ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

緑キュア

みどりきゅあまたはみどきゅあ

緑キュアとは、プリキュアシリーズに登場する緑色のプリキュアまたはその組を指す。
目次 [非表示]

【注意】

※以前各キャラクターのスペック表が存在していましたが、各プリキュア間の身長・学力・運動神経の比較について公式の設定は存在しないため、ピンクチームでのコメント欄での議論の結果、公正を期すためスペック表は廃止しました。スペック表の新規作成・差し戻しはしないでください。


概要

プリキュアシリーズに登場するイメージカラーが緑色のプリキュアの集合絵に付けられるタグ。

原色の緑そのものをイメージカラーに持つプリキュアは非常に少数なのだが、プリキュアオールスターズにおける玩具展開では「緑っぽい要素が目立つプリキュア」も原色の緑を使ったプリキュアと同じ色分類としてカテゴライズしている。


メンバー

凡例:名前に◇がついているのは追加キュア。プロフィール欄の記号は◆が異界人や異種族出身、👭が兄弟姉妹持ち、🐹がパートナー妖精持ち、🏫が転校生キュア、🏠が居候キュアまたはそれがいる人物、「店」が自営業キュア、†が複雑な事情持ち(各記号には関連項目へのリンクあり。一部ネタバレあるので注意)。

秋元こまち / キュアミント (Yes!プリキュア5/Yes!プリキュア5GoGo!) CV:永野愛
こまちと大福ミントとナッツキュアミント
プロフィール:中3/👭/店
緑川なお / キュアマーチ (スマイルプリキュア!) CV:井上麻里奈
なおちゃん!プリンセス マーチウルトラマーチ
プロフィール:中2/👭
花海ことは / キュアフェリーチェ (魔法つかいプリキュア!) CV:早見沙織
花海ことは。キュアフェリーチェ!おばれはーさん
プロフィール:中2//🏠/🏫/
注釈(外見):ことはは変身すると大人びた容姿に変わる
キラ星シエル / キュアパルフェ (キラキラ☆プリキュアアラモード) CV:水瀬いのり
シエル!キュアパルフェ!キュアパルフェ アラモードスタイル
プロフィール:中2//🏫/👭/
注釈(イメージカラー):キュアパルフェは作中では「虹色のプリキュア」(虹キュア)とされているが、玩具展開では緑色がイメージカラーともされており、公式でも緑キュアと虹キュアのどちらでもあると明言されている
羽衣ララ / キュアミルキー (スター☆トゥインクルプリキュア) CV:小原好美
宇☆宙☆人キュアミルキーキュアミルキー トゥインクルスタイル
プロフィール:中2//🏫/👭
猫屋敷まゆ / キュアリリアン (わんだふるぷりきゅあ!) CV:上田麗奈
あ、あの……リリアン
プロフィール:中2/🏫/店
プリム / キュアシュプリーム (プリキュアオールスターズF) CV:坂本真綾
プリム&プーカ『僕もプリキュアだ』
プロフィール:◆/🐹
注釈(イメージカラー):その正体や実態から悪キュアとしても分類されるが、「オールスターズ公認のプリキュア」として扱った場合は緑キュアとなる。

舞台プリキュア

天弦晃雅 / キュアカグラ(Dancing☆StarプリキュアThe_Stage) 演:寺坂頼我
こんな属性もりもりお兄さん俺がほっとくわけないだろDancing☆Star
プロフィール:高3
注釈:緑キュア初のメインの男子及び高校生プリキュアである。

特徴

緑キュアは非常にぶっちゃけた言い方をすれば採用優先順位が低い色である。

緑という色はあまり女子受けしない色ゆえかプリキュアのカラーリングとしては採用されにくく、その数も比較的少ない(白キュアは更に人数が少ないが、こちらは白が人気色でサブカラーとして多用されているためメインカラーに採用しにくいという事情がある)。


更に言えば、上述した緑キュアの中で「緑の原色」がイメージカラーになっているのはミントとマーチの2人(派生作品のカグラを入れても3人)だけ。後は「緑の要素が目立つプリキュア」という扱いで、原色としての緑色はむしろあまり目立たず、黄緑や青緑のような中間色がメインになっている。


キュアカグラについては久々に原色の緑が取り入れられているが、そもそも彼のチームは全員男子高校生である上、作品の対象年齢も女児向けのテレビシリーズ本編より高く設定されている点に留意する必要がある。


採用優先順位が低いため、緑キュアが所属するチームは(追加キュアも含めた)最終メンバー人数が5人以上となっていることが多い。『魔法つかいプリキュア!』の緑キュアであるキュアフェリーチェは3人チームに属するが、このチームの他の2人はカラフルスタイルによる変身で桃、青、赤、黄、紫の5色のコスチュームを自在に着替えるため、それらと被らない色という意味合いで緑が選ばれた形になる。


また、現状では作品を超えた「緑キュアらしさ」というべき属性のようなものは見出しにくい。緑といえば植物属性…のように思われがちだが、該当するのはキュアフェリーチェとキュアリリアンのみ。キュアミントの属性は大地で微妙に異なるし、キュアマーチの属性は、後のキュアミルキーの属性はである。

  • これは、植物属性を持つプリキュアは「葉」ではなく「花」をモチーフとすることが定番となっているためであり(植物キュアの項も参照)、キュアフェリーチェも黄色やピンクをサブカラーに用いることで「花」のイメージを強調している。

緑キュアは性格的にも共通点が見出しにくい。

こまちとなおの二人には「主人公達にとってお姉さん的な存在」「どちらも同チームの青キュアとはプリキュアになる以前から深い友情を築いていた」など共通点を見出せないでもないが、こまちはおっとりしている読書好きな「お姉様」キャラであるのに対しなおは快活でスポーツ万能な「姐御肌」、と真逆なキャラ付けがされている。

  • 上記の通り、緑は元来植物属性をイメージさせるカラーであり、ひいては自然を象徴するカラーでもあるが、自然は優しさ(恵み)と荒々しさ(災害)の二面性を有している。そのためなのかプリキュアに限らず、緑をイメージカラーとするキャラは穏やかで品性あるキャラと雄々しく活発なキャラの両極に分かれる傾向はあるようである。

しかし、緑キュアで初の追加キュア枠となったことはは無邪気で好奇心旺盛、キラ星シエルキラリン)は自信家で超絶ポジティブ思考の持ち主と、こまち・なおとはまた違った性格のキャラとなっている。また、この二人は普通の人間ではなく、妖精である(ただし、ことはは元々地球から派生した異世界の存在なのに対し、シエルは人間界出身である)。


羽衣ララはシリーズ初の宇宙人プリキュアという個性を与えられており、故郷の惑星サマーンでは大人扱いなこともあって真面目で責任感が強く効率性を最重視する性格で、やはり先輩4人とは異なったキャラを持つ。そもそもララは公式で「青色の要素も取り入れている」と明言されており、彼女のキャラクター性は従来シリーズの青キュアに近い。


猫屋敷まゆは、(テレビシリーズでは)なお以来12作ぶりに普通の出自の緑キュアとなった。見た目はクールで大人びたお嬢様系でおっとりした性格ではあるが、その実極度に人見知りが激しく恥ずかしがり屋という所謂コミュ障的な性格をしている。ララ同様、変身後のミントグリーン調の姿も併せてどちらかと言えば青キュアに近いキャラクター性である(特に2代前青キュア似ている)。

こまちとなおの「青キュアとの関係が深い」点は継承しているが、彼女のチームの青キュアにして相棒である猫屋敷ユキはまゆの飼い猫であるため、その関係性は大分異なり、友人同士というより家族姉妹といった関係である。


プリムのキャラクター性は通常のプリキュアとは全く異なるものとなっている。


口調は性格を反映してなのか、こまちは女性口調、シエルは簡単なフランス語混じりのネイティヴな日本語でしかも女性口調、プリムは男性寄りの口調、それ以外は中性口調といった具合である(ただしことはは変身すると敬語になり、ララは語尾持ち)。

一人称はなおが「アタシ」、プリムが「ボク」で、それ以外は「わたし」。二人称は大多数が「あなた」だが、プリムは「キミ」「おまえ」を使う。


純粋な異世界キュアは所属していない(ことはの出身である魔法界は地球発祥であるため、厳密には異世界とは言えない)ものの、所謂人外の割合は多く、ことは以降は人外の変身者が続いていた。これは、後述のようにカラーリングで苦戦を強いられる都合上、それをカバーできるぐらいの特徴的なキャラクター性が求められた結果と思われる。


共通点を見出しにくい緑キュアではあるが、多かれ少なかれ食欲が旺盛である事と光堕ちキュアが現時点でいないという共通点があったりする。


多人数チームを中心に採用される事情もあり、個別のパートナーを持つプリキュアはプリムを除いてテレビシリーズでは現状皆無となっている。(ただ、特定の妖精と深い関係を持つメンバーは複数おり、その相手は男の子妖精が多い)。

プリムと(一応)彼女のパートナー妖精に当たるプーカの関係については従来のプリキュアと妖精の関係性と大きく異なるものとなっているが、その詳細はプーカの記事を参照。


緑キュアの受難

緑キュアの数が少ない理由として、という色自体がメインターゲットである小さな女の子に受けにくいという悲しい現実がある。

事実、プリキュア5の人気アンケートや商品売上ではキュアミントが低く、『5GoGo』では彼女に関連する商品が見送られることも多々あった。


『スマイルプリキュア!』のキュアマーチについては、企画段階では紫キュアになるはずであったが、大塚隆史シリーズディレクター(監督)が5人揃った時の見栄えを考慮して緑キュアに変更したという逸話がある。

スポンサー側は上述のキュアミントの不調から色変更には難色を示していたが、大塚監督は熱心な説得で押し切った。しかし、最終的にはキュアマーチの個別商品売上は芳しくなかった。


この2つの結果を以て、スポンサーは緑キュアの登場に否定的な態度を示すようになり、緑キュアの新キャラはますます出しにくくなったと言われている。


一時は黒キュアと同じく正規プリキュアには二度と採用されない封印色になるのではないかと懸念されていたが、キュアフェリーチェが緑キュア史上初の追加キュアという花形で登場する事になり、プリキュアシリーズの歴史を知るファンを驚かせる事になった。ただしそれまでの緑キュアほど緑色が強調されたデザインではなくなった。


追加キュアであることに加え女子ウケの良いモチーフ髪色を採用したこともあってか、キュアフェリーチェの個別商品売上は好調だったようであり、緑キュアの肩身は少しばかり広くなった模様。


ちなみに翌年の『キラキラ☆プリキュアアラモード』のキュアパルフェはシリーズ初の「単色のイメージカラーを持たない虹キュア」とされたが、変身バンクやキービジュアルの背景色などでは他のプリキュアと被らない緑がメインに使用されている(コスチュームで一番目立つのは水色寄りの緑)。このチームも初期メンバーが5人、パルフェを加えると正規のプリキュアが6人構成になるというかなりの多色展開が行われている。


スター☆トゥインクルプリキュア』のキュアミルキーは7年ぶりの初期メンバーの緑キュアとされているが、彼女のイメージカラーは緑というよりも青緑である。


ではなぜこの項目内でミルキーを青キュアではなく緑キュアに分類しているかと言うと、彼女がプリキュアオールスターズ絡みのグッズ展開において常に緑キュアの仲間にカテゴライズされているため。

また、同作の追加キュアであるキュアコスモが「玩具展開上では、青が代表色」と明言されていることも、ミルキーを緑キュアとする証左となっている(プリキュアシリーズでは同じチームのプリキュアのイメージカラーは被らないようにするのが通例なため)。


ただ、変身バンクやOP、EDの背景には青色が用いられていたり、キャラクターの立ち位置が「主人公の相棒ポジション」だったり、青キュアのイメージも意識はされているようだ。スタッフからの証言ではミルキーは「初期メンバーに青キュアがいないのを補う」ためにわざと青みを強めたとしている。


また、ミルキーについては「プリキュアも16年目なのでいろいろなデータの蓄積もある」として子供に好かれる工夫としてスカートに紫を入れたりしたとされている(参考)。

これは裏を返せば「原色の緑では子供受けが悪いとデータで証明されている」とも言え、緑キュアの置かれた微妙な立場が垣間見える。


わんだふるぷりきゅあ!』のキュアリリアンも原色の緑ではなく、水色がかったミントグリーンをメインにしており、見方によっては相棒の青キュアであるキュアニャミーより青の要素が強い(キュアニャミーは白をベースにした外見のため)。


なお、『スマイルプリキュア!』と『魔法つかいプリキュア!』間の作品の緑キュアに関してはスポンサーを気にしなくてよいモブキュアとしてなら登場しており、『ドキドキ!プリキュア』で1万年前に存在したというプリキュア・キュアエンプレスが登場した他、『ハピネスチャージプリキュア!』では海外で活躍するプリキュアに緑キュアが多数存在する。また、『ハピネスチャージプリキュア!』自体のフォームチェンジの姿にも多く用いられている。


プリキュア10周年を記念して発売されたボーカルアルバム「プリキュア カラフルコレクション」ではキラキラ★シトラスとして黄キュアと同じグループに配された。シトラス柑橘類を意味するため黄色と緑を要するカテゴリーとして妥当な単語と言えるだろう。


関連イラスト

みどりの日みどりなプリキュアMaxHeartEmeraldパルフェリーチェキュアグリーンプリ詰め合わせ先輩からひとこと今週のスタプリらくがき


緑色の要素がある他のプリキュアたち

プリキュアオールスターズ関係


番外キュア


プリキュア以外


関連タグ

プリキュアシリーズ プリキュア戦士一覧 プリキュア戦士派生タグ一覧

 黄緑 青緑 プリキュア

桃キュア 赤キュア 青キュア 黄キュア

白キュア 紫キュア 橙キュア 金キュア 虹キュア


このほか、他作品のキャラクターはグリーンヒロインを参照

関連記事

親記事

プリキュア戦士派生タグ一覧 ぷりきゅあせんしのはせいたぐ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1754321

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました