ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「ウゥ……魔女様……。どうして私を置いて行ってしまわれたのです……人間の少女等に惑わされて……」

「こうなったら! 魔女様の遺志はこのバトラーが! この世界は私が破壊いたしましょう!!」

「ヤラネ~ダ~!!!」


CV:小松史法


概要編集

絶対の忠誠を誓っていた主・あとまわしの魔女が、と和解して大往生を迎えた事態に納得のいかない……よりは、扇動者同然のバトラーが主に代わって世界を破壊せんと、超ゼッタイヤラネーダの素を使って変貌した姿。


トロピカル〜ジュ!プリキュア』におけるラスボスであり、『筋骨隆々の逞しい風貌のドラゴンと化した、巨大なタツノオトシゴとも取れる容姿をしており、口から火炎の竜巻を吐き出す力を持つ。


また、通常のヤラネーダ系怪物は原則、召喚命令者の指示に従うだけで自我は薄いのだが(チョンギーレヤラネーダもそうであった)、バトラーはヤラネーダ化しても明確な自我を保っている。これは超ゼッタイヤラネーダに変身したバトラーが、同時に召喚命令者である為だと思われる。


尚、仮にもヤラネーダ系列の存在だからか、本来のバトラーに存在しない歯列が確認できる。


活躍編集

第44話編集

超ゼッタイヤラネーダの姿になったら愚者の棺を満タンにすべく、同じ魔女の召使いであるチョンギーレヌメリーエルダのやる気パワーを強奪してしまう(3人は元々あるやる気パワーを持っていないためすぐピンピンする)。

そして愚者の棺に注ぐ最後の一杯として、プリキュア達に竜巻を吐き出す攻撃で変身解除に追い込むのだった。


第45話編集

気絶したプリキュア達のやる気パワーを奪おうとするがまなつ達は抵抗する。まなつのトロピカルパクトを弾き飛ばして変身を妨害しようと、更にかつての破壊の魔女が使用していたコワスンダーを召喚する。エクセレン・トロピカルスタイルのマリンビートダイナミックにキュアラメールオーシャンバブルシャワーも効かないバトラーヤラネーダ。


絶体絶命のプリキュア達を海の底に沈め勝利を確信するが、それでも諦めない心に応えた大地のリング「ランドハートクルリング」と海のリング「マリンハートクルリング」が彼女達のやる気を溢れた為に形成は逆転。2つのリングの力が合わさった最強必殺技プリキュア・スーパートロピカルパラダイスで召喚された複数のジンベエザメキックと体当たりの連続フィーバーの前には為す術もなく、最後はトロピカルパラダイスの連打によって浄化されて元に戻される。

しかし、尚も敗北を認めたくないバトラーは、半ば自棄同然に最後の手段として愚者の棺に自身のやる気パワーを注ぐも、プリキュア達は修復したマーメイドアクアポットにより、全ての大元凶である悪しきやる気パワーをも奪い返され、最後は世界滅亡を妨害されて廃人寸前にまでにやつれてしまった上に、切り札である己のやる気パワーのかけらも自爆同然に消滅し、過去の悪行を謝罪したチョンギーレ達に海へ連れられ去っていった。


マーメイド物語とのリンク編集

一之瀬みのりが文芸部時代に執筆した『マーメイド物語』ではラスボスの立ち位置のキャラが凶悪ドラゴンになっている。これは最初期の第4話で描写されている。

この『マーメイド物語』の主人公とヒロインがまなつローラの関係に酷似していた事実から、一部視聴者の間では「この物語は本作の今後を示唆しているのでは?」と推測されており、タツノオトシゴのバトラーがドラゴンに進化してラスボスになる」説があった。

これはまさにドンピシャの正解であった。

また小説の内容には「ドラゴンの目的は世界中のフルーツを食べ尽くすこと」とあったが、これは「世界中の命を奪い尽くし、対象者に不老不死をもたらす」愚者の棺の効果を予言していた……とも解釈できる。


余談編集

黒幕以外の者がラスボスに躍進するのは『キラキラ☆プリキュアアラモード』のエリシオ以来となる。


本来のバトラーより赤みを帯びた表皮になっているのは、タツノオトシゴと同じヨウジウオ目に属し、俗称で「悪魔の杖」と呼ばれる魚・アカヤガラもモチーフに入っているからではと思われる。


『アニメージュ』2022年3月号によると、バトラーのヤラネーダ化は当初の意図では無かったが、結果的に執事の「Butler」と戦う者の「Battler」のダブルミーニングになったと答えている。


関連タグ編集

トロピカル〜ジュ!プリキュア 超ゼッタイヤラネーダ ドラゴン

ラスボス 闇堕ち

ラスボス(笑):下記のデウスマウトと同じ都合からこう扱われる。


プリキュアシリーズ関連編集


プリキュアシリーズラスボス

ネオキングビョーゲンあとまわしの魔女/バトラーヤラネーダゴーダッツ/???(ネタバレ注意!)

関連記事

親記事

超ゼッタイヤラネーダ ちょうぜったいやらねーだ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20837

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました