ピクシブ百科事典

光堕ちキュア

ひかりおちきゅあ

『プリキュア』シリーズにおいて、本来悪側の女性戦士として登場しながら後に主人公サイドの正規プリキュア…正義と真実の使徒として仲間となったキャラクター達。
目次[非表示]

はじめに

「光堕ち」の本来の意味については当該記事を参照して頂きたい。

概要

ケース1・敵幹部から改心もしくは離反したパターン

東せつな/キュアパッション黒川エレン/キュアビート紅城トワ/キュアスカーレットルールー・アムール/キュアアムール菓彩あまね/キュアフィナーレ
本来の意味に正確な形で則っているのはこちらの5人。
詳しくは各個別タグ及びコンビタグ(エレせつ/パッションビート/チーム660/せつエレトワ/せつトワ/エレトワ/せつルー)にて。
しかしエレン・トワ・あまねは黒幕に元々洗脳された存在であり、純粋な敵勢力の出身者はせつなとルールーのみだが、アンドロイドであるルールーは善悪概念が存在していなかったため、純然たる悪役からプリキュアとなったのはせつなだけと言える。

ミライノキミヘ★昨日の私に感謝、逆境こそがアスへのパワワになる!


前者4人にはが全員弦楽器という共通点があり、『HUGっと!プリキュア』第37話ではアムールの相棒を含めた5人で音楽技を披露している。
現状、キュアフィナーレのみ専用武器が楽器型ではない(モチーフ的にはコレが近い)。

ケース2・第三勢力から主人公側へ移動したパターン

ユニマオ~ブルーキャット/キュアコスモ

怪盗ブルーキャット!
キュアコスモ


プリンセススターカラーペンすべてを自分のものにしようと目論み、宇宙アイドルとしての活動を隠れ蓑にしていた怪盗。当初は盗賊ということでプリキュア側も警戒していたが、今作の敵のノットレイダーとは明確に敵対しており、プリキュア側とも度々共闘していたことからメンバーからは”根はそこまで悪くないのでは?”と認識されていた。
また、プリンセスカラーペンの力に執着する理由も、”突如故郷に襲撃してきたアイワーンによって石にされた同胞を元の姿に戻したい”という切実な悲願があってこそである。

また、第19話ではバケニャーンという姿でノットレイダーに密かに潜入していたことが明らかになった。とはいえ上記の4人とは異なり、組織への忠誠は皆無どころか明確な仇敵なため、ノットレイダーを出し抜くためのスパイ目的という面が強かった。
そのため自分から怪物を召喚するという破壊活動に手を出したことはなく、むしろアイワーンの行動にくぎを刺すことでプリキュア側に結果的に助け舟を出すことすらあった。

余談だが、ブルーキャットは、ケース1の人物たちとの類似点が見られる。一方で、関連する相違点も一部にみられる。具体的には、悪事(ブルーキャットの場合は盗賊)を自分の意志で行っているが世界の支配や破壊活動が目的ではなく、上述の通り組織への忠誠はかけらもない点、猫がモチーフで青系の配色が目立つ点、単身での潜入活動を行っているが潜入先がプリキュア側ではなくプリキュアから見た敵組織である点が挙げられる。

氷川いおな/キュアフォーチュン
立場としては当初から正義の味方であり、必要に応じて主人公達の一時的な助っ人もしていた。しかしそもそもの行動原理が「復讐」であり、後に憎んでいたはずの相手の自己犠牲の精神に触れ「真のプリキュア」として目覚めた事からこれを「光堕ち」として捉えるファンも多い。

夜空にきらめく希望の星!



ケース3・かつてプリキュアシリーズで敵役を演じた中の人がプリキュア役に抜擢されたパターン

青木れいか/キュアビューティ円亜久里/キュアエース
この2人は最初から主人公サイドの登場人物なのだが、先行したれいか&亜久里の中の人・西村ちなみ釘宮理恵がかつて『Yes!プリキュア5』劇場版において「悪の女性戦士」と言える敵のプリキュアを演じていた事からファンの間では「真のプリキュアとして転生した」と解釈される事がある。

ちなみにれいかと亜久里は「プリキュア道」・「5つの誓い」と「プリキュアとしての在り方」に強い拘りを持つ一面を持つが、それはただの偶然なのだろうか…?

備考

劇中、敵対を経て主人公サイドに付くも、結果的に正規のプリキュアとはならなかったキャラクター達についても、光堕ちキュアの歴史を語るうえで外せない存在であるためここに備考として記しておく。詳細については各リンク先の記事を参照。

表中のアルファベットは、各キャラが改心するに至ったきっかけとなった出来事を大まかに5つのケースに分類したものである。凡例は以下の通り。

  • A…プリキュアやその周囲の人々などとの関わりの中で善の心が芽生えたケース
  • B…所属する敵組織もしくは直属の上司などに反感を抱いて離反したケース
  • C…絶望的な状況下におかれていたところにプリキュアが救いの手を差し伸べたケース
  • D…洗脳や呪いなどにより操られていた人物が解放されたケース
  • E…プリキュアの浄化技を受けたことにより心が浄化され改心したケース

名前登場作品名ケース備考
キリヤふたりはプリキュアA
霧生満、霧生薫ふたりはプリキュアSplash☆StarA最終決戦にてプリキュアに準じた力に覚醒
ダークドリームYes!プリキュア5鏡の国のミラクル大冒険!A
ブンビーYes!プリキュア5/Yes!プリキュア5GoGo!B
ウエスターサウラーフレッシュプリキュアC
メフィストスイートプリキュアD
バスドラバリトンファルセット同上B、D
レジーナドキドキ!プリキュアA
クイーンミラージュハピネスチャージプリキュアD最終決戦にてキュアミラージュとして参戦
ファントム同上C
キュアテンダー・闇同上D、準E解放後は真のキュアテンダーとしてプリキュア活動を再開
シャットGo!プリンセスプリキュアC
ジュリオキラキラ☆プリキュアアラモードC39話にてプリキュアに準じた力に覚醒
ビブリー同上C
クライアス社社員達HUGっと!プリキュアEなど
蛇遣い座を除くノットレイダーの面々スター☆トゥインクルプリキュアB、E
バトラーを除くあとまわしの魔女たちの面々トロピカル〜ジュ!プリキュアD、E

ダークプリキュアなど光堕ちかどうか曖昧なキャラクターも数多くいるため、ここでは主人公サイドについた後に何らかのプリキュアの利となる行動をとったキャラクターに限って記載してある。
尚、ロックバッティなど自身の野望や誇りのために戦い、それが結果的にプリキュアの利に繋がったキャラクターについては、プリキュアの考えに感化され賛同したわけではないため厳密には光堕ちとは異なるものとして除外した。

関連タグ

光落ち 状態変化
キュアパッション キュアビート キュアスカーレット キュアアムール キュアコスモ キュアフィナーレ
キュアフォーチュン キュアビューティ キュアエース
霧生満 霧生薫 ダークドリーム
関弘美:『おジャ魔女どれみ』・『デジモンシリーズ』シリーズのノウハウから定例化のきっかけを作った人物(『フレッシュプリキュア!』~『スイートプリキュア』まで企画で参加)。

関連記事

親記事

プリキュアオールスターズ ぷりきゅあおーるすたーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「光堕ちキュア」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「光堕ちキュア」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 281952

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました