2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

トロピカル〜ジュ!プリキュア』第29話から登場するプリキュア強化フォーム
トロピカルハートドレッサーランドハートクルリング及びマリンハートクルリングを使用してフォームチェンジすることで超ゼッタイヤラネーダを浄化できる。

この力はバトラーは勿論、チョンギーレも噂で知っている模様。

コスチューム

5人全員のコスチュームが変化するのは過去のシリーズから続く定番だが、海中で戦う事を想定してか5人が全員裸足になると言う斬新な形態である。

キュアサマー

エクセレントロピカルスタイルサマー


髪の先が二又に分かれ、髪飾りが太陽を模倣したものに変わる。セーラー服の襟がケープ状になり、スカートはピンクを基調とした物に変わる。足には白いクロス状になったアクセサリーを付ける。

キュアコーラル

おめかしアップ


お下げ髪に淡い青色のリボンが加わり、帽子に黄色のフリルが追加される。スカートの丈が長くなる他裾にはピンクのフリルが足され、足には白い羽のような形のアンクレットを付ける。

キュアパパイア

29


後ろ髪が伸びてボリュームあるロングヘアになる。頭の蝶の髪飾りが水色に変わり、袖口には黄色の、スカートの裾には淡い黄緑色のフリルが加わる。足には白い布のような物を付ける。

キュアフラミンゴ

29


頭とイヤリングの羽飾りの色が濃くなり、髪のメッシュに黄色が加わる。袖口に淡い赤のフリルが加えられる。スカートは段が無くなってミントグリーンの布を加えたロングスカートに変わり、足には赤い飾りを付ける。

キュアラメール

おめかしアップ


頭の宝石の色が青色に変わり、服の袖がエメラルドグリーンになる。スカートは魚のウロコの模様がついた青いタイトスカートに変わり、両足にアンクレットをつけている。

合体技

  • プリキュア・ランドビート・ダイナミック
おめかしアップ!


伝説のプリキュアから授かったランドハートクルリングをセットする事で繰り出す必殺技。
ドレッサーの鏡の部分が外れ、サマーが持ち構えながら「5つの力、大地を照らせ!」の掛け声とともに頭に花飾りの付いたピンク色のを召喚。
プリキュア達がタップダンスを踊ると、ピンクの象は「パオーン!」の鳴き声とともに飛び蹴りで怪物に突貫。このキックが命中することで怪物は浄化される。
無論、最後にはっちゃけた表情で5人揃って「ビクトリー!」と叫ぶのはお約束。

但し、生き物を素体とする超ゼッタイヤラネーダは浄化できない。コワスンダーは浄化できる。

  • プリキュア・ジュゲムジュゲムゴコーノスリキーレ、ウルティメイト・マリンスプラッシュ・メガウェーブドラゴン、トロピカルマンゴーキウイ・リンボーダンス・ドンドコドンドコ・クラッシュナイアガラシャワー、フライングフェニックス大盛り特盛り激辛百倍、替え玉無料背脂マシマシ、ビューティ伝説パッシングショット、ローラ・アポロドーロス・ヒュギーヌス・ラメール、グランオーシャンいちの可愛くて美人で知的なクイーン・オブ・クイーン・バブルボンバー、フローラルピンク&パープルシャドウ秋の新作コスメティック、ポンポコピーのポンポコパンチ、くるるんくるるんくるるんるーん、シューリンガンのグーリンダイ、グーリンダイのランドビートダイナミック!!
第33話に登場したプリキュア史上最長の合体技。

  • プリキュア・マリン・ビートダイナミック
プリキュア達の諦めない想いに答えて現れたマリンハートクルリングをセットする事で繰り出す必殺技。「プリキュア・ランドビート・ダイナミック」では浄化出来なかった生物を素体とした超ゼッタイヤラネーダを浄化出来る唯一の技で、「5つの力、海に轟け!」の掛け声と共に、ヒレに貝と真珠の飾りの付いたオーシャンブルーのジンベエザメを召喚。
ジンベエサメは「シャーク!」という鳴き声とともに(※サメは鳴きません)、魚雷のごとく猛スピードで怪物に直進。その勢いのまま怪物の面前でバク転しながら尾ヒレで強烈な打撃をかます。この打撃が命中した怪物は浄化される。
此方もやっぱり最後にはっちゃけた表情で5人揃って「ビクトリー!」と叫ぶのはお約束だが、並びがVの字になっている。
更に、これまでの最強技では主役キュアがメインで先導する事がお約束だったが、この必殺技でのメインはラメールであり、最後の「ビクトリー!」以外はラメールがセンターである上にラメールには新たな専用装備まで追加される

裏を返せば、生物を素体にしない超ゼッタイヤラネーダは浄化できないようにも思えるが、現状は不明。

但し、究極体になったバトラーヤラネーダには通用しない。この際にジンベエザメがバトラーに尾ヒレを掴まれた後、攻撃を受け消滅する際に「サメェ」と断末魔をあげており召喚獣に意思があることが明確となった。

因みに

何故象なのか

ランドビート・ダイナミックはパッと見では何故象を召喚するのか不明な技だが、大地をテーマとした技であることに着目すると合点がいく。
象(特にアフリカゾウ)は現存する陸上動物の中では最大かつ最重量の動物であり、大地の技らしい重厚感や力強さを表現できるインパクトのある動物としては妥当である(他の動物に至っても、カバは5m、キリンは4.7m、シロサイは4.2m程度である。)。
また、象を役畜に使うタイを始めとした熱帯の東南アジアにおいて象は神聖な動物とされており、その関係から地属性のトロピカル要素としては妥当なチョイスと言える。
 では象を召喚した後の、肝心の攻撃方法はどうなのか。
プリキュアは「裸足」で地面を踏み鳴らし、象もまた「足」で攻撃を行う。これもまた大地をイメージさせる技らしい表現である。
また象が「地面から高く飛び上がり」、プリキュアのジャンプに呼応して飛び蹴りを放つのも、「地面から飛び上がるほどのやる気の昂ぶり」を体現するアクションとしては妥当であり、トロプリという作品のテーマにちゃんと合致した演出だったりする。
この技が初登場した時は、ファンシーなデザインだし鼻から虹みたいなの出して浄化するとかかなーと思ってた大多数の視聴者の度肝を抜いた。
とりあえず象の重量の飛び蹴りだと敵はただじゃすまないと思わざるを得ない… 楽しげな雰囲気だがわりと殺意の高い技である。
第36話では生きたタコを媒介にした超ゼッタイヤラネーダによって破られてしまうが、これは戦いの舞台が海中で相手も水生生物であり軟体で打撃の通じにくいタコであったことも関係しているのかもしれない。

尚、それ以前にマリンハートクルリングと言う海要素のハートクルリングが登場している所から、恐らくは空のリング=スカイハートクルリングもこれから出て来る可能性が考えられるが、陸海空全てのハートクルリングが存在するのかは現時点では不明。

何故ジンベエザメなのか

マリンビート・ダイナミックは本来象に対するのなら、クジラ(特に地球史上最大のシロナガスクジラ)やイルカ、そしてシャチが召喚されるのだが、何故か召喚したのはジンベエザメであったが最大の魚類とすればジンベエザメが妥当である。

余談


関連タグ

トロピカル〜ジュ!プリキュア
トロピカルハートドレッサー ランドハートクルリング マリンハートクルリング
スーパープリキュア
エクセレン・トロピカルスタイルサマー  エクセレン・トロピカルスタイルコーラル
エクセレン・トロピカルスタイルパパイア エクセレン・トロピカルスタイルフラミンゴ
エクセレン・トロピカルスタイルラメール

マンモスゲノム:初登場の30分後で同じく初登場した象繋がりの形態。

仮面ライダークロスセイバースーパーゼンカイザー&スーパーツーカイザーニチアサの強化形態。

スペシャルヒーリングっどスタイルミックストロピカルスタイル/エクセレン・トロピカルスタイルパーティアップスタイル

関連記事

親記事

最終フォーム(プリキュア) さいしゅうふぉーむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「エクセレン・トロピカルスタイル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61389

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました