下右のイラストのように北条響/キュアメロディとのツーショットイラストも投稿されている。⇒ノイ響

無題
夜空の散歩



関連タグ

スイートプリキュア ホワイトノイズ
ひずみ ゆがみ/歪み スイートプリキュア
ピーちゃん(スイートプリキュア♪) 上手に焼けました 哀しき悪役
プリキュアの敵一覧

レッド3年後に登場する真のラスボス。主要キャラを洗脳する、最終的に和解するなど関連が多い。
エージェント・アブレラ:7年前の1時間前作品に登場したラスボス&中の人繋がり
晦正影:4年後の1時間前作品に登場する敵幹部&中の人繋がり

pixivに投稿された作品 pixivで「ノイズ(スイートプリキュア♪)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26250

コメント